イヤモニ、特にカスタムIEMのレビューとポータブルアンプのレビューを掲載しています。ケーブル関連製作についてはtwitterからお問い合わせ下さい。
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>
RECOMMEND
ソニー ダイナミック密閉型ヘッドホンSONY MDR-ZX700
ソニー ダイナミック密閉型ヘッドホンSONY MDR-ZX700 (JUGEMレビュー »)

1万以下の密閉ポータブルでは個人的に最高にお気に入り。とにかく装着感が良く、軽く、見栄えも良い。音質もじっくり聞きにも耐えられる高レベル。
Westone イヤホン Westone3
Westone イヤホン Westone3 (JUGEMレビュー »)

唯一の3way、3レシーバーのIEM。パンチの効いた低音と伸びのある高音・自然な中域と非常に魅力的。UEほどブライトネス高くないが、ノリの良さは随一!音場感が魅力ですね。
Westone ケーブル交換が可能なカナル型ハイエンドモデルイヤホン WST-UM3XRC ブラック/クリア
Westone ケーブル交換が可能なカナル型ハイエンドモデルイヤホン WST-UM3XRC ブラック/クリア (JUGEMレビュー »)

WestoneのカスタムIEMに使われてる高品質ケーブルを採用しており、断線時の心配がない。基本的にはUM3Xと変わらないが、ケーブル交換式でこの価格は安い。
Sennheiser カナル型ヘッドフォン IE 8
Sennheiser カナル型ヘッドフォン IE 8 (JUGEMレビュー »)

ダイナミック型ならではの迫力ある低音と自然な音場感が魅力の機種。低音強めでウォームだが、高音自体はかなり高い所まで無理なく出ている。装着感がやや浅めで疲れにくく、音質を含めてヘッドホンからの乗り換えにはこれが最適な機種。
なんでも除湿シリカゲル 10g*20入
なんでも除湿シリカゲル 10g*20入 (JUGEMレビュー »)

IEMの保管に、ドライボックスの交換用除湿剤に。小さめで表面が不織布なのでWestoneモニターセーバー標準除湿剤からこれに変えてあげるとカスタムも入ります。
あとはガムケース再利用してこれを1個いれればお手軽モニターセーバー完成。おすすめ。再生利用可能。
audio-technica トリプルバランスドアーマチュアインナーイヤーヘッドホン ATH-CK100
audio-technica トリプルバランスドアーマチュアインナーイヤーヘッドホン ATH-CK100 (JUGEMレビュー »)

ミッド・ハイがかなり繊細でCK-10よりバランスも良好。本体の質感も良い。ボーカルモノではコレが一番と思えるソースも結構あり、3万以下ならアリな機種。
Westone イヤホン UM3X
Westone イヤホン UM3X (JUGEMレビュー »)

モニターユースなら市販品ではトップか。ただし、カラーレーション薄すぎでつまらなく感じる人もいるかも。人気は無いですが、性能はWestone3より良いかと。ただし、音楽鑑賞にはWestone3のほうが好適です。
Sennheiser クローズド型ダイナミックヘッドホン HD25-1:2
Sennheiser クローズド型ダイナミックヘッドホン HD25-1:2 (JUGEMレビュー »)

色んなハイエンドポータブル機種が発売されてきましたが、なんだかんだで多くの人がリファレンスにしている機種です。とりあえず持っておくべき機種。いわゆる基準。ロックばかりと思われがちですが、以外となんでもいけます。
コンプライ イヤホンチップ T-500シリーズ(3ペア)
コンプライ イヤホンチップ T-500シリーズ(3ペア) (JUGEMレビュー »)

10proにはダブルフランジチップ無き今はこれがベスト。
PELICAN BOX マイクロケース 1010 ブラック
PELICAN BOX マイクロケース 1010 ブラック (JUGEMレビュー »)

乾燥剤いれてイヤモニ用ケースに。中にカメラ用にフォームを買ってきて自分で加工すると便利になります。
Ultimate Ears TRIPLE.Fi 10 PRO TF10PRO
Ultimate Ears TRIPLE.Fi 10 PRO TF10PRO (JUGEMレビュー »)

まさかの35000円切り。
以前の10proとはかなり音が変わっていますが、良い方向なので心配いりません。ローはボワつきを抑え、よりタイトでパンチがあり、ミッドの凹みも改善し、UE独特のブライトネスの高さはそのままで以前に比べて音のベールを一枚剥いだようなクリアさを感じます。
ER4S-B イヤホン
ER4S-B イヤホン (JUGEMレビュー »)

定番です。好みでなくても一つ持っているとリファレンスにはなります。もっと音量を取りやすい-Pも基本的な音の傾向は同じです。
SLEEK AUDIO SA6 SLK-EP-000001
SLEEK AUDIO SA6 SLK-EP-000001 (JUGEMレビュー »)

音の傾向はCT6と同じでハイが非常に綺麗。全体的にポップで明るい音調なので、原音再生とは異なるが音楽鑑賞には○ しかし基本性能の高さは充分備えている。音質を好みに変化させられるVQシステム搭載で遊べる。ケーブル交換もできてソツがない。アンプを通すとリニアに変化するのでそういった意味でもおすすめできる機種
キャパティ ドライボックス 8L グレー DB-8L-N
キャパティ ドライボックス 8L グレー DB-8L-N (JUGEMレビュー »)

IEMの保管にお勧め。たまに除湿してやると音が本当にシャッキリと、蘇ります。湿度計がついてこの値段は安い。 私はこれ2個使用しています。
(線材入れとIEM用)
なお、開け閉めにともないゴムパッキンが劣化するので適度に交換するのがベスト。
Welcom to Suyama Custom IEM Photo Gallery.
category: 【カスタムIEM】FiTEAR 須山カスタム | author: bt1648
0
    Hello I am a manager of this blog. I am introducing myself as bt.

    This is Suyama Custom IEM [Private 435].
    4way 5BA,It emits an unbelievable sound.
    Resolution that exceeds ER-4S. It is difficult to compare Private435 with 10pro and SE530. Because Private435 is superior in all the points.



    Low,Mid,Hi, 3Ports


    Cables that can be exchanged.




    Photograph of installation.


    Overwhelming integration. Therefore, the person with a small ear cannot make it.


    The left is 10pro full custom shell. The right is Private435.


    UE TF.10pro Custom Shell


    This is FitEar ProAudio 224(2way 4BA).
    Because this is a business commodity, it is not sold for general.
    When Private435 is compared with ProAudio224, the bass of 224 is richer. Moreover, the input to 150db can be endured. Impedance is about 26Ω.




    info@bt-fi.com

    comments(4) | trackbacks(0) | - | - | PAGE TOP↑
    10proカスタムと須山カスタムProAudio224修正完了
    category: 【カスタムIEM】FiTEAR 須山カスタム | author: bt1648
    0
      須山カスタムのブログなんじゃないかと最近疑問を持ち始めているbt@管理人です。こんにちは。

      須山氏に修正依頼した二つが返ってきました。
      修正点は肉盛りです。限界まで遮音性をあげてもらいました。もちろん装着感は落ちてしまいますが、プロユースなのでそんなこといってられません。

      名入れも完了。

      左がproaudio224です。右と比べても太いのがわかります。

      須山カスタムProAudio224の音響抵抗です。どこのメーカーだろう。ノールズかな。

      ハイ/ローともにデュアルでスタックです。

      ますます、低音が出てくれるようになり嬉しい限りです。ただ、まだ物足りない点があるので変態イヤホンの5EBをカスタム化しようか迷っています。
      ただ、ミッドが埋もれすぎなので要修正ですね。難しいところです。

      今回は写真たくさん乗っけてみました。

      ではでは。

      info@bt-fi.com
      comments(0) | trackbacks(0) | - | - | PAGE TOP↑
      Stax SR-001mk2 と須山カスタムPrivate435比較
      category: 【カスタムIEM】FiTEAR 須山カスタム | author: bt1648
      0
        最近更新サボり気味なbt@管理人です。XBOX360のGears of Warが楽しくてつい…

        そういえばiPod Classicは無事良品になってかえってきました。音が良くなっているのが不思議です。アタリをひいのかもしれません。ちなみにTouchは在庫なしということでジーニアスバーからの連絡待ちです。

        さて今回はStaxのイヤーカナル型静電イヤースピーカーのSR-001mk2と須山カスタムの(たぶん)最高峰のPrivate435の比較をしてみたいと思います。
        ここを見てくださる方はご存知の方ばかりでしょうが、一応静電型とかの説明をまず。



        静電型は非常に薄い膜を高い電圧で動かして(プッシュプル)空気を動かします。そのため解像度が高く均一性が得られるといわれています。専用のアンプが必要なのがネックですが、コンデンサー型(静電型)でしか得られない空気感というものはあります。
        続いてIEMでは廉価なモデルに採用されるダイナミック型ですが、こちらは静電型と異なり振動板が磁石の磁界の中で振動させて空気を動かすというものです。割と広い再生帯域がありますが、IEMでは微細な表現が苦手というイメージがつきまといます。(ヘッドフォンは別です)
        ただ、ダイナミック型でしか出せない迫力というのもあります。(ダイナミック型とBA型の混合のUE Super fi.5EBなんて変り種も存在します)
        最後にBA型ですが、ほとんど原理はダイナミック型と変わりありませんがコイルは振動しないのが違いです。再生帯域は狭いものの解像度の高さと小型化が可能な点が特徴です。高級IEMはたいていBAが使用されています。バランスドアーマチュア型レシーバーは補聴器に使われてきた歴史があるので技術としては意外と古かったりします。最近の高級IEMブームのせいで新しい技術と思われたりしていますが…。もちろんソニオン社なんかはIEM向けの帯域が広いレシーバーを開発したりしていますから技術革新はあるのでしょう、きっと(無責任

        よくエティモティック社のER-4Sがコンデンサー型(静電型)に似たなり方をすると言われますが確かに似ています。ただ、低音の量や質感、艶や音の立ち上がりなんかはやっぱり異なります。シングルBAでは再生帯域が限界があるようですね。ShureのE4cなんかもそうです。(でもER-4SはこれはこれでいいIEMなんですよね。ある意味完成形かも)



        話が逸れました。で、バランスドアーマチュア型レシーバーを計10個搭載している須山カスタムPrivate435とStax SR-001mk2ではどうなる?と思い立ったのがこのエントリを書いたきっかけです。
        結論からいうと引き分けです。値段を考えるとSR-001mk2の勝ち(約2.5万以下)ですし、汎用性(持ち運びとか装着感とか。専用アンプの電池の持たなさは異常です。だいたい5時間くらいですね)を考えると須山カスタムPrivate435の圧勝です。どちらも他のイヤーモニターには無い魅力を持っています。

        解像感はPrivate435のほうがやや上か同等です。音の立ち上がり、艶はSR-001mk2の勝ちですが、傾向としておとなしすぎるかもしれません。むしろそれを魅力ともいうのですが… いわゆる美音ですね。つい聞きほれてしまいます。一方Private435色づけの無い正確無比な音で、モニターライクです。ただ、その中にあるミッドの艶が素晴らしいです。低音に関しては正確なのはPrivate435で、音の塊を感じます(高音では粒子感が素晴らしい)。SR-001mk2は量感ある低音を奏でます。こちらは音の波とでもいいましょうか。個人的にはSR001mk2のほうが低音に関しては勝っているかと感じました。
        高音は…。完全に好みの問題になってきてしまいますので省略します(笑)お互いそれぞれでしか再生されない音というのはある、とだけ言っておきます。合体すれば最強。
        ミッドはPrivate435のほうが元気でよろしいかと。割と押し出し感は強いですが絶妙なバランス取りをされているので耳についたりはしません。

        結局、ノリノリで聴きたいときはPrivate435、しっとりクラシックやチルアウトを聴きたいときはSR-001mk2という結論に至りました。
        他にもGoaTranceやGabbaはUE 5EB、古い録音のクラシックはER-4S、業務機器と接続する際やモニタリングには須山カスタムProAudio224というふうに住み分けができていたりします。特に須山カスタムProAudio224はジャンルを選ばない正確さがあるので(Private435より正確だと感じます)適当に散歩やPC作業時には224を使用しています。今は修正の為手元にありませんが…

        ではこの辺で。
        ちなみに使用機器はiPod Classic→mogami2534でイヤーモニターはそれぞれ400時間以上バーンインしてあります。
        comments(0) | trackbacks(0) | - | - | PAGE TOP↑
        須山カスタムに名入れ
        category: 【カスタムIEM】FiTEAR 須山カスタム | author: bt1648
        0
          管理人のbtです。
          ただ今新しいケーブルの作成をしていますが、なかなかうまくいきません…
          できあがったら発表したいのですがいつになることやら。

          さて、手持ちのiPod ClassicとiPod Touchが同時に壊れたため(なぜ…)銀座アップルストアーのジーニアスバーに行ってきました。やっぱり店内綺麗ですねー。
          で、そのついでといってはアレなのですが須山カスタム(10pro殻割り)に名入れと肉盛り調整、ProAudio224の音質調整依頼をしに須山補聴器にいってきました。

          低音スキーなので低音増大と、業務用途なので装着感を無視して遮音性だけにスポットをあてた肉盛りをしてもらうように依頼しました。

          今週にはできあがるみたいなのでできあがったら報告します。

          ではでは。

          (最近忙しい…)
          comments(0) | trackbacks(0) | - | - | PAGE TOP↑
          Private435 ProAudio224 TF10pro比較
          category: 【カスタムIEM】FiTEAR 須山カスタム | author: bt1648
          0
            管理人のbtです、こんにちは。
            須山カスタムProAudio224も100時間突破したので軽く音質の比較でもしてみようかと思います。

            一番の違いは音場でしょうか。
            10proが最も広く(というか独特)で、次にPrivate435、最後にPro224です。特にPro224は音場は狭くもなく広くもなく、といった感じなのですがソースを選ばずカッチリとした音場なのでモニタリングには使いやすいです。音のあら探しには良い感じですが、一度435で聞いたソースだと楽しさと言った点では負けてしまいます。

            解像度に関しては435と224がほぼ同等でそれより2ランクほど下がって10proといった感じでしょうか。
            低音の量では10proがトップですが、ややボヤつきを感じます。次に224です。タイトですが量はしっかりでています。435はちょっと低音が足りないというかミッドに負けているような感覚があります。

            高音は435、224ともにかなり高い所までしっかりとでていますが、10proはちょっと物足りなさを感じます。

            全体として見ると10proが残念な結果に終わったのですが、実際聞くと楽しいので使用頻度は2番目です(笑
            やっぱりUEの音場は素敵です。

            あとやはりというかPrivate435とProAudio224は傾向が異なるとはいえ音作りが似ています。んでもって業務用機器で130dbまで出しても音の傾向が変わらないのはProAudio224だけですね(当たり前
            シンプル(ハイ、ローともにレシーバーをデュアルでスタック)な構造ですが224侮りがたし。
            ちなみにインピーダンスは25Ωくらいだそうです。

            ではでは。
            comments(0) | trackbacks(0) | - | - | PAGE TOP↑
            須山カスタム ProAudio224 50時間経過
            category: 【カスタムIEM】FiTEAR 須山カスタム | author: bt1648
            0
              少しだけ仕事が落ち着いてきたbt@管理人です。自宅のPCの調子が悪く今サーバーマシンから書いています。
              メールの件でご迷惑おかけしている方、もうしばらくお待ち下さい。
              また商品も随時発送してまいりますので今しばらくご辛抱願います。

              さて本題ですが、たった50時間で大分大きな変化が224にでてきました。Private435はもう少し時間がかかったのですがレシーバー構成の違いでしょうか。
              変わった内容としては、目的の一つであった低音の増量ですがこれがさらにマッシブになってきました。Private435でも正しく再生はされるのですが、迫力不足というか音の塊となって聞こえる部分がしっかりと音圧を伴って波のように押し寄せてきます。
              低音好きなので音楽鑑賞にもこれを使ってしまっています。
              (注:本来は業務用途のIEMですので一般向けには作成してもらえません)

              また、気のせいかも知れませんが解像感が上昇しました。これでPrivate435と対等な感じです。違いはミッドの煌びやかさ、低音の音圧と迫力ですね。
              ジャンルによって聞き分けられるので嬉しい悩みが増えました。

              何か(作成依頼、質問等)ありましたら下記アドレスまでメールくださいませ。
              作成できる一覧は右上の販売物一覧から閲覧できます。

              info@bt-fi.com
              comments(0) | trackbacks(0) | - | - | PAGE TOP↑
              須山カスタムProAudio224音質レビュー
              category: 【カスタムIEM】FiTEAR 須山カスタム | author: bt1648
              0
                本気で忙しいbt@管理人です。ただ今メーラーが復旧中です、お返事遅れている方は気長に待ってくださいませ。

                さて掲題の件ですが、少し聞く機会がありましたのでちょこっとだけレビューです。

                遮音性や装着感は前と同じなので肝心の音質ですね。結論から言えば2wayでも十分じゃん、という感じです。もちろんバランス取りしてあるからなのですが。

                Private435と比較するとミッドはだいぶ抑えられており、ジャンルを選ばず聞くことができます。懸念事項であったPrivate435での低域のヘッドルームですが、ProAudio224ではしっかり稼げております。

                なので打ち込みなんかは最高です。Private435と比較しても高域はしっかりでているので(ロー側レシーバーで10kくらいまででているそうです)正直435がいらなくなってしまったような…

                簡単に言えばPrivate435からミッドを控えめにし、低域増大にしたのが224という感じです。全体的に非常にUEっぽい感じであります。

                音の曇りや、2wayであることの不利感とかは一切ないです。
                はっきり言って自分的ベストIEMです。

                そういや435Lはどこいった?(笑
                - | - | - | - | PAGE TOP↑
                FitEarProAudio224完成!
                category: 【カスタムIEM】FiTEAR 須山カスタム | author: bt1648
                0
                  またもやメーラーが半分壊れているbt@管理人です、こんにちは。
                  今日は須山補聴器銀座店に行って新製品を受領してきました。

                  注:ProAudio224は一般販売もモニター作成もしておりません。あくまでプロ向けの業務用製品です。業務用途以外での須山氏へのお問い合わせは迷惑になる可能性があります。ご注意下さい。あくまでもこんなのがあるよ、というご紹介のエントリですので予めご了承下さい。


                  ProAudio製品なのでPELICAN1040の頑丈なケースがつきます。踏んでも壊れなそうです。結構大きめです。

                  FitEarのロゴ入りケースとなっています。

                  そもそもこのPro224にしたかというと、435Lがなかなか難しいそうで… 細かな話は省きますが要はバランス取りが難しいようです。

                  そこで、メールを打ってみたら添付写真に完成済みの名前入りのPro224が!
                  こりゃ大変だー、ってことで速攻とりにいってきました。というか、435Lの作成依頼してたのに気がついたら224ができているという…w

                  ただ、まだあまり聴いていませんが低域のヘッドルームは稼げており、また全帯域でフラット(Private435比較)なのでジャンルを選ばず聴けそうです。まあ、業務用途なのですが、これは儲けものです。これ一本でいけそういですね(笑)



                  ProAudioなので名前入りです。名前ばれちゃいましたが気にしませんw

                  最後に須山カスタム3つ大集合です。


                  音質についてはまた書きます。

                  ではでは。
                  comments(1) | trackbacks(0) | - | - | PAGE TOP↑
                  10proカスタムシェルのその後
                  category: 【カスタムIEM】FiTEAR 須山カスタム | author: bt1648
                  0
                    今回は須山補聴器にてハードカスタムシェルにしてもらった10proのその後?について書きます。

                    まず音質なのですが、やはり非常にUEぽいというか当たり前なのですが音質の傾向は変わりありません。ただ、あまり奥まで挿入するタイプではないので外耳道効果なのか低音がよくでているように感じます。
                    また、全体的に膜がとれたような解像感の向上に気がつきました。

                    このあたりは前のエントリで書きましたが…
                    装着感がだいぶ向上してきたのです。不思議!です。須山補聴器の方もおっしゃっていましたが、体調でも変化するようです。
                    最近体調良いので余計そうかんじるのでしょうか…。

                    何がいいたいのかというと、10proユーザーでカスタム迷っている方は迷わずカスタム化しとけ!っていうことです(言い過ぎ

                    音質も装着感も向上しますし、カスタム化の価格も非常に現実的なお値段です。さすがにPrivate435は高いなあとか、5月下旬まで待てない!という方にもおすすめです。
                    言っておきますが私は須山補聴器の回し者ではありません(笑

                    では明日はオフ会いってきます!
                    comments(6) | trackbacks(0) | - | - | PAGE TOP↑
                    須山カスタムPrivate435 vs 10proカスタムシェル
                    category: 【カスタムIEM】FiTEAR 須山カスタム | author: bt1648
                    0
                      電子回路に関する知識は皆無のbt@管理人です、こんにちは。

                      ブログをご覧くださっている方はご存知でしょうが10pro好きなのでとうとうカスタムシェル化してしまったので、須山カスタムPrivate435と比較してみたいと思います。
                      その前に10proの簡単説明をば。sonion社BAレシーバを3基使用しており、ローに2発、ハイに一発の構成で、ロー側はローカットしてありフラット化が図られています。これら3つのレシーバはUE謹製のネットワーク回路により接続されています。基盤がこのサイズのIEMにはいっているなんで驚きですよね。
                      フラット化が図られているといってもやや低音は強めです。

                      さて本題の比較ですが、装着感や遮音性はまったく同じ(ハードシェルなので当たり前ですね)なので省略します。
                      空間の広さに関して言えばこれは10proのほうが広いです。広いというか独特でこれこそが10proの魅力かもしれません。
                      解像度は正直435の圧勝です。ただ、10proもカスタム化したことによって解像感は上昇しています。これはユニバーサルチップやシリコン製カスタムチップを介さないで直接鼓膜に音が届くからなんでしょうか?
                      とにかくカスタム化したことによって音質は(私の場合)かなり向上しました。
                      微細な表現ではやはり負けてしまいますが、「楽しさ」といった点も加味するとなかなかいい勝負をしてくれます。基本的には435の方が上ですが、先述の特有の魅力がありますので今では使用時間は同じくらいです。
                      それに低音がしっかり出ていますのでロックやテクノ、hiphopなんかは非常に楽しく聴けます。もともとがコンシューマー向けですから、比較するのもおかしな話でしたが10proの実力を再確認しました。

                      使用機器はkenwood HD60GD9EC(そろそろオクだそうかな…)直ざしと、classic+モガミ2534+headstageです。
                      須山カスタムPrivate435とUE TF10proどちらも情報量多いので疲れました…。面白く感じたのが両方とも情報量多いですがその傾向がまったく異なる点ですね。
                      タイトルはvsになってますが結局私の環境では仲良く共存しています。

                      ではでは。
                      comments(0) | trackbacks(0) | - | - | PAGE TOP↑
                      new old
                      SELECTED ENTRIES
                      CATEGORIES
                      ARCHIVES
                      RECENT COMMENTS
                      RECENT TRACKBACK
                      LINKS
                      PROFILE
                      OTHERS
                      SEARCH