イヤモニ、特にカスタムIEMのレビューとポータブルアンプのレビューを掲載しています。ケーブル関連製作についてはtwitterからお問い合わせ下さい。
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>
RECOMMEND
ソニー ダイナミック密閉型ヘッドホンSONY MDR-ZX700
ソニー ダイナミック密閉型ヘッドホンSONY MDR-ZX700 (JUGEMレビュー »)

1万以下の密閉ポータブルでは個人的に最高にお気に入り。とにかく装着感が良く、軽く、見栄えも良い。音質もじっくり聞きにも耐えられる高レベル。
Westone イヤホン Westone3
Westone イヤホン Westone3 (JUGEMレビュー »)

唯一の3way、3レシーバーのIEM。パンチの効いた低音と伸びのある高音・自然な中域と非常に魅力的。UEほどブライトネス高くないが、ノリの良さは随一!音場感が魅力ですね。
Westone ケーブル交換が可能なカナル型ハイエンドモデルイヤホン WST-UM3XRC ブラック/クリア
Westone ケーブル交換が可能なカナル型ハイエンドモデルイヤホン WST-UM3XRC ブラック/クリア (JUGEMレビュー »)

WestoneのカスタムIEMに使われてる高品質ケーブルを採用しており、断線時の心配がない。基本的にはUM3Xと変わらないが、ケーブル交換式でこの価格は安い。
Sennheiser カナル型ヘッドフォン IE 8
Sennheiser カナル型ヘッドフォン IE 8 (JUGEMレビュー »)

ダイナミック型ならではの迫力ある低音と自然な音場感が魅力の機種。低音強めでウォームだが、高音自体はかなり高い所まで無理なく出ている。装着感がやや浅めで疲れにくく、音質を含めてヘッドホンからの乗り換えにはこれが最適な機種。
なんでも除湿シリカゲル 10g*20入
なんでも除湿シリカゲル 10g*20入 (JUGEMレビュー »)

IEMの保管に、ドライボックスの交換用除湿剤に。小さめで表面が不織布なのでWestoneモニターセーバー標準除湿剤からこれに変えてあげるとカスタムも入ります。
あとはガムケース再利用してこれを1個いれればお手軽モニターセーバー完成。おすすめ。再生利用可能。
audio-technica トリプルバランスドアーマチュアインナーイヤーヘッドホン ATH-CK100
audio-technica トリプルバランスドアーマチュアインナーイヤーヘッドホン ATH-CK100 (JUGEMレビュー »)

ミッド・ハイがかなり繊細でCK-10よりバランスも良好。本体の質感も良い。ボーカルモノではコレが一番と思えるソースも結構あり、3万以下ならアリな機種。
Westone イヤホン UM3X
Westone イヤホン UM3X (JUGEMレビュー »)

モニターユースなら市販品ではトップか。ただし、カラーレーション薄すぎでつまらなく感じる人もいるかも。人気は無いですが、性能はWestone3より良いかと。ただし、音楽鑑賞にはWestone3のほうが好適です。
Sennheiser クローズド型ダイナミックヘッドホン HD25-1:2
Sennheiser クローズド型ダイナミックヘッドホン HD25-1:2 (JUGEMレビュー »)

色んなハイエンドポータブル機種が発売されてきましたが、なんだかんだで多くの人がリファレンスにしている機種です。とりあえず持っておくべき機種。いわゆる基準。ロックばかりと思われがちですが、以外となんでもいけます。
コンプライ イヤホンチップ T-500シリーズ(3ペア)
コンプライ イヤホンチップ T-500シリーズ(3ペア) (JUGEMレビュー »)

10proにはダブルフランジチップ無き今はこれがベスト。
PELICAN BOX マイクロケース 1010 ブラック
PELICAN BOX マイクロケース 1010 ブラック (JUGEMレビュー »)

乾燥剤いれてイヤモニ用ケースに。中にカメラ用にフォームを買ってきて自分で加工すると便利になります。
Ultimate Ears TRIPLE.Fi 10 PRO TF10PRO
Ultimate Ears TRIPLE.Fi 10 PRO TF10PRO (JUGEMレビュー »)

まさかの35000円切り。
以前の10proとはかなり音が変わっていますが、良い方向なので心配いりません。ローはボワつきを抑え、よりタイトでパンチがあり、ミッドの凹みも改善し、UE独特のブライトネスの高さはそのままで以前に比べて音のベールを一枚剥いだようなクリアさを感じます。
ER4S-B イヤホン
ER4S-B イヤホン (JUGEMレビュー »)

定番です。好みでなくても一つ持っているとリファレンスにはなります。もっと音量を取りやすい-Pも基本的な音の傾向は同じです。
SLEEK AUDIO SA6 SLK-EP-000001
SLEEK AUDIO SA6 SLK-EP-000001 (JUGEMレビュー »)

音の傾向はCT6と同じでハイが非常に綺麗。全体的にポップで明るい音調なので、原音再生とは異なるが音楽鑑賞には○ しかし基本性能の高さは充分備えている。音質を好みに変化させられるVQシステム搭載で遊べる。ケーブル交換もできてソツがない。アンプを通すとリニアに変化するのでそういった意味でもおすすめできる機種
キャパティ ドライボックス 8L グレー DB-8L-N
キャパティ ドライボックス 8L グレー DB-8L-N (JUGEMレビュー »)

IEMの保管にお勧め。たまに除湿してやると音が本当にシャッキリと、蘇ります。湿度計がついてこの値段は安い。 私はこれ2個使用しています。
(線材入れとIEM用)
なお、開け閉めにともないゴムパッキンが劣化するので適度に交換するのがベスト。
<< オペアンプが… | main | iBassoP2 オペアンプ交換その4くらい >>
低価格帯IEM比較レビュー
category: 【IEM】ユニバーサルイヤモニ関連 | author: bt1648
0
    レビューと書きながら、毎回大したことない気がするbt@管理人です、こんにちは。
    今回は低価格帯のIEMのレビューをしたいと思います。どこまでが低価格帯なのかちょっと謎ですが、とりあえず持っている範囲でミッドレンジくらいまで。

    【試聴環境】
    iPod 6G + DS-MGM +iBasso P2(OPA2111+OPA2107)
    リファレンスとして須山カスタムPrivate435、ProAudio335を使用します。

    【〜5000円台代表】
    フィリップスSHE9700

    様々な所で今話題の高コストパフォーマンスのイヤホンです。今回の記事を作成するにあたり色々な所を探し回りました。ネット通販は全滅、秋葉原も全滅、新宿ヨドバシで確保しました。3980円。
    付属で立派なソフトケースがついてきてお買い得感はあります。
    とりあえず付属のMピースを装着して試聴。バーンインはまったくしていないので参考程度にして下さい。

    まず気になるのが、圧倒的な音場の狭さ。面どころか点で鳴っているよう。それに加えて高音があるところからストンと落ちて出なくなっています。しかもサ行が痛いトラックが多いです。非常にシャリついています。このあたりはエージングで収まるかもしれないですが、ちょっと頂けない出音です。ミッドも出ていることはでているのですが奥に引っ込みがち、というか高音のシャリつきが酷くて聞き取りづらい感じです。低音はそこまで強くなくマイルドです。
    SHE9700の特徴は個人的には低音部にあると思います。ダイナミック型にしてはキックの勢いが無いのですが、ちゃんと聞こえてしまいます。解像度が高いわけではないのですが、うまく味付けされてごまかされているというか…。かなりのローエンドからしっかり鳴っているのは確認しました。
    しかし珍しい鳴り方をするイヤホンです。シャリシャリ(ドンシャリではない)なのにハイエンドが伸びない、という感じでいかにも低価格帯という印象です。
    iPod付属のイヤホンよりかはよいと思いますが、間違いなくイヤホンスパイラルに陥ります(笑)iPod付属のイヤホン入手の為にわざわざiPodシャッフル買いましたorz

    6GiPodやTouchも持っているのですが、(ついでに当時高かった2GiPodも)、iPod付属のイヤホンは日々更新されているので一応買いました。
    ジョギングにはちょうどいいし、と自分を納得させております。

    さて、SHE9700が買いか?と言われたら個人的にはNOです。ちょっとシャリつきが酷いのと、音漏れが酷すぎるので使いどころがないからです。それに須山カスタムに調教された耳穴だとLサイズピースでも小さかったのも気になりました(個人差ありますし、SONYの純正品が互換で使えるノズルですのでそこはあまり気にしなくてもいいかも)。試聴では延長コードは未使用。

    【10000円〜15000円】
    この価格帯は超激戦区です。今回は手持ちの、
    harman/kardon ep720 by Ety
    UE 3studio
    Shure E2c
    を比較します。

    ep720
    まず、ep720ですが全体的なバランスは良好です。シングルのバランスドアーマチュアドライバ型ながらそれなりに広い再生帯域を持っています。価格は秋葉ヨドバシで14800円だったかと。たぶん。
    テクノロジーbyエティモティックリサーチということで、ER-4シリーズと同じドライバを採用しているとの話を聞きましたが音はかなり違います。
    ER-4P、ER-4Sとも違う音です。結構低音が出ています。もちろん比較の話なので、全体から比べればおとなしめの低音です。ただバランスだけは滅法良く、聴き疲れしない音作りになっています。ER-4Sが強烈にハイ上がりなのを考えるとこちらの方が一般受けしそうです。ジャンルも特に選ばない感です。特徴らしい特徴が無い音作りなのも特徴です。音量も取りやすく、ER-4S譲りの3段キノコチップのおかげで遮音性はべらぼうに高いです。
    無個性なので、人にはお勧めしやすいです。音場は左右にやや広がる程度で広くはありません。むしろやや狭めです。全体的に分離が悪いものの、解像度は十分かと。美音系ですね。オススメなのですが、現在市場に出回っていません…。エージングは約100時間。
    全体的にフラット。


    UE 3studio
    この価格帯の本命です。現在安い所では1万円を切っている所もあるようで。
    ちなみにこの3studioは選別品です。個人では恐らく日本で最も多くの3studioを所有/試聴したことがあるので(笑)最高で20本ほど持っていました。試聴や借り物を含めれば軽く30本は聞いたことがあります。
    御託はいいとして、その中で当たりを1本残しておいてそれを今回試聴に使用しました。購入価格は当時$90もしなかったかな?
    まず、同じシングルのバランスドアーマチュアドライバ型なのかとビックリするほど音場が広いです。開放型とまでは言いませんが、左右の広がり、斜め前方への広がりはUEならではです。再生帯域もシングルにしてはがんばっている方だと思います。全体的に低音の量が多く、あまり締まっていないのでモコモコしているとも言われます。慣れてしまえば問題ない程度です。
    解像度もこの価格帯にしては十分です。ep720が正確性ならば、UE 3Stuは音楽性といったところでしょうか。解像度のep720、音場のUE 3Studioとも言えます。装着感に難がある人はcomplyのイヤーチップをためしてみてはいかがでしょう。今回の試聴には標準ダブルフランジを使用しました。私個人的には装着感に問題なし。エージングは約500時間。
    全体的にややカマボコ型。ミッドが良く出ているのでボーカル物は気持ちがいいです。今回の一押し。

    Shure E2c
    とにかく元気な音。解像度は高くないし、音場も標準的なのですが音が前へ前へ出てくる感じは非常に好感触。ややドンシャリ型。ですがバランスは破綻していないので長時間のリスニングにも対応できると思います。
    やや低音が強めですが、他の部分をマスキングすることなくしっかりならしてくれます。全体的に乾いた音調です。音場は非常にShureっぽいです。SE530に似ています。球体の中に放り込まれたような感じで結構狭い感じですが、元気な音なので気になりません。若干サ行が痛く付くトラックもあります。聞くというより、参加するというのが正しいスタイルかと。
    初めは音が暴れたり、低音が締まってなかったりと酷いですがエージングでかなり改善されます。個人的にはダイナミック型の迫力がすきなので、ゲームに向いているかと思います。結構味付けは濃いめ。
    装着感は非常に良好。私はフォームのMを使用。
    エージングは約200時間で落ち着きます。この個体は約1000時間使用。

    この価格帯では、美音、フラット、BA型の鳴りを体験したいならばep720がオススメ。無難に行きたいならば間違いなくUE 3studioがオススメ。シングルのバランスドアーマチュアドライバ型がバランスが良く、5proや、10proを持っていても(須山カスタムを持っていても)つい聞きたくなります。シングルならではの良さがあるわけですね。
    ゲームしかしない、HR/HMしか聞かないといった極端な場合はE2cがバッチリ
    当てはまると思います。あとはSONYのノリに若干にているのでSONY好きな人とか?(ちょっと適当)

    私の耳は当てにならないので、購入の際は必ず試聴してからにして下さいね。



    【番外編】
    2万以上する変わった傾向を持った物たち。
    Stax SR001-mk2
    UE 5EB


    Stax SR-001mk2
    もうとにかく繊細、高解像度、最悪な装着感、電池で音変わりすぎ、何聞いても美音の嵐、と言った感じです。
    この価格帯では反則的な空気感の表現が特徴。というか静電型でしか出せない音ですね。弦楽器の音は何度聞いても鳥肌が立ちます。言葉で説明できない官能の世界へようこそ(笑)
    私はあまりヘッドフォンに興味をもたないようにしているのですが(これ以上散財できません 笑)、Stax SR-001mk2の位置づけはなんなんでしょうか?音漏れはするし、装着感は悪いし、あくびをしようものならバリバリと音がするし(静電型の特徴で動くと膜がバリバリと音立てます)。
    でもかなりお気に入りです。この価格(24800円、秋葉ダイナオーディオにて購入)でこの音はちょっとずるいかなーと、思います。
    フラット、美音系。


    UE 5EB
    非常に漢くさいIEMです。構造的な特徴としてはローにダイナミック型ドライバ採用、ハイ側は一発のバランスドアーマチュアドライバのハイブリッド仕様が挙げられます。とにかくマッシヴな低音が特徴。
    UEらしく音場は広いですがダイナミック型ドライバから発せられる強烈なローにより、圧迫感を感じます。それでいて以外と隠れていないミッドとハイ。特にハイは良く出ていて全体のバランス向上に寄与しています。
    ER-4Sの対極にあるようなIEMですが、4sほどジャンルを選ばず聴けます。
    ただちょっと低音のしまりがないのが気になります。須山カスタムProAudio335だとこれより低音がでている(!)のにしっかりと締まったタイトでキレのある低音をだしてくれますので、やはり気になってしまいます。
    このあたりはダイナミック型の限界というか、値段なりというか…。
    低音好きなのでこの機種は3代目です。秋葉ヨドバシで24800円、個人輸入で約$170で購入。エージングはこの個体は300時間。約150時間で落ち着きます。
    5proを試聴しておとなしすぎると感じた方、hiphopメインの方、4Sを御使用で対極の音を楽しみたい方、何より低音好きの方にオススメです。

    いかがでしたでしょうか?購入の参考になれば幸いです。
    次回は須山カスタム3機種の比較をしてみようかな、と思います。
    FreQ Showが届いたらカスタム全般についての比較とかも面白そうですね。

    では。
    comments(2) | trackbacks(0) | - | - | PAGE TOP↑
    ERー4Sで1年半ほど進化が止まってるオイラに何かお勧めありまつか?

    あ〜〜、家のローンさえなけりゃなぁ

    つか、君といっしょに仕事してた時(6年前かな?)なら、それこそお互いに追い付け追い越せだったんだろうなと小一時間....


    by ゆうちゃん (2008/09/15 9:51 PM)
    自慢されたいのはすごくわかりますが。
    安いものは所詮安いというレビューは評価にならないです。
    いい所を見つけましょう。
    所詮、汎用楽器的な装置である以上、完璧というものがない世界なのですから、高い=すばらしいといったレビューばかり書いていると誰も読む気になりません
    by yuki (2012/05/14 2:45 PM)






    この記事のトラックバックURL : http://jp.bt-fi.com/trackback/903077
    SELECTED ENTRIES
    CATEGORIES
    ARCHIVES
    RECENT COMMENTS
    RECENT TRACKBACK
    LINKS
    PROFILE
    OTHERS
    SEARCH