イヤモニ、特にカスタムIEMのレビューとポータブルアンプのレビューを掲載しています。ケーブル関連製作についてはtwitterからお問い合わせ下さい。
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>
RECOMMEND
ソニー ダイナミック密閉型ヘッドホンSONY MDR-ZX700
ソニー ダイナミック密閉型ヘッドホンSONY MDR-ZX700 (JUGEMレビュー »)

1万以下の密閉ポータブルでは個人的に最高にお気に入り。とにかく装着感が良く、軽く、見栄えも良い。音質もじっくり聞きにも耐えられる高レベル。
Westone イヤホン Westone3
Westone イヤホン Westone3 (JUGEMレビュー »)

唯一の3way、3レシーバーのIEM。パンチの効いた低音と伸びのある高音・自然な中域と非常に魅力的。UEほどブライトネス高くないが、ノリの良さは随一!音場感が魅力ですね。
Westone ケーブル交換が可能なカナル型ハイエンドモデルイヤホン WST-UM3XRC ブラック/クリア
Westone ケーブル交換が可能なカナル型ハイエンドモデルイヤホン WST-UM3XRC ブラック/クリア (JUGEMレビュー »)

WestoneのカスタムIEMに使われてる高品質ケーブルを採用しており、断線時の心配がない。基本的にはUM3Xと変わらないが、ケーブル交換式でこの価格は安い。
Sennheiser カナル型ヘッドフォン IE 8
Sennheiser カナル型ヘッドフォン IE 8 (JUGEMレビュー »)

ダイナミック型ならではの迫力ある低音と自然な音場感が魅力の機種。低音強めでウォームだが、高音自体はかなり高い所まで無理なく出ている。装着感がやや浅めで疲れにくく、音質を含めてヘッドホンからの乗り換えにはこれが最適な機種。
なんでも除湿シリカゲル 10g*20入
なんでも除湿シリカゲル 10g*20入 (JUGEMレビュー »)

IEMの保管に、ドライボックスの交換用除湿剤に。小さめで表面が不織布なのでWestoneモニターセーバー標準除湿剤からこれに変えてあげるとカスタムも入ります。
あとはガムケース再利用してこれを1個いれればお手軽モニターセーバー完成。おすすめ。再生利用可能。
audio-technica トリプルバランスドアーマチュアインナーイヤーヘッドホン ATH-CK100
audio-technica トリプルバランスドアーマチュアインナーイヤーヘッドホン ATH-CK100 (JUGEMレビュー »)

ミッド・ハイがかなり繊細でCK-10よりバランスも良好。本体の質感も良い。ボーカルモノではコレが一番と思えるソースも結構あり、3万以下ならアリな機種。
Westone イヤホン UM3X
Westone イヤホン UM3X (JUGEMレビュー »)

モニターユースなら市販品ではトップか。ただし、カラーレーション薄すぎでつまらなく感じる人もいるかも。人気は無いですが、性能はWestone3より良いかと。ただし、音楽鑑賞にはWestone3のほうが好適です。
Sennheiser クローズド型ダイナミックヘッドホン HD25-1:2
Sennheiser クローズド型ダイナミックヘッドホン HD25-1:2 (JUGEMレビュー »)

色んなハイエンドポータブル機種が発売されてきましたが、なんだかんだで多くの人がリファレンスにしている機種です。とりあえず持っておくべき機種。いわゆる基準。ロックばかりと思われがちですが、以外となんでもいけます。
コンプライ イヤホンチップ T-500シリーズ(3ペア)
コンプライ イヤホンチップ T-500シリーズ(3ペア) (JUGEMレビュー »)

10proにはダブルフランジチップ無き今はこれがベスト。
PELICAN BOX マイクロケース 1010 ブラック
PELICAN BOX マイクロケース 1010 ブラック (JUGEMレビュー »)

乾燥剤いれてイヤモニ用ケースに。中にカメラ用にフォームを買ってきて自分で加工すると便利になります。
Ultimate Ears TRIPLE.Fi 10 PRO TF10PRO
Ultimate Ears TRIPLE.Fi 10 PRO TF10PRO (JUGEMレビュー »)

まさかの35000円切り。
以前の10proとはかなり音が変わっていますが、良い方向なので心配いりません。ローはボワつきを抑え、よりタイトでパンチがあり、ミッドの凹みも改善し、UE独特のブライトネスの高さはそのままで以前に比べて音のベールを一枚剥いだようなクリアさを感じます。
ER4S-B イヤホン
ER4S-B イヤホン (JUGEMレビュー »)

定番です。好みでなくても一つ持っているとリファレンスにはなります。もっと音量を取りやすい-Pも基本的な音の傾向は同じです。
SLEEK AUDIO SA6 SLK-EP-000001
SLEEK AUDIO SA6 SLK-EP-000001 (JUGEMレビュー »)

音の傾向はCT6と同じでハイが非常に綺麗。全体的にポップで明るい音調なので、原音再生とは異なるが音楽鑑賞には○ しかし基本性能の高さは充分備えている。音質を好みに変化させられるVQシステム搭載で遊べる。ケーブル交換もできてソツがない。アンプを通すとリニアに変化するのでそういった意味でもおすすめできる機種
キャパティ ドライボックス 8L グレー DB-8L-N
キャパティ ドライボックス 8L グレー DB-8L-N (JUGEMレビュー »)

IEMの保管にお勧め。たまに除湿してやると音が本当にシャッキリと、蘇ります。湿度計がついてこの値段は安い。 私はこれ2個使用しています。
(線材入れとIEM用)
なお、開け閉めにともないゴムパッキンが劣化するので適度に交換するのがベスト。
<< SONY MDR-ZX700 バランス対応改造 | main | 須山カスタム Fitear Private223 レビュー >>
【ヘッドホン】Superlux HD681 ファーストインプレッション
category: ヘッドホンレビュー | author: bt1648
0
     AKGのK240 Studioに外見そっくりな台湾Superlux社製・セミオープン型ヘッドホン HD681を入手したので、ファーストインプレッション。相変わらず信用ならない内容。

    Superlux HD681


    ■スペック■
    ダイナミック式、セミオープン型 32Ω
    50mm ネオジムドライバー
    感度:98dbSPL
    10Hz〜30kHz
    2.5m片出し3.5mmミニプラグ
    バンド圧 約3.5N(本当かいな)

    価格は$50以下、eBayなんかでは$33とかで出回っています。大体2500円くらいで日本の価格帯でいうと最廉価に位置する値段です。国内だと、ワタナベ楽器さん、共立エレショップさんとかで購入できるようです。

    値段が値段なので外観の安っぽさは否めませんが、プラスチッキーなだけで作り自体はしっかりしており、細かいところも手を抜いていません。ちょこっとだけバリが気になる箇所はありますが、海外製で一般的に見られるレベルです。というか、ほとんどAKGのK240Sと同じ、というか同じ部品を使っているように思えます。フリーアジャストの機構も同じで、K240Sより側圧が若干きつい以外はK240S譲り(?)の快適な装着感だと思います。イヤパッドは思いっきりビニールで質は悪いです。耳たぶごと覆うサイズなのでそこまで不快に感じませんが、ここだけは値段なりなのでしょう。イヤパッドは柔らかくはないですが厚みはそこそこあるので眼鏡をつけていても痛くなりません。



    写真のとおり、幅広のヘッドバンドなので快適ですが髪型はペッタンコになりますw
    そもそもかなり軽量でおもちゃっぽいです。



    セミオープン型ですが開放型レベルで音漏れします。なお、イヤパッドの内部、ドライバー前面には黒い保護スポンジがありますがそれをむくと… 「アコースティックダンパーの役目をしてるので剥がさないでね!すーぱーらっくすより」(意訳)というカラーのシールとご対面できます。
    以外に手が込んでいるというか、細かいですね。

    このHD681は音質の傾向で3シリーズあり、無印HD681がもっとも低音が強く、HD681B、HD681Fの順でフラットになっていきます。アクセントになっている赤いリングの色もそれぞれ灰色と白色とパッと見でわかるようになっています。

    音質は端的に言うと、ドンシャリ。でも妙なボーカルの生々しさがある。全体的に緩い感じですが、セミオープン型なので当然抜けは非常に良く、ゆったりと聞けるという意味でプラス面に働いているように感じます。まだまだ鳴らしこみが足りていないので、変化があると思いますが現段階ではかさつきや刺激的すぎるきらいがあります。刺さるというより金属的な鋭い感じでしょうか?刺激的な音なのに緩い感じという不思議な音。結構キャラは立ってます。
    低音の量感・質感に関して言えばK240Sより間違いなく上です。というか、ところどころK240Sより良いところがあり、価格を考えると色々と評価に戸惑ってしまいます。。

    買って損ないというレベルではなく、取りあえず買っておけレベルです。1万2500円だったら「うーん、まあ値段なりかな?普通。」という評価になるでしょうが、なにしろ2500円〜4000円というびっくり価格です。あ、ゼンハイザーHD25に付属していたようなしょぼいロゴ入り袋と標準プラグ変換アダプタも一応付属品として入っています。

    もう少し鳴らしこんで落ち着いたら再度レビューします。

    三次元的に動くハウジングとフリーアジャスト機構のため、装着感は良好


    comments(0) | trackbacks(0) | - | - | PAGE TOP↑






    この記事のトラックバックURL : http://jp.bt-fi.com/trackback/1411766
    SELECTED ENTRIES
    CATEGORIES
    ARCHIVES
    RECENT COMMENTS
    RECENT TRACKBACK
    LINKS
    PROFILE
    OTHERS
    SEARCH