イヤモニ、特にカスタムIEMのレビューとポータブルアンプのレビューを掲載しています。ケーブル関連製作についてはtwitterからお問い合わせ下さい。
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>
RECOMMEND
ソニー ダイナミック密閉型ヘッドホンSONY MDR-ZX700
ソニー ダイナミック密閉型ヘッドホンSONY MDR-ZX700 (JUGEMレビュー »)

1万以下の密閉ポータブルでは個人的に最高にお気に入り。とにかく装着感が良く、軽く、見栄えも良い。音質もじっくり聞きにも耐えられる高レベル。
Westone イヤホン Westone3
Westone イヤホン Westone3 (JUGEMレビュー »)

唯一の3way、3レシーバーのIEM。パンチの効いた低音と伸びのある高音・自然な中域と非常に魅力的。UEほどブライトネス高くないが、ノリの良さは随一!音場感が魅力ですね。
Westone ケーブル交換が可能なカナル型ハイエンドモデルイヤホン WST-UM3XRC ブラック/クリア
Westone ケーブル交換が可能なカナル型ハイエンドモデルイヤホン WST-UM3XRC ブラック/クリア (JUGEMレビュー »)

WestoneのカスタムIEMに使われてる高品質ケーブルを採用しており、断線時の心配がない。基本的にはUM3Xと変わらないが、ケーブル交換式でこの価格は安い。
Sennheiser カナル型ヘッドフォン IE 8
Sennheiser カナル型ヘッドフォン IE 8 (JUGEMレビュー »)

ダイナミック型ならではの迫力ある低音と自然な音場感が魅力の機種。低音強めでウォームだが、高音自体はかなり高い所まで無理なく出ている。装着感がやや浅めで疲れにくく、音質を含めてヘッドホンからの乗り換えにはこれが最適な機種。
なんでも除湿シリカゲル 10g*20入
なんでも除湿シリカゲル 10g*20入 (JUGEMレビュー »)

IEMの保管に、ドライボックスの交換用除湿剤に。小さめで表面が不織布なのでWestoneモニターセーバー標準除湿剤からこれに変えてあげるとカスタムも入ります。
あとはガムケース再利用してこれを1個いれればお手軽モニターセーバー完成。おすすめ。再生利用可能。
audio-technica トリプルバランスドアーマチュアインナーイヤーヘッドホン ATH-CK100
audio-technica トリプルバランスドアーマチュアインナーイヤーヘッドホン ATH-CK100 (JUGEMレビュー »)

ミッド・ハイがかなり繊細でCK-10よりバランスも良好。本体の質感も良い。ボーカルモノではコレが一番と思えるソースも結構あり、3万以下ならアリな機種。
Westone イヤホン UM3X
Westone イヤホン UM3X (JUGEMレビュー »)

モニターユースなら市販品ではトップか。ただし、カラーレーション薄すぎでつまらなく感じる人もいるかも。人気は無いですが、性能はWestone3より良いかと。ただし、音楽鑑賞にはWestone3のほうが好適です。
Sennheiser クローズド型ダイナミックヘッドホン HD25-1:2
Sennheiser クローズド型ダイナミックヘッドホン HD25-1:2 (JUGEMレビュー »)

色んなハイエンドポータブル機種が発売されてきましたが、なんだかんだで多くの人がリファレンスにしている機種です。とりあえず持っておくべき機種。いわゆる基準。ロックばかりと思われがちですが、以外となんでもいけます。
コンプライ イヤホンチップ T-500シリーズ(3ペア)
コンプライ イヤホンチップ T-500シリーズ(3ペア) (JUGEMレビュー »)

10proにはダブルフランジチップ無き今はこれがベスト。
PELICAN BOX マイクロケース 1010 ブラック
PELICAN BOX マイクロケース 1010 ブラック (JUGEMレビュー »)

乾燥剤いれてイヤモニ用ケースに。中にカメラ用にフォームを買ってきて自分で加工すると便利になります。
Ultimate Ears TRIPLE.Fi 10 PRO TF10PRO
Ultimate Ears TRIPLE.Fi 10 PRO TF10PRO (JUGEMレビュー »)

まさかの35000円切り。
以前の10proとはかなり音が変わっていますが、良い方向なので心配いりません。ローはボワつきを抑え、よりタイトでパンチがあり、ミッドの凹みも改善し、UE独特のブライトネスの高さはそのままで以前に比べて音のベールを一枚剥いだようなクリアさを感じます。
ER4S-B イヤホン
ER4S-B イヤホン (JUGEMレビュー »)

定番です。好みでなくても一つ持っているとリファレンスにはなります。もっと音量を取りやすい-Pも基本的な音の傾向は同じです。
SLEEK AUDIO SA6 SLK-EP-000001
SLEEK AUDIO SA6 SLK-EP-000001 (JUGEMレビュー »)

音の傾向はCT6と同じでハイが非常に綺麗。全体的にポップで明るい音調なので、原音再生とは異なるが音楽鑑賞には○ しかし基本性能の高さは充分備えている。音質を好みに変化させられるVQシステム搭載で遊べる。ケーブル交換もできてソツがない。アンプを通すとリニアに変化するのでそういった意味でもおすすめできる機種
キャパティ ドライボックス 8L グレー DB-8L-N
キャパティ ドライボックス 8L グレー DB-8L-N (JUGEMレビュー »)

IEMの保管にお勧め。たまに除湿してやると音が本当にシャッキリと、蘇ります。湿度計がついてこの値段は安い。 私はこれ2個使用しています。
(線材入れとIEM用)
なお、開け閉めにともないゴムパッキンが劣化するので適度に交換するのがベスト。
<< Ultrasone DJ1pro バランス対応改造 | main | 【ヘッドホン】Superlux HD681 ファーストインプレッション >>
SONY MDR-ZX700 バランス対応改造
category: リケーブル | author: bt1648
0
     この記事と同じ内容ですが、違う機種なので一応アップしてみます。

    MDR-ZX700は、SONYのポータブル/モニタリング系のハイエンド機種Z1000の流れを汲んだ低価格ハイコストパフォーマンス機種です。Z1000との違いはハウジング等がプラスチックになっておりコストカットされており、若干カラーリングも違いますが外観はかなり似ています。また、肝心のドライバー部分はネオジムを使った強力な磁束でスペック上は同等ですが、振動板がZ1000が新開発の液晶フィルムでZX700が従来よりあるPET振動板です。
    音の傾向の違いはそこまで大きくないですが、裏を返せばZ1000はZX700の完全上位機種ともいえるかもしれません。あと、低域は若干Z1000のが豊富なように思います。どちらにしろ、そこまで低域は強くないシリーズです。



    ZX700は、上位機Z1000の譲りの快適な装着感がまずこの価格帯で一番の驚きです。ヘッドバンドも合皮系と思いますが、ふかふかで軽量なのも相まって負担を感じません。また、イヤパッドも合皮系ですが、ふかふかかつしっとりでUltrasoneとかHD25とか、CD900STみたいないかにもビニールという感じがなくもっちりしつつ汗もそんなに気になりません。パッドの角度と深さはちょうどよく、音漏れは少なめです。(ただし、ハウジング外部に圧抜きの穴があるのでそこから多少は漏れます。電車で大音量ださなければ問題ないレベル)
    下写真のソニーロゴ上部にこっそり見えるのが圧抜きの穴です。



    付属品は延長ケーブルだけだったはずです。安っぽい袋でいいから収納袋は欲しかったところですが、価格を考えれば文句はありません。

    肝心の音質は中高音よりのフラットです。特に中域は価格を無視してもかなり良いと思います。高域は量も適度でそこそこ伸びますし、密閉型特有(特に低価格品)の籠もりはほとんど感じられません。その代わり、少し荒れたり雑に感じることもありますが音源によってはそれも味に思える程度と捉えています。
    低域はやや控えめですが、想定していた以上にしっかり沈みます。とはいえ、プラスチックのハウジングのせいかたまにある帯域で若干共振というか、ビビリを感じる時も… それなりにしまっていて質は悪くありませんが、低音大好きな方にはオススメしません。

    片出しの3.5mmプラグですが、取り回しもよくこの価格帯(実売6000〜9000円)では比べられる機種は皆無に思います。

    使っていて気になったのが、どうもチャネルセパレーションがよろしくない… 良く言えばゲームしたりゆっくりビデオ鑑賞するには疲れずいいのかもしれませんがどうしても気になる、ということで壊す覚悟で分解。
    アレ?無加工でHiroseのバランス端子付けられそうじゃない?と思った瞬間に作業開始、あっという間にバランス対応です。内部はそこまで余裕がないので、難易度はUltasone DJ1Proより若干上ですが面倒なだけで難しい部類には入りません。根気もそんなにいりません。DJ1Proはスイーベルするので作業しやすいですが、こっちはそうもいかないのでヘッドバンドの圧力との闘いですね。

    作業自体はDJ1Proとほとんど同じなので割愛します。ひとつ注意点があり、内部でHirose端子を固定するときに結構強めにアールがかかっているので付属の金具だけでは固定しきれない恐れがあります。ですので、グルーガンか接着剤での固定をオススメします。(一度固定しきれておらず、内部断線してしまいました)



    特別なにかしたわけではありませんが、ぴったりサイズとなっています。ハウジング内部は色々と工夫をしている(?)ようで配線が噛まないように配慮して作業する必要があります。
    バランス対応改造後、バランスアンプ、シングルエンド変換アダプタそれぞれで聞いてみましたが、素性の良さがモロに効果に出ているようでそれまであったなんともいえない不明瞭感、チャネルセパレーションの悪さ、ハイ伸び、ローの制動感、解像度すべて改善されました。DJ1Proの時はそこまで感動はなく、「ケーブル交換が楽になったぜ」程度でした。が、MDR-ZX700はかなり変化がありやった甲斐がありました。それも別物になったわけでなく不満点が改善されたので、大変満足です。

    値段も7000円くらいと非常に手頃で、こうやって遊べる機種で今のお気に入り機種の一つですね。
    comments(1) | trackbacks(0) | - | - | PAGE TOP↑
    ZX700のバランス化ですが、配線部分の画像などはありますか?
    by Blue Black (2013/11/27 4:41 PM)






    この記事のトラックバックURL : http://jp.bt-fi.com/trackback/1411765
    SELECTED ENTRIES
    CATEGORIES
    ARCHIVES
    RECENT COMMENTS
    RECENT TRACKBACK
    LINKS
    PROFILE
    OTHERS
    SEARCH