イヤモニ、特にカスタムIEMのレビューとポータブルアンプのレビューを掲載しています。ケーブル関連製作についてはtwitterからお問い合わせ下さい。
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>
RECOMMEND
ソニー ダイナミック密閉型ヘッドホンSONY MDR-ZX700
ソニー ダイナミック密閉型ヘッドホンSONY MDR-ZX700 (JUGEMレビュー »)

1万以下の密閉ポータブルでは個人的に最高にお気に入り。とにかく装着感が良く、軽く、見栄えも良い。音質もじっくり聞きにも耐えられる高レベル。
Westone イヤホン Westone3
Westone イヤホン Westone3 (JUGEMレビュー »)

唯一の3way、3レシーバーのIEM。パンチの効いた低音と伸びのある高音・自然な中域と非常に魅力的。UEほどブライトネス高くないが、ノリの良さは随一!音場感が魅力ですね。
Westone ケーブル交換が可能なカナル型ハイエンドモデルイヤホン WST-UM3XRC ブラック/クリア
Westone ケーブル交換が可能なカナル型ハイエンドモデルイヤホン WST-UM3XRC ブラック/クリア (JUGEMレビュー »)

WestoneのカスタムIEMに使われてる高品質ケーブルを採用しており、断線時の心配がない。基本的にはUM3Xと変わらないが、ケーブル交換式でこの価格は安い。
Sennheiser カナル型ヘッドフォン IE 8
Sennheiser カナル型ヘッドフォン IE 8 (JUGEMレビュー »)

ダイナミック型ならではの迫力ある低音と自然な音場感が魅力の機種。低音強めでウォームだが、高音自体はかなり高い所まで無理なく出ている。装着感がやや浅めで疲れにくく、音質を含めてヘッドホンからの乗り換えにはこれが最適な機種。
なんでも除湿シリカゲル 10g*20入
なんでも除湿シリカゲル 10g*20入 (JUGEMレビュー »)

IEMの保管に、ドライボックスの交換用除湿剤に。小さめで表面が不織布なのでWestoneモニターセーバー標準除湿剤からこれに変えてあげるとカスタムも入ります。
あとはガムケース再利用してこれを1個いれればお手軽モニターセーバー完成。おすすめ。再生利用可能。
audio-technica トリプルバランスドアーマチュアインナーイヤーヘッドホン ATH-CK100
audio-technica トリプルバランスドアーマチュアインナーイヤーヘッドホン ATH-CK100 (JUGEMレビュー »)

ミッド・ハイがかなり繊細でCK-10よりバランスも良好。本体の質感も良い。ボーカルモノではコレが一番と思えるソースも結構あり、3万以下ならアリな機種。
Westone イヤホン UM3X
Westone イヤホン UM3X (JUGEMレビュー »)

モニターユースなら市販品ではトップか。ただし、カラーレーション薄すぎでつまらなく感じる人もいるかも。人気は無いですが、性能はWestone3より良いかと。ただし、音楽鑑賞にはWestone3のほうが好適です。
Sennheiser クローズド型ダイナミックヘッドホン HD25-1:2
Sennheiser クローズド型ダイナミックヘッドホン HD25-1:2 (JUGEMレビュー »)

色んなハイエンドポータブル機種が発売されてきましたが、なんだかんだで多くの人がリファレンスにしている機種です。とりあえず持っておくべき機種。いわゆる基準。ロックばかりと思われがちですが、以外となんでもいけます。
コンプライ イヤホンチップ T-500シリーズ(3ペア)
コンプライ イヤホンチップ T-500シリーズ(3ペア) (JUGEMレビュー »)

10proにはダブルフランジチップ無き今はこれがベスト。
PELICAN BOX マイクロケース 1010 ブラック
PELICAN BOX マイクロケース 1010 ブラック (JUGEMレビュー »)

乾燥剤いれてイヤモニ用ケースに。中にカメラ用にフォームを買ってきて自分で加工すると便利になります。
Ultimate Ears TRIPLE.Fi 10 PRO TF10PRO
Ultimate Ears TRIPLE.Fi 10 PRO TF10PRO (JUGEMレビュー »)

まさかの35000円切り。
以前の10proとはかなり音が変わっていますが、良い方向なので心配いりません。ローはボワつきを抑え、よりタイトでパンチがあり、ミッドの凹みも改善し、UE独特のブライトネスの高さはそのままで以前に比べて音のベールを一枚剥いだようなクリアさを感じます。
ER4S-B イヤホン
ER4S-B イヤホン (JUGEMレビュー »)

定番です。好みでなくても一つ持っているとリファレンスにはなります。もっと音量を取りやすい-Pも基本的な音の傾向は同じです。
SLEEK AUDIO SA6 SLK-EP-000001
SLEEK AUDIO SA6 SLK-EP-000001 (JUGEMレビュー »)

音の傾向はCT6と同じでハイが非常に綺麗。全体的にポップで明るい音調なので、原音再生とは異なるが音楽鑑賞には○ しかし基本性能の高さは充分備えている。音質を好みに変化させられるVQシステム搭載で遊べる。ケーブル交換もできてソツがない。アンプを通すとリニアに変化するのでそういった意味でもおすすめできる機種
キャパティ ドライボックス 8L グレー DB-8L-N
キャパティ ドライボックス 8L グレー DB-8L-N (JUGEMレビュー »)

IEMの保管にお勧め。たまに除湿してやると音が本当にシャッキリと、蘇ります。湿度計がついてこの値段は安い。 私はこれ2個使用しています。
(線材入れとIEM用)
なお、開け閉めにともないゴムパッキンが劣化するので適度に交換するのがベスト。
<< 006P 9Vリチウムイオン電池 | main | Null Audio Studio Original Quad Armature IEMファーストインプレッション >>
iBasso D4 Mamba エージング100時間完了(更新)
category: 【PHPA】ポータブルヘッドフォンアンプ関連 | author: bt1648
0
    btです。

    WM8740 DACチップをデュアルで搭載(パラレル接続)しているUSB DAC搭載アンプのiBassoD4のファーストインプレッションです。



    iBassoの新型、D4です。正直、あまり需要がなさそうですが個人的にポータブルなUSB DACが用途的にピッタリだったのと、D10の音が好みだったのでいってみました。
    サイズは結構小さめ。横幅も長さもD10より小さいような感じを受けます。重さは見た目通りという感じで割と普通です。筐体がかなりよくなっていて、P3+の時点でも大幅進歩していましたがさらに品質向上しています。



    iBassoでは初の006P型9V電池を採用しています。充電機能が無いのが惜しい感じはしますが、リチウム充電池を使用するケースを考えて安全性の点からあえてオミットしているのかもしれません。
    006P採用の為、9Vと小サイズを両立しています。ただ、iBasso製品の中では最も短いランタイムなのが残念です(10時間くらい)
    バッテリー駆動か、USB接続時バスパワーかをスイッチで切替できますが、バッテリー駆動のほうが明らかに音質的には有利です。



    ゲイン切替スイッチとヘッドフォン出力、入力&ラインアウトです。USB DAC単体動作の時は自動的に判別してくれます。便利。
    ボリュームは電源と一緒になっているタイプです。アルプス製の高品質ボリュームで10k Aカーブ スイッチ付きはiBasso特注なんじゃないでしょうか。ちなみに標準のボリュームノブから別のものに交換しています。



    サイズ比較。小さめ。全体的に洗練されたスタイルです。



    おまけで色違いのガワがついてきます。そんなに違う色でもないですが、保険としてもうれしいおまけではあります。



    表面実装は結構細かめで、改造するには気合いいりそう?に思います。



    ここがD4の一番のウリ、Dual WM8740です。L/R独立で動かしているはずです。



    コンデンサ群はかなり色んな種類です。ただ全部日本メーカー。注目すべきはカップリングコン(かな?)に東信工業UTSJが使用されています。ポータブルアンプでUTSJ採用は世界初。



    標準のオペアンプでかなり良い感じになっているので特に今のところ交換していません。ADA4627-1Bとかに交換したらさらに良くなるでしょうが今のところは交換したい、と思うことがないくらい満足しています。



    Edition8との相性はかなり良いです。もともと立ち上がりが非常に早いEdition8と、高い解像度とキレのある音のD4との組み合わせは若干やり過ぎかな?と予想していましたがそんなことは無くバッチルはまります。ただし、両方ともポータブル用機器にも関わらず本領発揮するのはPC/MacにUSB接続したときという何とも言えない感じです(笑)航空機や新幹線等長時間移動だったらば最高に近い環境とは思います。

    音質については、初め入手するまでは非常に懐疑的でした。もともと、D10にいくつもりでしたがひょんなことからteclast T51を入手しそのラインアウトの音が大変良かったためDual WM8740という構成に興味を持ち、結構自分としては冒険するつもりでD4にしました。しかし、到着してMacに接続した時の驚きは誇張無くここ2年の中で一番です。もう今までのUSB DACと全然レベルが違います。もちろん、据え置きとかの高級機は当然音が良いのですポータブルでしかも$219という安価な部類のものです。それでこの音は誰でもびっくりするんじゃないでしょうか。
    とにかく解像度が全然違います。特にチャネルセパレーションが気味悪いくらい良く、今まで聞こえてなかった音がたくさんあるのに気づかされます。まあ、良くある感想なんですがコレはホント一瞬動揺するレベルです。

    じゃあ!USB DACコンボでなくアンプ単体の性能もいいだろう!とおもってワクワクしながらアンプ単体動作させてみました。

    …何コレ。超微妙。アンプ単体としては使いたくない感じ…

    一気にテンションさがりましたが、不思議とコンボ動作させるといい塩梅になります。かといってDAC単体動作ともそこまで差は感じません。これは試聴されたみなさんも口をそろえて言っていた感想です。
    Mac-D4-Mogami2534 to RCA-STAX SRS-3000で聞いてみてもDAC自体の性能は非常に良いです。DAC-Amp comboでEdition8で接続してみても非常に良いです。しかし、アンプ単体はほんとに違う意味で動揺するレベルですね…。
    これ、ポータブルする要素が無い(笑)ただ、出張でPC/Macと一緒に持っていく場合とか、家ーオフィスで作業中に使うのには非常に良い感じです。

    USB接続する場面が多いならば超おすすめ、ポータブルアンプとして使うなら素直にPシリーズとかTシリーズのが良いです。
    同時にT4も入手しましたが、これは2分聞いて改造依頼に出してしましました。一次改造で3ch化、フィードバック変更、ゲイン変更、シグナルパスの表面実装パーツ交換でかなり生まれ変わりましたが、さらなる強化ということでオペアンプ交換、コンデンサ交換&超増量&BG超電解接続の予定です。正直一次改造の時点でT3を余裕で越えていましたが… もちろん音質と引き替えに電池持ちはかなり悪くなっているはずですが、往復の通勤程度では何ともないです。

    それましたが、D4は一度聞くべきです。もし、PC/MacとUSB接続して音楽聞く機会が少しでもある人は購入して絶対後悔はしません。この価格なら。というか、毎度毎度iBassoの価格設定は微妙におかしい気がします(笑)良いことですけどね。

    移動時はPortaphile V2^2、家や出張時はD4、荷物多すぎる時はT4という感じにうまく棲み分けされています。
    これ、アメリカではすっごく売れるんだろうなあ、って製品でした。
    comments(3) | trackbacks(0) | - | - | PAGE TOP↑
    イヤホンのことで質問いいですか?
    フォナックが出しているPFEっていうイヤホンがありますがご所有イヤホンに入っていますか?お持ちでしたらレビューお聞きしたいでぃす。
    by yamba (2009/12/24 6:33 PM)
    あけましておめでとうございます!
    今年も頑張って下さい!
    by yamba (2010/01/01 9:38 AM)
    もしかして倒れてしまったとか、死んでしまったとかですか!?
    警察に言った方がいいでしょうか?
    by まさか死んでしまったんですか? (2010/01/24 12:01 AM)






    この記事のトラックバックURL : http://jp.bt-fi.com/trackback/1292512
    SELECTED ENTRIES
    CATEGORIES
    ARCHIVES
    RECENT COMMENTS
    RECENT TRACKBACK
    LINKS
    PROFILE
    OTHERS
    SEARCH