イヤモニ、特にカスタムIEMのレビューとポータブルアンプのレビューを掲載しています。ケーブル関連製作についてはtwitterからお問い合わせ下さい。
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< March 2019 >>
RECOMMEND
ソニー ダイナミック密閉型ヘッドホンSONY MDR-ZX700
ソニー ダイナミック密閉型ヘッドホンSONY MDR-ZX700 (JUGEMレビュー »)

1万以下の密閉ポータブルでは個人的に最高にお気に入り。とにかく装着感が良く、軽く、見栄えも良い。音質もじっくり聞きにも耐えられる高レベル。
Westone イヤホン Westone3
Westone イヤホン Westone3 (JUGEMレビュー »)

唯一の3way、3レシーバーのIEM。パンチの効いた低音と伸びのある高音・自然な中域と非常に魅力的。UEほどブライトネス高くないが、ノリの良さは随一!音場感が魅力ですね。
Westone ケーブル交換が可能なカナル型ハイエンドモデルイヤホン WST-UM3XRC ブラック/クリア
Westone ケーブル交換が可能なカナル型ハイエンドモデルイヤホン WST-UM3XRC ブラック/クリア (JUGEMレビュー »)

WestoneのカスタムIEMに使われてる高品質ケーブルを採用しており、断線時の心配がない。基本的にはUM3Xと変わらないが、ケーブル交換式でこの価格は安い。
Sennheiser カナル型ヘッドフォン IE 8
Sennheiser カナル型ヘッドフォン IE 8 (JUGEMレビュー »)

ダイナミック型ならではの迫力ある低音と自然な音場感が魅力の機種。低音強めでウォームだが、高音自体はかなり高い所まで無理なく出ている。装着感がやや浅めで疲れにくく、音質を含めてヘッドホンからの乗り換えにはこれが最適な機種。
なんでも除湿シリカゲル 10g*20入
なんでも除湿シリカゲル 10g*20入 (JUGEMレビュー »)

IEMの保管に、ドライボックスの交換用除湿剤に。小さめで表面が不織布なのでWestoneモニターセーバー標準除湿剤からこれに変えてあげるとカスタムも入ります。
あとはガムケース再利用してこれを1個いれればお手軽モニターセーバー完成。おすすめ。再生利用可能。
audio-technica トリプルバランスドアーマチュアインナーイヤーヘッドホン ATH-CK100
audio-technica トリプルバランスドアーマチュアインナーイヤーヘッドホン ATH-CK100 (JUGEMレビュー »)

ミッド・ハイがかなり繊細でCK-10よりバランスも良好。本体の質感も良い。ボーカルモノではコレが一番と思えるソースも結構あり、3万以下ならアリな機種。
Westone イヤホン UM3X
Westone イヤホン UM3X (JUGEMレビュー »)

モニターユースなら市販品ではトップか。ただし、カラーレーション薄すぎでつまらなく感じる人もいるかも。人気は無いですが、性能はWestone3より良いかと。ただし、音楽鑑賞にはWestone3のほうが好適です。
Sennheiser クローズド型ダイナミックヘッドホン HD25-1:2
Sennheiser クローズド型ダイナミックヘッドホン HD25-1:2 (JUGEMレビュー »)

色んなハイエンドポータブル機種が発売されてきましたが、なんだかんだで多くの人がリファレンスにしている機種です。とりあえず持っておくべき機種。いわゆる基準。ロックばかりと思われがちですが、以外となんでもいけます。
コンプライ イヤホンチップ T-500シリーズ(3ペア)
コンプライ イヤホンチップ T-500シリーズ(3ペア) (JUGEMレビュー »)

10proにはダブルフランジチップ無き今はこれがベスト。
PELICAN BOX マイクロケース 1010 ブラック
PELICAN BOX マイクロケース 1010 ブラック (JUGEMレビュー »)

乾燥剤いれてイヤモニ用ケースに。中にカメラ用にフォームを買ってきて自分で加工すると便利になります。
Ultimate Ears TRIPLE.Fi 10 PRO TF10PRO
Ultimate Ears TRIPLE.Fi 10 PRO TF10PRO (JUGEMレビュー »)

まさかの35000円切り。
以前の10proとはかなり音が変わっていますが、良い方向なので心配いりません。ローはボワつきを抑え、よりタイトでパンチがあり、ミッドの凹みも改善し、UE独特のブライトネスの高さはそのままで以前に比べて音のベールを一枚剥いだようなクリアさを感じます。
ER4S-B イヤホン
ER4S-B イヤホン (JUGEMレビュー »)

定番です。好みでなくても一つ持っているとリファレンスにはなります。もっと音量を取りやすい-Pも基本的な音の傾向は同じです。
SLEEK AUDIO SA6 SLK-EP-000001
SLEEK AUDIO SA6 SLK-EP-000001 (JUGEMレビュー »)

音の傾向はCT6と同じでハイが非常に綺麗。全体的にポップで明るい音調なので、原音再生とは異なるが音楽鑑賞には○ しかし基本性能の高さは充分備えている。音質を好みに変化させられるVQシステム搭載で遊べる。ケーブル交換もできてソツがない。アンプを通すとリニアに変化するのでそういった意味でもおすすめできる機種
キャパティ ドライボックス 8L グレー DB-8L-N
キャパティ ドライボックス 8L グレー DB-8L-N (JUGEMレビュー »)

IEMの保管にお勧め。たまに除湿してやると音が本当にシャッキリと、蘇ります。湿度計がついてこの値段は安い。 私はこれ2個使用しています。
(線材入れとIEM用)
なお、開け閉めにともないゴムパッキンが劣化するので適度に交換するのがベスト。
<< 雑記 | main | Null Audio Studio Original Quad Armature IEM もうすぐ >>
FitEar 須山カスタムProto 668レビュー rev.2(10/3)
category: - | author: bt1648
0
    コメント欄にも結構書いてありますので、一応見てみて下さい。

    10/3一部加筆修正

    忘れない内に取りあえずメモ書き程度に。
    随時書き足します。あくまで自分用メモ…


    今のところ自分用メモなのでやや難解な感じになっていたりしますが修正しますのでご了承下さい。



    須山カスタム668レビュー




    ■FitEar須山カスタムProto668コンセプトモデル概要■

    A,構成及び使用レシーバーについて

    6way 6unit 8reciver
    構成(使用レシーバー)
    1,Knowles CI22955
    2,Sonion  17A003
    3,Sonion  31A007
    4,Sonion  (2300系バックベント付き技術サンプル-発売予定なし?未流通品)
    5,Knowles TWFK30017
    6,Knowles TWFK30017

    (外観と音の特徴で判断。→ このあたりから利きバランスドアーマチュアができる人間としてごく一部に気持ち悪がれる)
    ローからハイの順番で記載しています。

    CI22955はWestone3やFreQ Show、Fidelity Triples、UE10カスタム、UE7など有名どころに多様されている最も大型かつ高出力(142db SPL)なレシーバー、同等品としてはSonionの2000シリーズが該当します。2091は須山カスタム435のロー側レシーバーとして採用されています。
    ファットでボリューム感あるローを出すが、中に芯が通ったようなタイトさも持ち合わせている素敵なレシーバー。意外とハイ側まで伸びる。BAぽい音でなく割と自然。

    17A003はたぶん採用しているIEMは無いように思います。ローエンドも伸びず、ハイもダラ落ちだが、ローミッドの何とも言えない心地よさはこのレシーバーしか出せない感じ。美音系?多分このレシーバーは今後流行る。(といいな。)ただし、出力やローエンド伸びない割にサイズは非常に大きいのが難点。

    31A007はSE530やTF10proのロー側のデュアルレシーバー3300シリーズの半分だけ(シングル)のレシーバー。ミッドは大変魅力的だけども、ややじゃじゃ馬な感じ。これをワイドバンド化してデュアル化したものが3700シリーズ。これは須山カスタム435のミッドに使用されています。

    2300系のワーキングサンプルは聞いても全くどの機種か分からなかった。他の所は特徴があるのですぐ分かったけれども、聞いたことない上になんかそもそも特徴無い。
    →技術サンプルなので分かるはずありませんでしたw 668が壊れたらこのレシーバーが入手不可なので修理すら不可能というツンデレ要因。バックベント付きでワイドバンド化してるらしいが6wayなので無視してベント埋めているという明らかに使い方を間違った不遇な子。
    (注:須山氏の名誉の為にあえて書きますが、技術サンプルだからこそできる芸当です。そもそも668のコンセプトが「変態!変態!」「やっちゃった感まんまん」なのであえて逆をいったのかと。)

    →あまり癖の無い感じですが、ストリングスなんかはバランスドアーマチュアっぽくないとても自然な音色でいいです。市販希望!

    TWFK30017はホントに色んなIEMに使われている定番のBAです。
    これをハイ-ハイエンド用にパラレル接続しています。
    狙ったのはJH13proと同じように歪み感軽減、耐圧向上ですが、JH13proより少しだけこっちのが早かった?かも。

    JH13proは歪み感軽減、耐圧向上を目的にタンデムタイプを採用しています。FitEar形式でいえば336ですね。

    668はレシーバーの選定によってミッド-ハイまでは一発タイプでも上記の目的を達成しています。ハイ-ハイエンドは4発のレシーバーを使用することによって上記目的以外にも、個々のレシーバーが持つ音楽的に最適な出力になるようにしています。初回投稿にも記載ありますが、(下の方参照)TWFKは優れていますが、小さなボディゆえ出力が低く、マルチway化するとロー、ミッドの高出力レシーバーに負けて音が痩せたり、ピークとも言えない変な挙動が出たりするのが以前より気になっていました。435しかり、FreQ Showしかり、Weston3,ES3Xしかりです。
    その為、TWFK30017を2発使用する点については須山さんに強力にプッシュしていました。ハイ側にタンデムタイプを使用するJH13が出たのは本当に偶然でしょうね。JH13の構成については別エントリーで書きます。(10/3斜体部分追記)


    TWFK使われている例:
    Ultimate Ears700, ATH-CK10, JAYS q-jays(TWFK一発タイプ)
    ES3X(ミッド・ハイ)、Westone3(ミッド・ハイ)、UM3X(ミッド・ハイ)FreQ Show(ミッド・ハイ)須山カスタム323、435等々

    ただし、それぞれレシーバーにチューンドベースポートを設定したりクロスオーバーで色つけしてるので結構違う音にはなります。

    前述の1-4で4way,TWFKが内部で完結しているとはいえ2wayなので6wayとなります。もうひとつのTWFKはパラレル接続なので担当帯域は同じですから6wayのままです。

    TWFKはロー担当のFKベースとワイドバンド化FKを組み合わせたもので一発でもそうとういい音が出ます。高級イヤホン市場をターゲットにした珍しいレシーバーです。他はたいてい補聴器用レシーバーの中から使えそうなのを探してきます。

    例外中の例外は、低価格ながらER-4S譲りの高性能と低価格、iPodブームに乗っかってかなり売れたER-6シリーズのレシーバーです。ER-6シリーズは結構評判も高いですが、中身は専用の日本のスター精密製バランスドアーマチュアです。

    それましたが、TWFKは超小型です。マジで小さいのにデュアルです。当然かなり高額で、バランスドアーマチュアの中でもトップクラスに高額です。バックベントがついているので広帯域ですが、カスタムで作る時は配置場所を考えないと空気がある場所に設置できないし、かつ小さなベント(空気穴)に樹脂が少しでも入るとそれはゴミ箱行きという技術者泣かせでもあります。

    音はややハイ上がりというか金属的なキーンという音が耳に痛い
    ピークともいえない特殊な?現象が起こるのが弱点。ただし20kHzまで出ています。(フラットでなくだだ下がりですが、20kHz近辺だけなぜかまた少し持ち返す)全体的にとても繊細で綺麗な音ですが、私は金属的ななり方をするのと前述のキーン音が嫌いで一時期435から離れていました。
    小型レシーバーゆえ出力に余裕がなく、他の大型高出力なロー・ミッドレシーバーに負けて限界状態で働いているようです。



    写真ではわかりにくいですが、中心のデカイのが1,それにくっついてるのが2,一番手前にあるのが4,それにくっついてる少し大きいのが3,5,6はAntiHelix付近(名前が印字してあるところ)にあります。

    ハイ側レシーバーは極力耳に近く配置するのがセオリーなのですが、前述のとおりTWFKはバックベント付きなので空気が確保できるフェースプレート側になってしまいます。



    この集積度は凄いの一言。。。数いれるだけでなく、私の好みの音のレシーバを選び、かつ最大のサイズのレシーバーとそれに準ずるレシーバーをいれてますので重たいです…。

    この668は私が持っているものの中で唯一一度も音響抵抗を交換しなかったものです。というのも私の理想の音だったので変更する理由がなかったからです。

    また、このFitEar須山カスタム668は補聴器業を長年やってきた経験が生きています。まず色ですが、私の希望の色でなくクリアーです。それは、成形時にクリアーが内部面積を最も稼げるからだそうです。といっても1mm以下とか?
    それに加えて2つのレシーバーを一つの音導孔のセットする場合は無理矢理チューブをのばしてくっつけますが、668は特製Y字継ぎ手を製作しそれを利用しています。

    それのおかげか、TWFKのパラレル効果かはわかりませんが、TWFKパラレルは凄い!TWFKのいやな部分は全てなくなり、良い部分だけ出てきます。
    私はスペックシート上の最大出力時と適度な出力時では音は全く異なると常々思っていました。やはりそれぞれのレシーバーは音楽的なところで最も能力を発揮する入力ボリュームがあるようです。パラレルにすることでいつも負担懸かりがちなTWFKが本当の音を出してくれたように感じています。

    初めはネタで笑えれば、程度でしたがこれ以外にもかなり実験的要素が多くそれは今後のIEM開発に役立ちそうなのでフィードバックしていきます。
    もしかしたら近いうち新機軸の須山カスタムが出るかもしれませんよ?(笑)というか668の経験を活かした構成のものは既に試作済という噂も?

    音の特徴(後日追記します)
    ・フラット、異常な解像度、分離感、BAとは思えない広帯域、今までのIEMは何だったの?という感じ(言い過ぎか…)
    ・似ているIEMは無理矢理あげるならば435
    ・435をフラットにし、さらにローエンドとミッドの音楽性の向上、ハイは435の良さはそのままに弱点だけ消したような感じ

    →須山カスタム435の正常進化版
    これだと誤解ありますが、全体的な性能の事を言っているのであってバランスについては上記の通りローエンドとミッドの音楽性の向上があり、弱ドンシャリが一番ぴったりくるかもしれません。
    ただし、ミッドが遠いとかは無く良いバランスです。弱ドンシャリですが、メリハリのきいた明るい音調というイメージのが正しい表現に思います。(斜体部分10/3追記)


    ・ミッドのエロさが危険
    ・ハイはピークなくもの凄く高くまでのびていて、かつローもしっかりでているのは未だ信じがたい
    ・自分の好きな音を出すレシーバーをチョイスしてあるので自分好みになるのは当然、そこらへん差し引いてお読み下さい


    つまりすぎててクリアーのはずが半分シルバーになっているような?

    以下おまけ


    左は最新型のケーブルを装着したFitEar ProAudio須山カスタム335 rev.1です。右は量産前ベータ版新型ケーブル装着のFitEar須山カスタム668。335がスカスカに見えますが、5レシーバ積んでるIEMは世界にもそうないですので668がどれだけ詰め込んでるかおわかりになると思います。



    FitEar ProAudio335 rev.1参考画像

    また後日再度手直しと加筆します。
    comments(21) | trackbacks(0) | - | - | PAGE TOP↑
    なんだかものすごい感じですね…BAの配置がわかってしまうとは驚きです。できたら333のBA構成を教えていただきたいです
    by とむ (2009/09/25 12:47 PM)
    とむさん

    TWFKとかはかなり特徴的な音なので慣れればすぐわかりますよ。
    333は開発中で構成が変わっていると思いますので、今は知りませんが初期型の私のものはCI22955と2389が使われています。もう一つは333のウリの一つなので私の口からは言えません。
    by bt (2009/09/28 2:07 AM)
    668の話題じゃなくてすんません(汗)JH13proを買おうと思ってるんですけど、btさん的にはJH系列はお勧めできないですか?
    UE11proとか須山さんの668を狙ったほうがbetterでしょか?
    by kippe (2009/09/28 7:31 PM)
    だから668はでないってww
    by (2009/09/28 8:14 PM)
    ぐぎぎ、、、
    でも気になる、気になるぅぅぅ
    そして668が欲しい。
    BA変わってしまってもいいから!

    音場がUEより広いのかとか、435にある刺さり画ないのか、きになるのです。
    by (2009/09/29 12:01 AM)
    kippeさん

    Jerry氏の持っているノウハウはおそらく世界一だと思いますし、レシーバーのコンビネーション、クロスオーバーの設定に関しては天才的だと私は思っています。
    ただ、Jerry氏が開発したUEのモデルも初期は結構問題があったり、音質的に今のような評価をうけていたわけではありません。
    フィードバックからの改良を重ねて今に至ってるんだと思います。

    なので待ってればもっと良くなるかなぁ、などと妄想してるので手が出せないだけです。

    あと、ネックなのがシェルの作成品質があまりよくないことです。Sleekのが良い、というレベルです。あとおそらく特許の関係でしょうが最上位のJH13でもコネクタが外部に露出しているタイプなので耐久性が気になります。

    JH13はかなり良いと思いますし、欲しいですが音質や構成的にプロユースの方が実力を発揮できるのでは、とも思います。
    すっごい良いものですし、欲しいんですがずっと聴いていたいという魔力というか魅力はUE11とか333のがあるように思います。特定のターゲットを設定してるほうが汎用性は欠けるけども、ハマれば強いってイメージでしょうか。あとは私のよく聴く音楽が単純に低音重視なのもあったりして、完全に好みですが…

    あと、これも個人差大きいですがJH13は6個のBAのうち4個がKnowlesの割とポピュラーでそこそこ前からあるタイプなのでUEのようにブライトネスが高い音でなく地味系です。煌びやかというよりしっとりとか、丁寧に淡々と、みたいなイメージがあります。まあこのあたりは寝言程度にとらえてください。

    シェル品質等含め無難にいくならUE11、最新の最上位機種を狙うならJH13、国内で完結してフィット感を重視するなら須山カスタムという感じでしょうか。

    参考にならずすみません。
    by bt (2009/09/29 2:05 AM)
    名無しさん

    仰るとおり668は出ません、というか出せません。668に関しては私が希望して作ってもらったわけでなく、既製品のカスタム化の際にお願いした件が実現できなかったので、代替として用意してもらったのですが途中から悪ノリが入り(?)完成したのはなぜかこんなものでした。
    しかも笑い飛ばせる音質ならともかくかなりシリアスにバランス取りしてきたので私自身困惑してるというのが本音でもあります。

    基本的には「お遊び」です。それ以上でもそれ以下でもないです。

    ただ、Y字継ぎ手やデュアルアーマチュアをさらにタンデムにするなど普通じゃ絶対できない実験的試みが出来たのはいいことだと思います。

    668は今後作成されません。というのも無闇にway数やレシーバー数を増やしても無意味どころかマイナス要素が発生してくるからです。
    レシーバー数は少なければ少ないほうが理想的です。多くても3wayで5個もしくは6個が音質面や制作面でぎりぎりメリットがデメリットを上回る上限だと思います。
    (435は内部完結してるレシーバー使用なので実質クロスオーバーは3way)

    668は435にある刺さりは全くありません。が、435よりさらにハイは伸びますし435で時たま感じる金管楽器の等の金属的な違和感など欠点は払拭されています。

    詳細は省きますが、ハイ側レシーバーの特性というか根本的な弱点を変わったアプローチで解消しています。

    これは今後の新機種に生かせると思っていますので、色々とフィードバックはしています。

    668系統で出るとしたら446、445ではないかと。レシーバ構成は今のところ秘密です…。まあそもそもバランス取りできなかったらそこでおしまいなんで、未定としか言えないです。

    音場は音量によって変化する不思議なやつですが、狭いと思ったことはありませんし、圧迫感は感じません。UE7やTF.10proよりは広いです。
    by bt (2009/09/29 2:30 AM)
    446、出て欲しいです!しかし668に近い機種が出て欲しいんですが(泣)

    ところで、starkyやACSとかいうメーカーの評判はbtさんの周りではあんまり聞かないですか?ACSは欧州で評判らしいですし、starykyは補聴器会社なので信頼できそうですが。

    もちろん446が出たらそちらを買いますが(笑)
    by kippe (2009/10/01 8:09 PM)
    はじめまして。いつも参考にさせていただいてます。
    先日初めてのカスタムIEMとしてPrivate333を買いましたが、左側の適合が甘く、隙間があるようで困っています。
    また、密閉性に関してはユニバーサルよりも高いものなのでしょうか?
    右側も問題ないのですが、軽く押さえればさらに密閉されますし…
    押さえた時の音質はとても気に入っているんですが……
    by クワトロ (2009/10/01 9:30 PM)
    UE7とUE10は同じドライバーを使っているんですか。
    使い分けできるものですか?
    どちらか片方あれば事足りるでしょうか。
    (普通はどっちかあればいい機種なんでしょうね^^; 使い分けるんだったら違うメーカですよね。)
    by 鉄筋モルタル (2009/10/02 11:54 PM)
    kippeさん

    いまだ構想段階ですし、なんとも>446
    ただ、最大で4wayですね。レシーバー数もway数も増やせば増やすだけデメリットが大きくなります。
    あと、現実問題668がリリースされたとしても価格がEdtion9とEdition8両方とも余裕で買える金額になるかと。

    今はProAudio333(仮)のPrivate版333(今の333とは別物)の登場を期待しましょう。

    ACSは値段の高さがネックです。素材特性上、フルカナルでオールシリコンは高域特性が悪いのであくまで特殊用途でしょうか。ハードシェルの技術が発達したのでNoise Isolationの面でシリコンに固執することもないかな、と。一応日本にも売ってくれますが、Salesの対応はあまりよくない印象です。聞いた話だと40ショア硬さのシリコンらしいですが、3ドライバーで40ショアは物理的に無理ありすぎ。壊れるの早いのでは?
    といいつつ、ポンド安になったら行きたいと思っています。
    Starkyは低価格で色々リリースしていますが、情報が少なすぎます。Incredible EarsのOEM元かも。
    by bt (2009/10/04 2:07 AM)
    クワトロさん

    初カスタムおめでとうございます!
    333は欠点らしい欠点もなく、割とジャンルを選ばす長くつきあえる良い機種だと思います。

    333のレビューを怠っているのは購入者が多いから他の人がやってくれるだろうという怠け癖のせいです…。

    さて、シェルの適合が悪いとのこと。
    カスタムメーカにもよりますが、基本的には密閉はユニバーサルよりカスタムのが高いです。
    例外的にERシリーズ3段キノコを限界まで突っ込んだ時のがやや高いような気もしますが、負担が高いです。

    (限界まで突っ込むというのは4S自体が全て耳穴に入っていて外から見えるのはケーブルだけという状態。太く、まっすぐでないと入りません)

    333のシェルフィット不適合に関しては、直接須山さんに問い合わせてみて下さい。可能であれば、直接お話して調整するほうが良いです。
    場合によってはインプレッション取り直し、シェル再作成ということもありますが須山カスタム自体は文句なく最高のフィット感です。

    フィット感、遮音性が悪いカスタムはゴミ以外の何者でもないので私は須山カスタムのファンだったりするわけです。

    まずは須山歯研にコンタクトを取ってみて下さい。
    by bt (2009/10/04 2:19 AM)
    鉄筋モルタルさん

    UEカスタム製品は時期により使用レシーバーが異なります。
    音も異なりますし。ですので、7と10は同じというと誤解があります。
    内部の一部が同じでそれも時期によって異なる、という感じでしょうか。

    ちょっと前
    UE10 ローミッド CI22955
    UE7 ローミッド 2091

    最近
    UE7 ローミッド CI22955
    ローミッド CI30029

    イメージ的にはこんな感じですが、UE7の音がUE10に近づいているのは事実です。

    使い分けできるかどうかの答えは「YES」です。

    ただし、使い分けはその方のパート(ベーシストなのか、ドラマーなのか、ボーカリストなのか、それともモニターエンジニアなのか)によって異なります。

    音楽鑑賞においてはUE10一択で問題ないと思います。

    鉄筋モルタルさんが何を求めているかで選択は変わります。

    個人的おすすめスパイラル回避コンビネーションは、
    UE10
    FitEar Private435
    FitEar Private333
    (もしくはnull 10pro+mod)

    UE10をリファレンスに、それぞれ中高、低に特徴あるカスタムですので全てのジャンルに対応できます。約30万コースになりますが、下手にスパイラル突入よりいいかな?w

    Sleekも良いですが、ローエンドが絶望的です。

    by bt (2009/10/04 3:46 AM)
    hello btさん

    nullのオリジナルカスタムイヤホンは3機種の予定らしいですねぇ。
    2wayと3wayと4way。
    私もnullは利用するんでもうすぐ発表しますよと言われわするものの、いつになることやら...

    ところで、
    今後、須山435の上位機種は出ないんでしょうか?
    435は高域の鋭さと音場の若干の狭さを改善してほしいので、次のUE並の音場とUE以上の帯域バランスのいい機種が出てほしいですねぇ...
    ナチュラル!+音場!+聴きやすい!
    が揃った446とか445とかが出たらすぐ買うんですが。
    by k (2009/11/09 8:21 PM)
    kさん

    うーん、nullはかなり人手不足なようで色々と心配です。結局、完成したから送るといった新型Quadモデルも音沙汰無しです。

    435新型の話は今は聞きませんね。おそらく正式販売をまず優先させるのではないでしょうか。
    ただ、435のハイ側の痛い音(notピーク)については把握しているようなのでこのあたりを今後改善してくるとは思います。

    TWFKの宿命ではあるんですが、パラレル接続で解決出来ています。ただし、コストとサイズの面であまり現実的ではないかな、とは感じます。(ハイ側だけで、片側にUE700を2個積んでるようなもの)

    帯域バランスというと、ピークやディップがなくフラットということでしょうか。
    そういう意味でしたら、現状須山カスタムはUEよりバランス優れた機種ばかりです。

    UEはディップをガッツリだしてもピークは絶対出さない音作りなので聴覚上は優秀には思えます。どちらが正解というのも無いかと。

    音場はUEカスタム、別にそこまで広くないかと思うのですが… というかカスタムで広いのって聞いたことありません。多少広め、狭めというのは感じますが決定打ではないですね。

    ナチュラルな音というのは私も希望しています!結構モロにバランスドアーマチュアの音がしちゃうので聞き疲れすることもありますし。
    by bt (2009/11/09 11:06 PM)
    うーん、私の糞耳ではUEは音場広く感じます...

    須山の新フラグシップ出てほしいですねぇ。
    さすがに4年以内には出ますよねw

    そのときには、音場広くて何時間も聴けてる上に、ヴォーカルに艶がある美音のカスタムとか、超レベル高いのが発表されていることでしょう。
    bt氏からのフィードバックもあるでしょうしねww
    日本国内で音質でも評判でもUEを超えるよう応援してます。
    by k (2009/11/14 1:41 AM)
    kさん

    いや、私のが糞耳ですよw
    あとは、カスタムは人によって形状が異なるので音場の比較は非常に困難です。バランスドアーマチュアは一つのスピーカーと考えることができるので、ハウジングのサイズは一定です。なので、影響してくるのは音導孔長さやポート形状です。UEは工夫しているので広く感じますが、それでもユニバーサルのが有利だとは思います。

    色々と出てきていますが、新型のレシーバが出ない限り大幅な進歩はないかなーとも思います。ネットワークでバランス取るのも限界がありますし…
    by bt (2009/11/14 2:10 AM)
    新型のレシーバーですか。
    レシーバーについては無知なんですが、価格が高くても良いのでネットワークー不要の超広帯域&小型レシーバーが出て欲しいです。
    そしてそれを使って須山補聴器さんの次のハイエンドには小型カスタムを付くって欲しいw
    →耳の中にすっぽり入って外から分からない&ワイヤレス等々。

    ところで上でTWFKの話題が出てますけどUE700ってER-4Sとかよりハイ上がりなんでしょうか。UE700の音は好きなんですけど耳に悪そうですよね。
    by k (2009/11/15 8:42 PM)
    追記で〜
    ちなみに小型カスタムっていうのは須山さんが昔作ってたE3のカスタムみたいな感じの想定してます。
    by k (2009/11/15 9:42 PM)
    kさん

    UE700はハイ上がりというかTWFK特有のピークでもない金属音が痛いのが特徴ですね。とても良いものですが、好き嫌いはでるかもです。

    最近の潮流としては広帯域化・高出力化・小型化が進んでいるので近い未来にはでるとは思います。

    小型タイプのレシーバー一発なら今でもすくれますよ。セミカナルが限度で、CIC型はケーブル取り回しと強度面で色々困難に思いますし、メリットがあまりないです。
    ただ、夢はひろがりますね!
    by bt (2009/11/18 1:20 AM)
    >TWFK特有のピークでもない金属音が痛いのが特徴・・・
    ピークではなかったんですか。twfk入りのイヤホン聞いてると4Sより高域難聴になりやすいんじゃね?と思うことがあるんですが、大丈夫ということでしょうか。
    気持ちの問題でフォームを使用するようにはしていますが...

    須山さんのことは超応援してるんで、UEやJHを超えるハイエンドリスニング用カスタムを作ってもらいたいですね。
    本当に期待していますよww
    by k (2009/11/21 8:55 PM)






    この記事のトラックバックURL : http://jp.bt-fi.com/trackback/1267941
    SELECTED ENTRIES
    CATEGORIES
    ARCHIVES
    RECENT COMMENTS
    RECENT TRACKBACK
    LINKS
    PROFILE
    OTHERS
    SEARCH