イヤモニ、特にカスタムIEMのレビューとポータブルアンプのレビューを掲載しています。ケーブル関連製作についてはtwitterからお問い合わせ下さい。
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< August 2018 >>
RECOMMEND
ソニー ダイナミック密閉型ヘッドホンSONY MDR-ZX700
ソニー ダイナミック密閉型ヘッドホンSONY MDR-ZX700 (JUGEMレビュー »)

1万以下の密閉ポータブルでは個人的に最高にお気に入り。とにかく装着感が良く、軽く、見栄えも良い。音質もじっくり聞きにも耐えられる高レベル。
Westone イヤホン Westone3
Westone イヤホン Westone3 (JUGEMレビュー »)

唯一の3way、3レシーバーのIEM。パンチの効いた低音と伸びのある高音・自然な中域と非常に魅力的。UEほどブライトネス高くないが、ノリの良さは随一!音場感が魅力ですね。
Westone ケーブル交換が可能なカナル型ハイエンドモデルイヤホン WST-UM3XRC ブラック/クリア
Westone ケーブル交換が可能なカナル型ハイエンドモデルイヤホン WST-UM3XRC ブラック/クリア (JUGEMレビュー »)

WestoneのカスタムIEMに使われてる高品質ケーブルを採用しており、断線時の心配がない。基本的にはUM3Xと変わらないが、ケーブル交換式でこの価格は安い。
Sennheiser カナル型ヘッドフォン IE 8
Sennheiser カナル型ヘッドフォン IE 8 (JUGEMレビュー »)

ダイナミック型ならではの迫力ある低音と自然な音場感が魅力の機種。低音強めでウォームだが、高音自体はかなり高い所まで無理なく出ている。装着感がやや浅めで疲れにくく、音質を含めてヘッドホンからの乗り換えにはこれが最適な機種。
なんでも除湿シリカゲル 10g*20入
なんでも除湿シリカゲル 10g*20入 (JUGEMレビュー »)

IEMの保管に、ドライボックスの交換用除湿剤に。小さめで表面が不織布なのでWestoneモニターセーバー標準除湿剤からこれに変えてあげるとカスタムも入ります。
あとはガムケース再利用してこれを1個いれればお手軽モニターセーバー完成。おすすめ。再生利用可能。
audio-technica トリプルバランスドアーマチュアインナーイヤーヘッドホン ATH-CK100
audio-technica トリプルバランスドアーマチュアインナーイヤーヘッドホン ATH-CK100 (JUGEMレビュー »)

ミッド・ハイがかなり繊細でCK-10よりバランスも良好。本体の質感も良い。ボーカルモノではコレが一番と思えるソースも結構あり、3万以下ならアリな機種。
Westone イヤホン UM3X
Westone イヤホン UM3X (JUGEMレビュー »)

モニターユースなら市販品ではトップか。ただし、カラーレーション薄すぎでつまらなく感じる人もいるかも。人気は無いですが、性能はWestone3より良いかと。ただし、音楽鑑賞にはWestone3のほうが好適です。
Sennheiser クローズド型ダイナミックヘッドホン HD25-1:2
Sennheiser クローズド型ダイナミックヘッドホン HD25-1:2 (JUGEMレビュー »)

色んなハイエンドポータブル機種が発売されてきましたが、なんだかんだで多くの人がリファレンスにしている機種です。とりあえず持っておくべき機種。いわゆる基準。ロックばかりと思われがちですが、以外となんでもいけます。
コンプライ イヤホンチップ T-500シリーズ(3ペア)
コンプライ イヤホンチップ T-500シリーズ(3ペア) (JUGEMレビュー »)

10proにはダブルフランジチップ無き今はこれがベスト。
PELICAN BOX マイクロケース 1010 ブラック
PELICAN BOX マイクロケース 1010 ブラック (JUGEMレビュー »)

乾燥剤いれてイヤモニ用ケースに。中にカメラ用にフォームを買ってきて自分で加工すると便利になります。
Ultimate Ears TRIPLE.Fi 10 PRO TF10PRO
Ultimate Ears TRIPLE.Fi 10 PRO TF10PRO (JUGEMレビュー »)

まさかの35000円切り。
以前の10proとはかなり音が変わっていますが、良い方向なので心配いりません。ローはボワつきを抑え、よりタイトでパンチがあり、ミッドの凹みも改善し、UE独特のブライトネスの高さはそのままで以前に比べて音のベールを一枚剥いだようなクリアさを感じます。
ER4S-B イヤホン
ER4S-B イヤホン (JUGEMレビュー »)

定番です。好みでなくても一つ持っているとリファレンスにはなります。もっと音量を取りやすい-Pも基本的な音の傾向は同じです。
SLEEK AUDIO SA6 SLK-EP-000001
SLEEK AUDIO SA6 SLK-EP-000001 (JUGEMレビュー »)

音の傾向はCT6と同じでハイが非常に綺麗。全体的にポップで明るい音調なので、原音再生とは異なるが音楽鑑賞には○ しかし基本性能の高さは充分備えている。音質を好みに変化させられるVQシステム搭載で遊べる。ケーブル交換もできてソツがない。アンプを通すとリニアに変化するのでそういった意味でもおすすめできる機種
キャパティ ドライボックス 8L グレー DB-8L-N
キャパティ ドライボックス 8L グレー DB-8L-N (JUGEMレビュー »)

IEMの保管にお勧め。たまに除湿してやると音が本当にシャッキリと、蘇ります。湿度計がついてこの値段は安い。 私はこれ2個使用しています。
(線材入れとIEM用)
なお、開け閉めにともないゴムパッキンが劣化するので適度に交換するのがベスト。
<< Fidelity Custom Duals & Triples再比較 | main | ER-4S+UEケーブル変換コネクタ >>
Ultimate Ears UE7pro Refit&Color fix
category: 【カスタムIEM】Ultimate Ears | author: bt1648
0
    (当初書いたエントリがOS Xが落ちた時に消えたので大幅に要約して書き直しています)

    Ultimate Ears UE7proとUE4proの修正が終わって手元に戻ってきました。当初からフィット感が悪かったのとUE7proのほうは右シェル側が全く違う色になっていたので少し前に修正に出したのですが、かなり早く戻ってきました。通常の製作より修正の方が優先度高いようです。

    修正後のUE7pro


    修正した点は、
    ・右シェル内側の突起の削除(UE7&UE4)
    ・左右シェルのカナル部分先端の肉盛り(UE7&UE4)
    ・右シェルの色修正(UE7)
    ・どうせ作り直しなのでチタニウムプレートとアートワーク追加(UE7)
    ・左右シェル全体の表面コーティング見直し(UE7&UE4)
    と結構多い感じです。

    修正の流れは、
    ・初回到着時にすぐにsalesに色違い等間違いを指摘
    ・修正点をsalesと相談 → Repair Request Sheetをもらう
    ・それに記入してUE7&UE4をEMSでUEへ送付
    ・修正担当より最終確認
    ・FedEx International Priorityにて到着
    という感じです。

    EMS送付から3日でUEへ到着、5日で修正完了、2日で手元に到着と合計10日しかかかっていません。

    が、人柱精神が働いてフィッティング無償修正の期限30日間をギリギリ超えて送付したらどういう対応をとるかが気になり送ったのはつい最近です。無論、当初より有償修正のつもりでしたし(忙しくて送付できなかったのも事実)、Salesにもその旨伝えてありましたが結局無料になったようです。
    UEのsalesからは「こちらの完全なミスなので期限など気にしないで欲しいし、なるべく早くかつ完璧に仕上げるつもりです」と言われてしましました。シリアスな台詞の後に息子自慢が脈絡も無く入ってくるあたりがフレンドリーというかアメリカンというか…(笑)



    左側は色は理想通りなのでシェルの微調整のみ、右側は新規作成です。色はクリアー。チタニウムプレートを今回の調整時に追加したのでシェル内側からみるとプレート裏側が黒っぽく見えています。



    修正済のUE7proとUE4proです。UE4proは色がクリアのみですが、UE7proのクリアーと比べると透明度が下がるように思います。個体差かもしれませんが、ちょっと不思議。



    作り直したUE7の右側です。元のオーダーに無かったチタニウムプレート+アートワークを追加しました。チタニウムプレート(実際の素材は??)はヘアライン仕上げでかなり見栄えがします。アートワークは数分で適当に自分で作ったやつですが、綺麗に印刷されています。



    写真ではわかりにくいですが、カナル部分先端が太くなっています。UEはもとから外耳道入り口付近を思いっきり太くして、そこで遮音性と保持力を付与する作り方なので、人によってはジャストフィットする位置を決めにくいかもしれません。また、国外からの直接オーダーの場合は、先端を細く作成する傾向があるようなのでこれも気になる方は事前に打ち合わせしておいたほうがいいかもしれません。
    私は遮音性はいいものの、外耳道入り口の窮屈さと先端が動いて痛いのがかなり気になりました。また、AntiHelix付近のおさまりが悪いのでシェルがぐらぐらするのも気になっていました。まあ、実用上問題はそこまでないのですが、長時間装用は疲れる感じですし何より装着時に手間取ります。
    今回の修正で自分的ベストな装着感になりました。日本人相手に日本語でも伝えにくい内容なので、要望は写真に矢印で「ココをこういう感じに」とコメント付けたものを5枚ほど送ってやり取りしていました。向こうでもLabの人間に伝えやすいから助かるということで好評でした。

    というわけでUEのサポートは自分が知る限り最もしっかりしているように感じます。担当が休暇でも他の担当が対応してくれますし、フレンドリーな感じではありますがこちらの言うことは全て聞いてくれます。
    例えば…
    ・発送方法は標準のではなくて最も早いUPS SaverかFedEx International Priorityで送って
    ・後からチタニウムプレート&アートワークを追加して
    ・Wax loopを5本くらい売ってくれ(タダでくれました)
    などなどあげたらキリがないわがままも迅速対応です。

    参考までにかかった費用ですが、以下のようになります。
    ・UE7pro本体  $850
    ・5Day Rush $100
    ・Custom Color $50
    ・Artwork $100($50 each)
    ・Titanium Plate$100
    ・交換ケーブル $32
    ・送料     $75
    これに加えインプレッション採取で5000円、EMSで1300円くらい別途かかります。計$1350程度でしょうか。

    肝心の音は、UE11より好みです。UE7はUE10よりLowが少しだけ強いですが、使用しているレシーバーの特性もありかなりタイトでパンチのある音です。高域の伸びはUE11の方があるとは思いますが、ローが強すぎて相対的に弱く感じてしまうのと、そもそもUE11の低音の制動感の無さは個人的に好きになれないので私にとってはUE7proが一押しです。

    ただこれはUEのsalesも言っていたことですが、7,10,11は絶対的な性能差は無く使用用途や好みで選ぶものだそうです。確かにUE7とUE10は使用しているレシーバーは以前は違いましたが今は同じようです。(ハイ側 Sonion2389 ロー側 Sonion 2091A or Knowles CI22955 or CI30029) 作成時期によってUEカスタムの使用レシーバーはころころ変わってネットワークも変わるのでどっちが良い、というのは非常に決めにくいです。ただ、人に勧めるなら安いけど高性能なUE4proか無難だけど飽きないしリファレンスになるUE10かな、というのが個人的意見です。(注:好みや用途によって変わります)

    この次はUE7proのレビューと、低価格カスタムのクロスレビュー、ついでにSleek Audio CT6カスタムのレビュー2、UE4proのレビュー2、須山カスタム試作機668のレビュー(内心ビクビク)を予定しています。また、JHAのJH5proかJH10x3proどちらにするか非常に迷っています。

    ではでは、書くのが遅くて申し訳ありませんがTwitterでフォローしてくれれば更新時自動にtweetされますし、私に「レビューまだー?」と催促ができます(笑) 言われないと動かない人間なので…。ってダメ人間の鏡ですねー。
    comments(0) | trackbacks(0) | - | - | PAGE TOP↑






    この記事のトラックバックURL : http://jp.bt-fi.com/trackback/1267238
    SELECTED ENTRIES
    CATEGORIES
    ARCHIVES
    RECENT COMMENTS
    RECENT TRACKBACK
    LINKS
    PROFILE
    OTHERS
    SEARCH