イヤモニ、特にカスタムIEMのレビューとポータブルアンプのレビューを掲載しています。ケーブル関連製作についてはtwitterからお問い合わせ下さい。
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>
RECOMMEND
ソニー ダイナミック密閉型ヘッドホンSONY MDR-ZX700
ソニー ダイナミック密閉型ヘッドホンSONY MDR-ZX700 (JUGEMレビュー »)

1万以下の密閉ポータブルでは個人的に最高にお気に入り。とにかく装着感が良く、軽く、見栄えも良い。音質もじっくり聞きにも耐えられる高レベル。
Westone イヤホン Westone3
Westone イヤホン Westone3 (JUGEMレビュー »)

唯一の3way、3レシーバーのIEM。パンチの効いた低音と伸びのある高音・自然な中域と非常に魅力的。UEほどブライトネス高くないが、ノリの良さは随一!音場感が魅力ですね。
Westone ケーブル交換が可能なカナル型ハイエンドモデルイヤホン WST-UM3XRC ブラック/クリア
Westone ケーブル交換が可能なカナル型ハイエンドモデルイヤホン WST-UM3XRC ブラック/クリア (JUGEMレビュー »)

WestoneのカスタムIEMに使われてる高品質ケーブルを採用しており、断線時の心配がない。基本的にはUM3Xと変わらないが、ケーブル交換式でこの価格は安い。
Sennheiser カナル型ヘッドフォン IE 8
Sennheiser カナル型ヘッドフォン IE 8 (JUGEMレビュー »)

ダイナミック型ならではの迫力ある低音と自然な音場感が魅力の機種。低音強めでウォームだが、高音自体はかなり高い所まで無理なく出ている。装着感がやや浅めで疲れにくく、音質を含めてヘッドホンからの乗り換えにはこれが最適な機種。
なんでも除湿シリカゲル 10g*20入
なんでも除湿シリカゲル 10g*20入 (JUGEMレビュー »)

IEMの保管に、ドライボックスの交換用除湿剤に。小さめで表面が不織布なのでWestoneモニターセーバー標準除湿剤からこれに変えてあげるとカスタムも入ります。
あとはガムケース再利用してこれを1個いれればお手軽モニターセーバー完成。おすすめ。再生利用可能。
audio-technica トリプルバランスドアーマチュアインナーイヤーヘッドホン ATH-CK100
audio-technica トリプルバランスドアーマチュアインナーイヤーヘッドホン ATH-CK100 (JUGEMレビュー »)

ミッド・ハイがかなり繊細でCK-10よりバランスも良好。本体の質感も良い。ボーカルモノではコレが一番と思えるソースも結構あり、3万以下ならアリな機種。
Westone イヤホン UM3X
Westone イヤホン UM3X (JUGEMレビュー »)

モニターユースなら市販品ではトップか。ただし、カラーレーション薄すぎでつまらなく感じる人もいるかも。人気は無いですが、性能はWestone3より良いかと。ただし、音楽鑑賞にはWestone3のほうが好適です。
Sennheiser クローズド型ダイナミックヘッドホン HD25-1:2
Sennheiser クローズド型ダイナミックヘッドホン HD25-1:2 (JUGEMレビュー »)

色んなハイエンドポータブル機種が発売されてきましたが、なんだかんだで多くの人がリファレンスにしている機種です。とりあえず持っておくべき機種。いわゆる基準。ロックばかりと思われがちですが、以外となんでもいけます。
コンプライ イヤホンチップ T-500シリーズ(3ペア)
コンプライ イヤホンチップ T-500シリーズ(3ペア) (JUGEMレビュー »)

10proにはダブルフランジチップ無き今はこれがベスト。
PELICAN BOX マイクロケース 1010 ブラック
PELICAN BOX マイクロケース 1010 ブラック (JUGEMレビュー »)

乾燥剤いれてイヤモニ用ケースに。中にカメラ用にフォームを買ってきて自分で加工すると便利になります。
Ultimate Ears TRIPLE.Fi 10 PRO TF10PRO
Ultimate Ears TRIPLE.Fi 10 PRO TF10PRO (JUGEMレビュー »)

まさかの35000円切り。
以前の10proとはかなり音が変わっていますが、良い方向なので心配いりません。ローはボワつきを抑え、よりタイトでパンチがあり、ミッドの凹みも改善し、UE独特のブライトネスの高さはそのままで以前に比べて音のベールを一枚剥いだようなクリアさを感じます。
ER4S-B イヤホン
ER4S-B イヤホン (JUGEMレビュー »)

定番です。好みでなくても一つ持っているとリファレンスにはなります。もっと音量を取りやすい-Pも基本的な音の傾向は同じです。
SLEEK AUDIO SA6 SLK-EP-000001
SLEEK AUDIO SA6 SLK-EP-000001 (JUGEMレビュー »)

音の傾向はCT6と同じでハイが非常に綺麗。全体的にポップで明るい音調なので、原音再生とは異なるが音楽鑑賞には○ しかし基本性能の高さは充分備えている。音質を好みに変化させられるVQシステム搭載で遊べる。ケーブル交換もできてソツがない。アンプを通すとリニアに変化するのでそういった意味でもおすすめできる機種
キャパティ ドライボックス 8L グレー DB-8L-N
キャパティ ドライボックス 8L グレー DB-8L-N (JUGEMレビュー »)

IEMの保管にお勧め。たまに除湿してやると音が本当にシャッキリと、蘇ります。湿度計がついてこの値段は安い。 私はこれ2個使用しています。
(線材入れとIEM用)
なお、開け閉めにともないゴムパッキンが劣化するので適度に交換するのがベスト。
<< 須山カスタムPrivate333 写真比較 | main | Null Audio Studio オリジナル4ドライバーカスタムIEM >>
Portaphile V2^2 Maxxed到着
category: 【PHPA】ポータブルヘッドフォンアンプ関連 | author: bt1648
0
    こんにちは、btです。体調はだいぶ持ち直してきました。

    さて、家に海外から荷物が届いたというので持ってきてもらったらば注文したことをすっかり忘れていたPortaphile V2^2でした。ちょうど注文したときに3週間かかるよ+明日からバケーションだから連絡とれないよ、とCesar氏から言われていたのですが、その頃他にUEカスタムとかBlackGateを$300近く買ってたので完全に忘れていたようです。



    大変個性あふれるPHPAで有名かとは思いますが、一応簡単に説明します。AD8610×3のオペアンプ、BUF634を各チャンネルごとに2個で計6個、LT1210による高精度な中点、もう全然市場に出回っていないBlackGate1500μFのコンデンサ、と非常に豪華なパーツ構成になっています。これを006P型電池1本で駆動します。価格は$275。価格帯的には中堅〜やや高級機くらい(?)ですが、機能は非常にシンプルで、USBDAC機能はもちろん、バスブーストやクロスフィードも充電機能すらありません。ゲイン切り替えは内部のDIPスイッチで切替(2.5-7.0だったかな?)くらいで他は音質に直接関わる部分のオンオフのみです。
    しかし、非常に攻撃的でノリの良い特徴的な音はPortaphile V2^2でしか味わえません。とにかくロックに合う合う。それ以外にも打ち込み、特にジャングルやゴア、ハードコアなどの低音バリバリなジャンルと合わせると正に歓喜。
    …といった感じの機種らしいです。使用しているBlackGate NX1500μFがもう生産中止かつ流通在庫も底をついていて、いつPortaphile自体がディスコンになるかもわからなかったので取りあえず確保というのと、この音自体がすごく好きで今までオフ会などで気になっていた機種でもあったので注文しました。iBasso D10の音も低音がゴリゴリで好きなのですが、あいにく手元のiHP-120が死んでいるので光の世界はまた今度ということで。

    内部のDIPスイッチでBUF634のWBモードON OFF、A級動作ON OFFができ、全開時はもの凄い電力消費です。20~50時間動作が当たり前の最近のPHPAが逆にアホらしくなるような潔さであります。アルカリ電池で1時間程度しか持たないとか…(笑)
    大電流出力時はアルカリでは電圧降下が激しいのでリチウムイオンのが長持ちするというある意味珍しい機種です。また、標準でA級動作するPHPAとしては異色の存在でもあります。

    購入方法は、Portaphileのサイトからで、受注生産なので結構時間かかります。ただ、日本語ページも用意してありますし、Cesar氏はとてもフランクかつマメな人なので少し通販になれていればハードルは高くありません。ケースの色はシルバーとブラックの2種類です。希望の色のケース在庫が無い場合はさらに時間がかかります。



    私はどちらの色にも絞り込めなかったので、メールでCesar氏に相談してバックプレートをブラック、ボディをシルバーにしました。結構この組み合わせは気に入っています。また、私のPortaphile V2^2 Maxxedは前面プレート右下にMaxxedの文字が入っています。他の方のPortaphileにはなかったので、最近から変わったのかもしれません。



    サイズも重量もさほど大きくありません。気軽に持ち運べますが、旅行なんかには予備電池が必須でしょう。まあコンビニで簡単に電池は買えますが…。
    まだブレイクインも済んでいませんし、音自体もほとんど聞いていませんので何とも言えないですが、やはりこの音はハマる人ははまります!音の立ち上がりが凶悪な程スピーディで切れ味抜群。タイトでありながら量感豊富な低音はcoolでありながらsweetで、Live盤なんかは本当に気持ちよいです。
    ブレイクインのためにまずはACアダプターを購入しなくては。



    ちなみにかなりIEMを選ぶ気がします。個人的にはUE7カスタム、須山カスタム335あたりがハマるように思います。元からタイトめな低音基調なIEMが向いているかもしれないです。
    写真は、Sony X-1060 - WM-DOCK(AugLine) - Portaphile V2^2で接続しています。
    ってアレ、なんか見たことないカスタムIEMが…
    comments(0) | trackbacks(0) | - | - | PAGE TOP↑






    この記事のトラックバックURL : http://jp.bt-fi.com/trackback/1244051
    SELECTED ENTRIES
    CATEGORIES
    ARCHIVES
    RECENT COMMENTS
    RECENT TRACKBACK
    LINKS
    PROFILE
    OTHERS
    SEARCH