イヤモニ、特にカスタムIEMのレビューとポータブルアンプのレビューを掲載しています。ケーブル関連製作についてはtwitterからお問い合わせ下さい。
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>
RECOMMEND
ソニー ダイナミック密閉型ヘッドホンSONY MDR-ZX700
ソニー ダイナミック密閉型ヘッドホンSONY MDR-ZX700 (JUGEMレビュー »)

1万以下の密閉ポータブルでは個人的に最高にお気に入り。とにかく装着感が良く、軽く、見栄えも良い。音質もじっくり聞きにも耐えられる高レベル。
Westone イヤホン Westone3
Westone イヤホン Westone3 (JUGEMレビュー »)

唯一の3way、3レシーバーのIEM。パンチの効いた低音と伸びのある高音・自然な中域と非常に魅力的。UEほどブライトネス高くないが、ノリの良さは随一!音場感が魅力ですね。
Westone ケーブル交換が可能なカナル型ハイエンドモデルイヤホン WST-UM3XRC ブラック/クリア
Westone ケーブル交換が可能なカナル型ハイエンドモデルイヤホン WST-UM3XRC ブラック/クリア (JUGEMレビュー »)

WestoneのカスタムIEMに使われてる高品質ケーブルを採用しており、断線時の心配がない。基本的にはUM3Xと変わらないが、ケーブル交換式でこの価格は安い。
Sennheiser カナル型ヘッドフォン IE 8
Sennheiser カナル型ヘッドフォン IE 8 (JUGEMレビュー »)

ダイナミック型ならではの迫力ある低音と自然な音場感が魅力の機種。低音強めでウォームだが、高音自体はかなり高い所まで無理なく出ている。装着感がやや浅めで疲れにくく、音質を含めてヘッドホンからの乗り換えにはこれが最適な機種。
なんでも除湿シリカゲル 10g*20入
なんでも除湿シリカゲル 10g*20入 (JUGEMレビュー »)

IEMの保管に、ドライボックスの交換用除湿剤に。小さめで表面が不織布なのでWestoneモニターセーバー標準除湿剤からこれに変えてあげるとカスタムも入ります。
あとはガムケース再利用してこれを1個いれればお手軽モニターセーバー完成。おすすめ。再生利用可能。
audio-technica トリプルバランスドアーマチュアインナーイヤーヘッドホン ATH-CK100
audio-technica トリプルバランスドアーマチュアインナーイヤーヘッドホン ATH-CK100 (JUGEMレビュー »)

ミッド・ハイがかなり繊細でCK-10よりバランスも良好。本体の質感も良い。ボーカルモノではコレが一番と思えるソースも結構あり、3万以下ならアリな機種。
Westone イヤホン UM3X
Westone イヤホン UM3X (JUGEMレビュー »)

モニターユースなら市販品ではトップか。ただし、カラーレーション薄すぎでつまらなく感じる人もいるかも。人気は無いですが、性能はWestone3より良いかと。ただし、音楽鑑賞にはWestone3のほうが好適です。
Sennheiser クローズド型ダイナミックヘッドホン HD25-1:2
Sennheiser クローズド型ダイナミックヘッドホン HD25-1:2 (JUGEMレビュー »)

色んなハイエンドポータブル機種が発売されてきましたが、なんだかんだで多くの人がリファレンスにしている機種です。とりあえず持っておくべき機種。いわゆる基準。ロックばかりと思われがちですが、以外となんでもいけます。
コンプライ イヤホンチップ T-500シリーズ(3ペア)
コンプライ イヤホンチップ T-500シリーズ(3ペア) (JUGEMレビュー »)

10proにはダブルフランジチップ無き今はこれがベスト。
PELICAN BOX マイクロケース 1010 ブラック
PELICAN BOX マイクロケース 1010 ブラック (JUGEMレビュー »)

乾燥剤いれてイヤモニ用ケースに。中にカメラ用にフォームを買ってきて自分で加工すると便利になります。
Ultimate Ears TRIPLE.Fi 10 PRO TF10PRO
Ultimate Ears TRIPLE.Fi 10 PRO TF10PRO (JUGEMレビュー »)

まさかの35000円切り。
以前の10proとはかなり音が変わっていますが、良い方向なので心配いりません。ローはボワつきを抑え、よりタイトでパンチがあり、ミッドの凹みも改善し、UE独特のブライトネスの高さはそのままで以前に比べて音のベールを一枚剥いだようなクリアさを感じます。
ER4S-B イヤホン
ER4S-B イヤホン (JUGEMレビュー »)

定番です。好みでなくても一つ持っているとリファレンスにはなります。もっと音量を取りやすい-Pも基本的な音の傾向は同じです。
SLEEK AUDIO SA6 SLK-EP-000001
SLEEK AUDIO SA6 SLK-EP-000001 (JUGEMレビュー »)

音の傾向はCT6と同じでハイが非常に綺麗。全体的にポップで明るい音調なので、原音再生とは異なるが音楽鑑賞には○ しかし基本性能の高さは充分備えている。音質を好みに変化させられるVQシステム搭載で遊べる。ケーブル交換もできてソツがない。アンプを通すとリニアに変化するのでそういった意味でもおすすめできる機種
キャパティ ドライボックス 8L グレー DB-8L-N
キャパティ ドライボックス 8L グレー DB-8L-N (JUGEMレビュー »)

IEMの保管にお勧め。たまに除湿してやると音が本当にシャッキリと、蘇ります。湿度計がついてこの値段は安い。 私はこれ2個使用しています。
(線材入れとIEM用)
なお、開け閉めにともないゴムパッキンが劣化するので適度に交換するのがベスト。
<< UE4pro&UE7pro 到着 その1 | main | Sleek Custom CT6 注文 >>
UE4pro&UE7pro 到着 その2
category: 【カスタムIEM】Ultimate Ears | author: bt1648
0
    続きです。
    ブログの制限で画像は100kb以下しか受け付けないのでかなり粗いです。すいません。

    UE7proはプロ向けとして最も成功したカスタムイヤーモニターの一つです。当初はローがかなり強調されていましたが、アップデートを重ねた今ではドラマー以外のステージアクター、モニターエンジニアにも使用されている機種となっています。実際モニターエンジニアではUE10より使用者が多いかもしれません。
    ワイヤレス使用を前提とし音量が非常にとれやすいのも特徴です。



    色は、アイスブルーに近い色です。エレクトリックブルーは標準で選択できますが、実際のエレクトリックブルーは結構薄いのでこちらで指定した色にしてもらいました。本当は右シェルは違う色だったのですが、左シェルの色とアートワーク(どんな絵かは実際会って確認して下さいw)にこだわりすぎてちょっと齟齬があったようで左と同じ色になって送られてきました。少し聞き込んだらシェル色修正のためUEに送り返します。
    左シェルの色自体は狙い通りの色で、さすがです。
    アートワーク、オリジナルシェルカラーのエクストラチャージは高いのか安いのか… 



    UE7proのほうには「音楽は道楽じゃない」と結構キツイことが表紙に書かれた説明書が付属します。UE4proはポストカードのようなセンスの良い紙に説明がありますが、こちらには特にメッセージ性の強いコメントは無いです。ただ、どちらにも「How music is meant to be heard.」とはさりげなく書かれてます。
    全体的な雰囲気としてシリアスなプロユースでしょうか。
    (昔アメリカで買ったTF.10proにも書かれていましたが今のコンシューマ向けラインでは書かれていません。カスタム付属の説明書はただの古いやつの使い回しかと思いきや、始めのページのJerry Harveyのサインが消されてます。どうでもいいですが)


    こんな感じのカードが封筒に入っています。黒のパッケージもそうですが、UE4proは世界観が統一されていていい感じですね。


    (UE7)
    内側にはシリアルとイニシャルの印字。同時に買ったのでUE7のシリアルは-2がついています。この色は写真と実物でだいぶ色が変化しますね…。


    UE4proとUE7pro比較

    シェルの作りはどちらも同じです。どちらも動いたり喋ったりするのを前提とした作り方ですが、null(uniqe melody)や須山カスタムは先端までインプレッションに忠実なのに比べてUEはややすぼまる感じで加工してあります。どちらがいいかというよりは設計思想の違いでしょう。ただ、個人的には須山カスタムのほうが装着しやすいように思います。


    梱包物

    追加オーダーでwax loopを4個頼んだら、無料でした。一応説明書には値段乗ってるものなので、間違いかな?と思ったら通関用インボイスには$0.01、中にある正式なインボイスには$0と記載あったのでたぶんサービス。

    音質は次のエントリに続きます。
    comments(2) | trackbacks(0) | - | - | PAGE TOP↑
    UE4proとUE10proの音場はどちらが広いのでしょうか?
    UE4proはTF10proより広いという話がありましたが、UE10proはTF10proと同じ位とも聞くので、どちらが上なのか分かりかねています・・・
    by 屋釜 (2009/08/08 11:10 PM)
    そもそもUEのカスタムは音楽観賞用ではないので(特にUE7とUE11)上も下も無いように思います。
    また、カスタムは個人の耳穴によって他人と同じモデルでも音質が変わりますし、特に音場というデータに出ない部分は正にクオリア的な所もあるので難しいです。


    というのは身も蓋もないので、個人的には音場の広さはUE4proとTF.10proは大体同じくらいに思います。UE10カスタムともまた同じくらいですが、広がり方が結構違います。UE4は後方への広がりが他のに比べてあるように感じます、ですので自然でクリアーに聞こえるのかもしれません。
    さらにぶっちゃけていえばUEが値上げする前(するかどうかは知りませんがw)にUE4proは買ったほうがいいです。明らかに高性能過ぎる割に価格がおかしいほど低いです。UEの低価格だというので$650くらいかと予想していましたが、性能そのまま価格が競合にあわせてきましたから、非常にお買い得。
    そして誰もこの値段なら文句は言わない音質。
    是非是非!
    by bt@管理人 (2009/08/12 3:21 AM)






    この記事のトラックバックURL : http://jp.bt-fi.com/trackback/1222060
    SELECTED ENTRIES
    CATEGORIES
    ARCHIVES
    RECENT COMMENTS
    RECENT TRACKBACK
    LINKS
    PROFILE
    OTHERS
    SEARCH