イヤモニ、特にカスタムIEMのレビューとポータブルアンプのレビューを掲載しています。ケーブル関連製作についてはtwitterからお問い合わせ下さい。
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>
RECOMMEND
ソニー ダイナミック密閉型ヘッドホンSONY MDR-ZX700
ソニー ダイナミック密閉型ヘッドホンSONY MDR-ZX700 (JUGEMレビュー »)

1万以下の密閉ポータブルでは個人的に最高にお気に入り。とにかく装着感が良く、軽く、見栄えも良い。音質もじっくり聞きにも耐えられる高レベル。
Westone イヤホン Westone3
Westone イヤホン Westone3 (JUGEMレビュー »)

唯一の3way、3レシーバーのIEM。パンチの効いた低音と伸びのある高音・自然な中域と非常に魅力的。UEほどブライトネス高くないが、ノリの良さは随一!音場感が魅力ですね。
Westone ケーブル交換が可能なカナル型ハイエンドモデルイヤホン WST-UM3XRC ブラック/クリア
Westone ケーブル交換が可能なカナル型ハイエンドモデルイヤホン WST-UM3XRC ブラック/クリア (JUGEMレビュー »)

WestoneのカスタムIEMに使われてる高品質ケーブルを採用しており、断線時の心配がない。基本的にはUM3Xと変わらないが、ケーブル交換式でこの価格は安い。
Sennheiser カナル型ヘッドフォン IE 8
Sennheiser カナル型ヘッドフォン IE 8 (JUGEMレビュー »)

ダイナミック型ならではの迫力ある低音と自然な音場感が魅力の機種。低音強めでウォームだが、高音自体はかなり高い所まで無理なく出ている。装着感がやや浅めで疲れにくく、音質を含めてヘッドホンからの乗り換えにはこれが最適な機種。
なんでも除湿シリカゲル 10g*20入
なんでも除湿シリカゲル 10g*20入 (JUGEMレビュー »)

IEMの保管に、ドライボックスの交換用除湿剤に。小さめで表面が不織布なのでWestoneモニターセーバー標準除湿剤からこれに変えてあげるとカスタムも入ります。
あとはガムケース再利用してこれを1個いれればお手軽モニターセーバー完成。おすすめ。再生利用可能。
audio-technica トリプルバランスドアーマチュアインナーイヤーヘッドホン ATH-CK100
audio-technica トリプルバランスドアーマチュアインナーイヤーヘッドホン ATH-CK100 (JUGEMレビュー »)

ミッド・ハイがかなり繊細でCK-10よりバランスも良好。本体の質感も良い。ボーカルモノではコレが一番と思えるソースも結構あり、3万以下ならアリな機種。
Westone イヤホン UM3X
Westone イヤホン UM3X (JUGEMレビュー »)

モニターユースなら市販品ではトップか。ただし、カラーレーション薄すぎでつまらなく感じる人もいるかも。人気は無いですが、性能はWestone3より良いかと。ただし、音楽鑑賞にはWestone3のほうが好適です。
Sennheiser クローズド型ダイナミックヘッドホン HD25-1:2
Sennheiser クローズド型ダイナミックヘッドホン HD25-1:2 (JUGEMレビュー »)

色んなハイエンドポータブル機種が発売されてきましたが、なんだかんだで多くの人がリファレンスにしている機種です。とりあえず持っておくべき機種。いわゆる基準。ロックばかりと思われがちですが、以外となんでもいけます。
コンプライ イヤホンチップ T-500シリーズ(3ペア)
コンプライ イヤホンチップ T-500シリーズ(3ペア) (JUGEMレビュー »)

10proにはダブルフランジチップ無き今はこれがベスト。
PELICAN BOX マイクロケース 1010 ブラック
PELICAN BOX マイクロケース 1010 ブラック (JUGEMレビュー »)

乾燥剤いれてイヤモニ用ケースに。中にカメラ用にフォームを買ってきて自分で加工すると便利になります。
Ultimate Ears TRIPLE.Fi 10 PRO TF10PRO
Ultimate Ears TRIPLE.Fi 10 PRO TF10PRO (JUGEMレビュー »)

まさかの35000円切り。
以前の10proとはかなり音が変わっていますが、良い方向なので心配いりません。ローはボワつきを抑え、よりタイトでパンチがあり、ミッドの凹みも改善し、UE独特のブライトネスの高さはそのままで以前に比べて音のベールを一枚剥いだようなクリアさを感じます。
ER4S-B イヤホン
ER4S-B イヤホン (JUGEMレビュー »)

定番です。好みでなくても一つ持っているとリファレンスにはなります。もっと音量を取りやすい-Pも基本的な音の傾向は同じです。
SLEEK AUDIO SA6 SLK-EP-000001
SLEEK AUDIO SA6 SLK-EP-000001 (JUGEMレビュー »)

音の傾向はCT6と同じでハイが非常に綺麗。全体的にポップで明るい音調なので、原音再生とは異なるが音楽鑑賞には○ しかし基本性能の高さは充分備えている。音質を好みに変化させられるVQシステム搭載で遊べる。ケーブル交換もできてソツがない。アンプを通すとリニアに変化するのでそういった意味でもおすすめできる機種
キャパティ ドライボックス 8L グレー DB-8L-N
キャパティ ドライボックス 8L グレー DB-8L-N (JUGEMレビュー »)

IEMの保管にお勧め。たまに除湿してやると音が本当にシャッキリと、蘇ります。湿度計がついてこの値段は安い。 私はこれ2個使用しています。
(線材入れとIEM用)
なお、開け閉めにともないゴムパッキンが劣化するので適度に交換するのがベスト。
<< Fidelity Duals とオーテクCK-100【追記】 | main | 【ファーストインプレ】須山カスタムFitEar Private333 FitEar Proto668 >>
iBasso fi.Quest ファイナルアップデート機視聴OFF in飯田橋
category: 【PHPA】ポータブルヘッドフォンアンプ関連 | author: bt1648
0
    こんにちは、btです。

    初めて来た方のためにiBasso fi.Questについて軽く説明したいところですが、以下のwikiみた方が早そうです。
    iBasso fi.Quest Wiki

    2期ロットは時期未定。時期は誰もわかりません。が、同等以上のものとして2期は出てきます、たぶん。

    趣旨としては、改造母体として最高のPHPAを作ろう!ってもので、基本オープンソースです。

    プリオーダー50台が全然集まらないとか、かなりつらいというかやはり無理だったね的時期もあったのでここまでくるとちょっと感動です。

    というわけで、最終アップデート済のプロト機がアメリカやら札幌やら色々飛び回っていて結局確認する機会を逃していましたがやっと聞く機会を持てました。

    場所は飯田橋、警察病院の近くのルノアール。8人ほどいらしていたかと思います。
    どうでもいいですが、いろんな人に影響されデジタル一眼導入したので前より写真綺麗かも?(腕が致命的なので逆にアレかも…)



    初期プロトは聞いていましたが、かなり化けました。反面、システムの下流の粗が出やすいので素性の良いIEMやヘッドホンが必要です。再生機を丸裸にするというか…。
    とはいえ、ピーキーではなくアナログならではの良さを保ちつつD級とかアナログスイッチングアンプに匹敵する解像感、正確性を持ちます。ほとんどいじれる構成なので、ウォーム感重視やクリアさ重視の設定とか色々できるのもいいです。



    このレベルまでくると、もはや一般的なポータブルアンプと比較するのは無理です。
    本領発揮してあげるにはヘッドホンでは3万〜クラス、イヤホンでは7.5万〜クラスが必要そうです。
    とはいえあくまでポータブル。10pro等評判高いユニバーサルIEMでもしっかりと良さが出ます。

    1枚目の写真の電池パック無しのほうが、BG機で個人的にはこちらの音が好きです。チャンポン機はクリアさ重視で、めちゃくちゃクリアーでハッとさせられますが音楽を楽しむ、といった観点からはBG機の方が良好です。とはいえパーツさえ変えれば両方の音、さらには自分好みの音を楽しめますのでどうということはないです。

    スケジュールは遅延していますが、確実に課題をクリアしており、近いうちに量産開始できそうです。2期ロットも楽しみです。
    個人的にはこのレベルの音ならば、電池無しでDAC搭載して小型のデスクトップ据え置きタイプが欲しいです。
    さらにいえば、電池モジュールとDAC部交換でポータブルにも使えるタイプだったら、なんて妄想も。



    新開発のACアダプターです。巨大コンデンサがのってますね。本体もそうですが、クリティカルな部分は日本製です。
    新開発電源による24V駆動の音は破壊的ですらあります。



    ガワのサンプルの一つ。サイズ比較にiPhoneとiPodNanoのせていますが、やはり大きいです。重さはそこまでではないです。
    改造母体ですから、部品へのアクセスの容易さも重要ですので、小型化しすぎもダメですので。Tシリーズをみればわかりますが、iBasso自体は小型化の技術はなかなかすさまじいものをもっていますので、このサイズは要求性能を達成する上で必然としてこうなったのです。

    でもデカイ…。毎日持ち歩くサイズの限界ぎりぎりでしょう。
    LISAとかPDAとかは既に鈍器ですから、それに比べればかなりマシです。最近のPHPAは小型化進んでいますから余計に大きく感じますが、他にこの電圧で10000μF乗っけられてバッファも積み放題、オペアンプ交換し放題なものなんてありませんから、まあいいです。
    初期からこのサイズになるのは分かっていましたし。



    参加者の方の手持ちのP3+です。ケースの質感がとっっっても良いです。内部回路も初期状態でかなり手が加わっていまして、コテ氏ほか国内の改造がフィードバックされているように感じました。

    iBasso fi.Quest wiki 掲示板

    こちらの掲示板で最新情報が得られます。
    comments(0) | trackbacks(0) | - | - | PAGE TOP↑






    この記事のトラックバックURL : http://jp.bt-fi.com/trackback/1184485
    SELECTED ENTRIES
    CATEGORIES
    ARCHIVES
    RECENT COMMENTS
    RECENT TRACKBACK
    LINKS
    PROFILE
    OTHERS
    SEARCH