イヤモニ、特にカスタムIEMのレビューとポータブルアンプのレビューを掲載しています。ケーブル関連製作についてはtwitterからお問い合わせ下さい。
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>
RECOMMEND
ソニー ダイナミック密閉型ヘッドホンSONY MDR-ZX700
ソニー ダイナミック密閉型ヘッドホンSONY MDR-ZX700 (JUGEMレビュー »)

1万以下の密閉ポータブルでは個人的に最高にお気に入り。とにかく装着感が良く、軽く、見栄えも良い。音質もじっくり聞きにも耐えられる高レベル。
Westone イヤホン Westone3
Westone イヤホン Westone3 (JUGEMレビュー »)

唯一の3way、3レシーバーのIEM。パンチの効いた低音と伸びのある高音・自然な中域と非常に魅力的。UEほどブライトネス高くないが、ノリの良さは随一!音場感が魅力ですね。
Westone ケーブル交換が可能なカナル型ハイエンドモデルイヤホン WST-UM3XRC ブラック/クリア
Westone ケーブル交換が可能なカナル型ハイエンドモデルイヤホン WST-UM3XRC ブラック/クリア (JUGEMレビュー »)

WestoneのカスタムIEMに使われてる高品質ケーブルを採用しており、断線時の心配がない。基本的にはUM3Xと変わらないが、ケーブル交換式でこの価格は安い。
Sennheiser カナル型ヘッドフォン IE 8
Sennheiser カナル型ヘッドフォン IE 8 (JUGEMレビュー »)

ダイナミック型ならではの迫力ある低音と自然な音場感が魅力の機種。低音強めでウォームだが、高音自体はかなり高い所まで無理なく出ている。装着感がやや浅めで疲れにくく、音質を含めてヘッドホンからの乗り換えにはこれが最適な機種。
なんでも除湿シリカゲル 10g*20入
なんでも除湿シリカゲル 10g*20入 (JUGEMレビュー »)

IEMの保管に、ドライボックスの交換用除湿剤に。小さめで表面が不織布なのでWestoneモニターセーバー標準除湿剤からこれに変えてあげるとカスタムも入ります。
あとはガムケース再利用してこれを1個いれればお手軽モニターセーバー完成。おすすめ。再生利用可能。
audio-technica トリプルバランスドアーマチュアインナーイヤーヘッドホン ATH-CK100
audio-technica トリプルバランスドアーマチュアインナーイヤーヘッドホン ATH-CK100 (JUGEMレビュー »)

ミッド・ハイがかなり繊細でCK-10よりバランスも良好。本体の質感も良い。ボーカルモノではコレが一番と思えるソースも結構あり、3万以下ならアリな機種。
Westone イヤホン UM3X
Westone イヤホン UM3X (JUGEMレビュー »)

モニターユースなら市販品ではトップか。ただし、カラーレーション薄すぎでつまらなく感じる人もいるかも。人気は無いですが、性能はWestone3より良いかと。ただし、音楽鑑賞にはWestone3のほうが好適です。
Sennheiser クローズド型ダイナミックヘッドホン HD25-1:2
Sennheiser クローズド型ダイナミックヘッドホン HD25-1:2 (JUGEMレビュー »)

色んなハイエンドポータブル機種が発売されてきましたが、なんだかんだで多くの人がリファレンスにしている機種です。とりあえず持っておくべき機種。いわゆる基準。ロックばかりと思われがちですが、以外となんでもいけます。
コンプライ イヤホンチップ T-500シリーズ(3ペア)
コンプライ イヤホンチップ T-500シリーズ(3ペア) (JUGEMレビュー »)

10proにはダブルフランジチップ無き今はこれがベスト。
PELICAN BOX マイクロケース 1010 ブラック
PELICAN BOX マイクロケース 1010 ブラック (JUGEMレビュー »)

乾燥剤いれてイヤモニ用ケースに。中にカメラ用にフォームを買ってきて自分で加工すると便利になります。
Ultimate Ears TRIPLE.Fi 10 PRO TF10PRO
Ultimate Ears TRIPLE.Fi 10 PRO TF10PRO (JUGEMレビュー »)

まさかの35000円切り。
以前の10proとはかなり音が変わっていますが、良い方向なので心配いりません。ローはボワつきを抑え、よりタイトでパンチがあり、ミッドの凹みも改善し、UE独特のブライトネスの高さはそのままで以前に比べて音のベールを一枚剥いだようなクリアさを感じます。
ER4S-B イヤホン
ER4S-B イヤホン (JUGEMレビュー »)

定番です。好みでなくても一つ持っているとリファレンスにはなります。もっと音量を取りやすい-Pも基本的な音の傾向は同じです。
SLEEK AUDIO SA6 SLK-EP-000001
SLEEK AUDIO SA6 SLK-EP-000001 (JUGEMレビュー »)

音の傾向はCT6と同じでハイが非常に綺麗。全体的にポップで明るい音調なので、原音再生とは異なるが音楽鑑賞には○ しかし基本性能の高さは充分備えている。音質を好みに変化させられるVQシステム搭載で遊べる。ケーブル交換もできてソツがない。アンプを通すとリニアに変化するのでそういった意味でもおすすめできる機種
キャパティ ドライボックス 8L グレー DB-8L-N
キャパティ ドライボックス 8L グレー DB-8L-N (JUGEMレビュー »)

IEMの保管にお勧め。たまに除湿してやると音が本当にシャッキリと、蘇ります。湿度計がついてこの値段は安い。 私はこれ2個使用しています。
(線材入れとIEM用)
なお、開け閉めにともないゴムパッキンが劣化するので適度に交換するのがベスト。
<< Fidelity Custom Earphones - triples レビュー | main | UM3X、PFE、Null Audio Custom Remold+modify >>
Fidelity Custom Earphones - triples レビュー 2
category: 【カスタムIEM】Fidelity Custom Earphones | author: bt1648
0
    Fidelity Custom Earphones - triples レビューの続きです。

    バランス
    ロー、ミッド、ハイ、と各帯域において良好なわけですが、バランスも良好です。
    このtriplesは傾向としてフラットです。カスタムのUE-10Proと似ているバランスです。ただ、聴覚上は弱ドンシャリに聞こえます。メリハリの効いたlush,yummyなローと、crispでcrystal clearなハイが印象深いせいでしょうか。

    ハイが鮮やかすぎるとか、ミッドがつまらなく聞こえる、といった感想を持つ人もいるかもしれません。

    ミッドの所で特徴的と書きましたが、それはバランスとして決してミッドが支配的ではないのにも関わらずしっかりと聞こえてくるからです。フラットならば当たり前なのですが、実はマルチドライバでかつ低音のヘッドルームを稼いでいる構成だとボーカルがしっかりと聞き取れるようにするのは難しいのです。(詳細は省きますがBAの特性と思って下さい)クロスオーバーが不自然なわけでもなく、ボーカルがしっかりと浮かんでくる独特な感じです。ローがかぶってくる事もありません。言葉を拾う際にかなり明瞭で、ボーカリストの使用でも問題ないように思います。音楽鑑賞においてもこまかな声まで拾えるので新たな発見があります。ただ、艶は全然無くエロさが足りません。好みが極端に出そうなところです。女性Voはちょっとつまらないというか、音楽の要素として楽器の一つとしてVoをおいている音源とあくまでVoありきの音源では評価がかなり分かれると思います。良くも悪くもFidelity Custom Triplesは分析的です。

    しかしそれでいて音楽性を失わないIEMです。キレが良く、スピード感ある鳴らし方で大変ノリよく聴けます。
    DJ1Pro的ノリの良さが好きならば、気持ちよく聴けると思います。

    解像度
    かなり高いと思います。解析的で乾燥した音の傾向も手伝って、音がダマになる感じがせずひとつひとつの音を感じ取れます。
    楽器の分離もよいです。TF.10pro、SE530、image X10、Westone3等のハイエンドユニバーサルIEMと比べても解像度は高いです。
    全体的に明瞭で、解像度が高いIEMなのですが特筆すべきはローの解像度の高さ。
    大抵は、それなりに量があってあまりボワついてなければローはそれでOKな感じで捉えられがちです。しかし評価の高いIEMは量の多寡はあれ、低音の表現がみなうまいものばかりです。
    個人的には、量と締まり方のバランス、そして制動感と音階表現がどれだけ良いかで評価しています。triplesは全て高次元です。
    質の良い低音なので、気分悪くなったりはしませんが長時間使用には高音がハデ過ぎる気もします。その割にハイエンドまで伸びきっているわけではないので、ここはマイナスポイント。3時間程度までなら問題ないですが、8時間とか使うには一度ちゃんとした休憩が必要な感じです。
    これより高い解像度を求める場合は$1000クラスのハイエンドカスタムにいくしかありません。須山カスタム435とか、335とか、UE-11、10とか。
    「録音されたdistortion」を正しく再生できるのは重要な事です。

    音場
    広いです。というかものすごくカッチリ定位する感じです。ultimateのような立体的な広さにはかないませんが、IEMとして見た場合明らかに標準以上です。ultimateが音全体が広がり感を持つのに対してFidelity triplesは特定の帯域だけ広がりがあるような感じです。すごく言葉にするのが難しいのですが、抜けていってほしい、広がりがあった方がいい音が左右にひろがっていくというか…。このあたりは個人差が激しいので参考程度にお願いします。傾向としては左右がかなり広く、前方も結構あります。ただしやや平面的で、上下は狭いです。こういう表現はultimateの独壇場だと思います。
    左右の広さは凄く自然で、大げさですが初め音漏れてるんじゃないかと普通に思いました。
    元々の音がブライトネスが高いノリ重視の音なのですが、この音場のおかげか圧迫感とか苦しさは感じにくいです。

    カスタムとしてはまず不満が出ないレベルだと思います。

    その他
    ・シェルの左右識別に色つきのポイントがあります。地味に便利。
    ・ケーブルはメモリーワイヤー付き
    ・ケーブル自体はコネクタは専用なもののそれ以外はWestone ESシリーズ、UEカスタム、FreQ MMシリーズと同じと思われる。調べたらこのケーブルってOEMらしい。しなやかでタッチノイズも無く、品質も良く不満点なし。
    ・ケーブルの色は黒のみ、長さは50インチと64インチ
    ・ケーブルのコネクタ裏側に左右の識別の色が塗ってあるので、両方外しても迷うことはない。
    ・ステム(耳穴に入る部分)の長さは普通。須山カスタムと同じ。

    購入方法
    1,オーダーシートをダウンロード(入力フィールド付きPDF)
    2,記入して印刷、オージオロジスト記入欄があるので良く読んで記入するor記入してもらうこと。
    3,インプレッションの箱に名前を書いて、オーダーシートと一緒にTNオフィスに送る。送付先住所はオーダーシートに書いてある。EMSで必要十分。値段は1200円程度。
    4,必ずEMSの控えをもらい、4日程度でつくので到着確認したら(向こうからは何もいってきません)webサイト上で決済。カートすらない超シンプルシステムなので英語分からなくても全然OK。LiveWiresが紙にカード情報書いて送らせていたことを考えると安心。
    BuyNowを押して、送料選択画面に移る。日本の場合選択肢は一つだけ。

    International EMS - Russia/Asia: US $32.00

    を選ぶ。でチェックアウト。PayPalとかでなく、直接クレジット決済型。
    USD balanceが無い場合は、PayPalはボッタクリ手数料取られるので地味に嬉しい。

    5,この商品の支払いを受けたよー、とすぐに自動でメールが来る。
    心配なら決済終了画面のハードコピーをPDFにしてサポートにメールしてあげればいい。さらに心配ならインプレッション送付前に予め決済して決済画面を印刷してオーダーシートと一緒に送るという方法も。
    結構しっかりしている会社っぽいので、決済とインプレッションが向こうに行っていれば何もしなくてもこっちに来ると思う。

    大体作成2週間+発送5日で20日くらい目安です。30日経過したらメールとかで確認したほうがよいかも。
    EMSなので追跡番号ありますが、必要ならば自分で聞きましょう。名前とかの他にトランザクションIDがあると話が速いです。

    たーだーし、日本に到着するまではUSPSのサイトで確認しますがUSPSのTrack&Confirmはめちゃくちゃいい加減なのでアテにしない。dispatch後ステータスが20日以上変化しなければUSPSに捜索依頼。
    日本到着後は問題ないですが、関税(消費税)がかかるので、1200円用意しておきましょう。品物受け取り時に配達人に支払います。

    到着したらチェックCDなどでLR、位相の確認をしてもいいかも。
    30日までは返品受け付けてくれるみたいです。保証は1年で、部品の故障の際作業賃等払う必要はありません。送料はかかります。

    インプレッションは返却されず、向こうで保管されるので別機種欲しくなったら送付の手間が無いです。



    全体としてかなり褒めまくったような気がしますが、あくまで1個人の感想ということを念頭に置いていただければと思います。

    FreQ無き今、初IEMとしてコストパフォーマンスが異常に良いFidelity Customを購入するのはありだと思います。
    逆にUE11とUE10、435を同時所有してる方は別に必要ないかもしれません。まあ廉価なのでラフに扱えるという考えもあります。

    人柱のつもりが滅茶苦茶大当たりでした。このままこの品質を維持してもらいたい物です。

    bt

    info@bt-fi.com
    comments(8) | trackbacks(0) | - | - | PAGE TOP↑
    btさん、こんにちは。

    Fidelity Customに関してお伺いしたいことがあります。

    livewiresT1を保有しているのですが、
    livewiresT1の高域のシャリつきが好きになれずあまり使用していないのですが、Fidelityの高域はシャリついたり突き刺さったりしないのでしょうか。
    個人的にER-4Sの高域の量・質ならば問題無く聞くことが出来ます。T1は長時間聞くことが出来ません…

    btさんのレビューで、
    「無機質でドライな音」とありますが、ER-4Sに似た感じの音なのでしょうか?
    レビューを読む限りではER-4Sと同じ傾向で、音場のスケールアップ版のような期待をしています。

    freqとの音場の比較等もして頂けると嬉しいです。

    長々と申し訳ありません。
    by 名無し希望 (2009/05/06 12:18 PM)
    btさんへ
    追記失礼します。

    T1よりは、須山111を保有していますが、被るような音なのでしょうか?

    長文になってしまいすいません。
    返信お待ちしていますm(_ _)m
    by 名無し希望 (2009/05/06 9:26 PM)
    こんにちはー。

    Fidelity triplesは全体としては4Sには似ていません。
    確かに分析的でドライな音ではありますがwarmでもwetでもないという事で、ノリ自体は凄くいいので楽しめます。
    なので「音楽性を失わない」と書いた訳です。

    ER-4S 見かけハイ上がり
    triples フラット

    なので、傾向は異なります。
    解像度はtriplesの方が高いです。

    高域ですが、シャリ付いたりはしません。
    カスタムなので、個人の耳のサイズで特に高域については個人差が大きいですが自分としては刺さるなー、とは感じません。

    刺さるギリギリって感じです。
    周波数レスポンスみても特にピークはないです。

    FreQ Showですが、自分のものは須山補聴器にて再モールドしてあり、オリジナルと同じ所は使用レシーバとネットワーク、フェイスプレートくらいなので完全に別物と思って下さい。

    いらぬ誤解を招くのも良くないのでFreQと他の比較は今のところ控えさせて頂きます。

    111とtriplesはまったく違います。
    というか、4S≒111です。
    使用レシーバも音響抵抗も同じ。
    そもそものコンセプトが4S乗り換え用カスタムなので、当然なのですが。

    レビュー初めに書いたとおり、triplesの特徴は低音です。

    4Sを期待すると全然違います。

    4Sは唯一無二のIEMです。この高音を維持したまま低音を増やすことは無理です。
    技術的に無理とかでなく、人間の耳(脳か?)の特性です。

    人間側のダイナミックレンジ拡大と生体エクスパンションで対応するしかないです。

    とりあえずどれだけT1が刺さるのか、注文しましたので到着後、triplesと比較します。
    by bt@管理人 (2009/05/07 12:42 AM)
    Livewires T1が先月届いたのですが、全体的にドライで分析的な音というのはT1でも同じだと感じました。T1は高音が刺さる(シャリつく)というレポが出ているようですが、高音の刺さりは気にするレベルではないです。

    triplesはT1の欠点(低域&中域の解像度)を克服しているようなので期待できそうですね。
    by daiki (2009/06/03 11:16 PM)
    daikiさん

    なるほど。官能検査的なところは個人差がどうしてもありますからねー。

    私が注文したdualsはオリジナルLiveWires T1と完全に同一とのことなので
    到着次第比較しますね!

    今成田税関で止まっているところなので、今週中には到着するかと思います。
    by bt@管理人 (2009/06/03 11:43 PM)
    カスタムIEMにおいて官能検査的なところの個人差があるというのはコンシューマーのそれよりもあると思います。そういう意味ではコンシューマーとカスタムIEMを客観的に比べることは難しいことですが、カスタムIEMのレビューが少ない現状ではbtさんのようなレビューはこれからカスタムIEMを導入しようと考えてる方々にとって大きな指針になるかもしれません。
    by daiki (2009/06/04 12:29 AM)
    daikiさん

    正しく装着できていればユニバーサルタイプはだいたい同じ音が聞こえているはずなので、たしかにそうですね。

    一方、カスタムは完全に同じユニットであっても耳型が違えばどうしても音は変化します。当然、それを吸収する技術・テクニックが各社にはあるわけなのですが…。

    カスタムは、個人的には音質ありきで作られているとは思いませんし、それを求めてカスタムを作っているわけではありません。

    やはり、聴力保護が第一で、次に疲労感の低減やステージアクトに対応できる保持力がプロの現場で求められていて、そういった方々の音質の要求は特殊なもの(≒高いもの)だったために結果高性能化したように思います。

    その高性能さにオーディオファイルの人々が目をつけたと。

    ヘッドフォンなんかだと、プロとオーディオファイルのクロスオーバー的な面もありますが、イヤホンに関してはカスタムこそがそれだと思います。

    話がずれましたが、daikiさんのおっしゃる通り、カスタムとユニバーサルは比較が難しいです。
    カスタム単体とか、ユニバーサルのハイエンド各種のレビューはたくさんありますが、うーん確かにあまりユニバーサルをかなり持っていてかつカスタム複数のレビューはあまり見ないかもしれません。

    私自身、文才が無いことは自覚していますし、それに客観的に比較することは不可能(周波数レスポンス等のデータはデータでしかない)ですから、なるべく多く、詳細に書いて、
    「ああ、こいつはこういう感覚してるからこの記事は俺にとってはこうだな」
    という判断材料になればいいと思っています。

    ちょっとまじめになりすぎましたが、そのようにいってくださるのはうれしい限りです。ありがとうございます。

    でも、基本ほめてばっかりなのであんまり参考にならないかもしれませんよ?w

    私は褒めててもそこまで気に入っていない場合は、記事が短かったり購入後数ヶ月立って再度のレビューがなかったりしますw
    要は微妙な場合は黙ります(笑)
    by bt@管理人 (2009/06/04 12:59 AM)
    bt様へ
    fide triplesは一般人の音楽鑑賞向けにはあんま向いてないんですか。
    btさんのように音楽の仕事には就いていないのであんまりにもモニター向けで艶が無いのや、聴き疲れしやすいのは
    作業しながら音楽を聴き続けるのに買おうかなと思っとります。
    UE4proとか来たらtriplesとの比較期待してまーす。

    nullaudioシェル色間違い酷いらしいですね。
    チャージバックして返品するにしても中のドライバは自分の物ですから面倒ですね。
    返品しないでチャージバックにするにしても後味悪いし。海外通販はトラブルがあったときが怖いですよね。
    by triplesについて (2009/06/24 2:12 PM)






    この記事のトラックバックURL : http://jp.bt-fi.com/trackback/1160769
    SELECTED ENTRIES
    CATEGORIES
    ARCHIVES
    RECENT COMMENTS
    RECENT TRACKBACK
    LINKS
    PROFILE
    OTHERS
    SEARCH