イヤモニ、特にカスタムIEMのレビューとポータブルアンプのレビューを掲載しています。ケーブル関連製作についてはtwitterからお問い合わせ下さい。
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>
RECOMMEND
ソニー ダイナミック密閉型ヘッドホンSONY MDR-ZX700
ソニー ダイナミック密閉型ヘッドホンSONY MDR-ZX700 (JUGEMレビュー »)

1万以下の密閉ポータブルでは個人的に最高にお気に入り。とにかく装着感が良く、軽く、見栄えも良い。音質もじっくり聞きにも耐えられる高レベル。
Westone イヤホン Westone3
Westone イヤホン Westone3 (JUGEMレビュー »)

唯一の3way、3レシーバーのIEM。パンチの効いた低音と伸びのある高音・自然な中域と非常に魅力的。UEほどブライトネス高くないが、ノリの良さは随一!音場感が魅力ですね。
Westone ケーブル交換が可能なカナル型ハイエンドモデルイヤホン WST-UM3XRC ブラック/クリア
Westone ケーブル交換が可能なカナル型ハイエンドモデルイヤホン WST-UM3XRC ブラック/クリア (JUGEMレビュー »)

WestoneのカスタムIEMに使われてる高品質ケーブルを採用しており、断線時の心配がない。基本的にはUM3Xと変わらないが、ケーブル交換式でこの価格は安い。
Sennheiser カナル型ヘッドフォン IE 8
Sennheiser カナル型ヘッドフォン IE 8 (JUGEMレビュー »)

ダイナミック型ならではの迫力ある低音と自然な音場感が魅力の機種。低音強めでウォームだが、高音自体はかなり高い所まで無理なく出ている。装着感がやや浅めで疲れにくく、音質を含めてヘッドホンからの乗り換えにはこれが最適な機種。
なんでも除湿シリカゲル 10g*20入
なんでも除湿シリカゲル 10g*20入 (JUGEMレビュー »)

IEMの保管に、ドライボックスの交換用除湿剤に。小さめで表面が不織布なのでWestoneモニターセーバー標準除湿剤からこれに変えてあげるとカスタムも入ります。
あとはガムケース再利用してこれを1個いれればお手軽モニターセーバー完成。おすすめ。再生利用可能。
audio-technica トリプルバランスドアーマチュアインナーイヤーヘッドホン ATH-CK100
audio-technica トリプルバランスドアーマチュアインナーイヤーヘッドホン ATH-CK100 (JUGEMレビュー »)

ミッド・ハイがかなり繊細でCK-10よりバランスも良好。本体の質感も良い。ボーカルモノではコレが一番と思えるソースも結構あり、3万以下ならアリな機種。
Westone イヤホン UM3X
Westone イヤホン UM3X (JUGEMレビュー »)

モニターユースなら市販品ではトップか。ただし、カラーレーション薄すぎでつまらなく感じる人もいるかも。人気は無いですが、性能はWestone3より良いかと。ただし、音楽鑑賞にはWestone3のほうが好適です。
Sennheiser クローズド型ダイナミックヘッドホン HD25-1:2
Sennheiser クローズド型ダイナミックヘッドホン HD25-1:2 (JUGEMレビュー »)

色んなハイエンドポータブル機種が発売されてきましたが、なんだかんだで多くの人がリファレンスにしている機種です。とりあえず持っておくべき機種。いわゆる基準。ロックばかりと思われがちですが、以外となんでもいけます。
コンプライ イヤホンチップ T-500シリーズ(3ペア)
コンプライ イヤホンチップ T-500シリーズ(3ペア) (JUGEMレビュー »)

10proにはダブルフランジチップ無き今はこれがベスト。
PELICAN BOX マイクロケース 1010 ブラック
PELICAN BOX マイクロケース 1010 ブラック (JUGEMレビュー »)

乾燥剤いれてイヤモニ用ケースに。中にカメラ用にフォームを買ってきて自分で加工すると便利になります。
Ultimate Ears TRIPLE.Fi 10 PRO TF10PRO
Ultimate Ears TRIPLE.Fi 10 PRO TF10PRO (JUGEMレビュー »)

まさかの35000円切り。
以前の10proとはかなり音が変わっていますが、良い方向なので心配いりません。ローはボワつきを抑え、よりタイトでパンチがあり、ミッドの凹みも改善し、UE独特のブライトネスの高さはそのままで以前に比べて音のベールを一枚剥いだようなクリアさを感じます。
ER4S-B イヤホン
ER4S-B イヤホン (JUGEMレビュー »)

定番です。好みでなくても一つ持っているとリファレンスにはなります。もっと音量を取りやすい-Pも基本的な音の傾向は同じです。
SLEEK AUDIO SA6 SLK-EP-000001
SLEEK AUDIO SA6 SLK-EP-000001 (JUGEMレビュー »)

音の傾向はCT6と同じでハイが非常に綺麗。全体的にポップで明るい音調なので、原音再生とは異なるが音楽鑑賞には○ しかし基本性能の高さは充分備えている。音質を好みに変化させられるVQシステム搭載で遊べる。ケーブル交換もできてソツがない。アンプを通すとリニアに変化するのでそういった意味でもおすすめできる機種
キャパティ ドライボックス 8L グレー DB-8L-N
キャパティ ドライボックス 8L グレー DB-8L-N (JUGEMレビュー »)

IEMの保管にお勧め。たまに除湿してやると音が本当にシャッキリと、蘇ります。湿度計がついてこの値段は安い。 私はこれ2個使用しています。
(線材入れとIEM用)
なお、開け閉めにともないゴムパッキンが劣化するので適度に交換するのがベスト。
Sleek Custom CT6 レビュー
category: 【カスタムIEM】Sleek Audio | author: bt1648
0
    btです。
    レビューのフォーマットを統一しようと色々考えていましたが良い方法を思いつかなかったので項目だけ統一して順次書き直していくことにしました。

    Sleek CT6とUltimate Ears 4pro比較レビューの正式版を予定していましたが、まずはそれぞれの正式レビューを書いてからにします。

    というわけで、Sleek AudioのカスタムIEM CT6のレビューです。

    主観ですが、1〜10の数字で評価をしています。あくまで参考ですので、これをアテにするのではなく、他のカスタムとの(私の感じ方の)比較用と思って下さい。
    10が最高、7.5がかなり良い、5が普通、3はかなり微妙、2は致命的、1は窓から投げ捨てる、といった感じです。

    ■概要
    ・名称 CT6
    ・価格 $349(アートワーク等の有料オプション有、ケースに名入れは有料)
    ・購入 Sleek Audio直販オンラインストア
    ・ウルトラワイドバンド フルレンジシングルBA(メーカー不明。Sonion系の音に思えるが、再生能力的にWBFKスペシャル版?)
    ・シェル材質がブラックライト反応タイプのCT6 Auraも発売中

    音質を自分好みに設定できるVQシステム搭載のユニバーサルIEM、SA6のカスタム版という位置づけで、初期の$299テスト販売後に$349にて正式販売されました。カスタムIEMとしてはおそらく唯一の注文時に音質の設定できるのが特徴です。ただし、ユニバーサル版と違い後から変更は出来ません。ケーブルは独自コネクタタイプで、ユニバーサル版と共通です。

    コネクタ部分は360度回転するので、耳の後ろを通す装着も一般的なイヤホンのように垂らす装着も両方出来ます。ケーブル分岐が異常に長いのと、しなやかではありますが細くしなやかすぎるので逆に扱いずらい気もします。

    左右シェルとプレートの色はサンプルからそれぞれ指定できますが、カートでは左右同じしか選択できません。ですので、左右異なる色を希望する場合はメールする必要があります。また、アートワークはSleek Audioのロゴ等予め用意されているものは無料でつけられます(色は白か黒のみ)

    最大の特徴の音質チューニングですが、Bass - ± +、Treble - ±、+の9通りでこちらはカートで選択できます。メールでsalesに相談して決めることも出来ます。自分はsalesと相談してBass + Treble +という最も多く選ばれているパターンにしました。

    カナル部分の長さも短め、普通(UEくらい)、長めと選択できます。プラグの接続部分も通常のカスタムと同じフロントマウントとプレート部分に接続部がくるトップマウントが選択できます。自分は慣れているのと、見た目からフロントマウントを選択しました。

    とにかく色々と自由度が高く、カートで買うにしても選択項目が大変多い機種です。

    ただし、オプション(アートワーク等)が異常に高い。全て付けたら余裕でもう一つ本体が買えます。
    オプションでワイヤレスキットがありますが、ローが増えるのでワイヤレス運用前提の方はBass ±もしくは-がいいかもしれません。

    ■バランス


    フラットもしくは弱ドンシャリ(Bass+ Treble+)
    多少ハイ側の方が強い感じもするけれど、透明感のある綺麗な高音で刺さりは無いので聞いていて楽しい音。
    全体的にこじんまりとしつつも楽しく聞かせるタイプであまり気構えず使える珍しい音作りのカスタムIEM。なんでも聞けますが、Popsやjazzが得意な感じ。オーケストラやドラムンベースは苦手。

    ■品質< 8 >


    非常に光沢があり、透明感が素晴らしいシェル素材です。発色も良く、サンプル画像の色とほぼ同じです。粘度の高いコーティング剤を使用しているのかシェル表面は滑らかで耳への吸い付き感はかなり良い方。プレートとシェル本体の接合部分も綺麗に処理されており、低価格カスタムIEMとは思えない出来映えで、高級感があります。
    シェル内側にSleek Audioロゴとシリアルがエッチングされています。名前やイニシャル記載は無し。

    フィット感はかなり良い。回転コネクター採用の為、プレート部分が耳から少しはみ出るくらい大きいシェルですが、まったくぐらつかない安定感があります。AntiHelix部の処理といい、全体的にかなりアグレッシブな作りで補聴器メーカー系のシェルの作り方です。修正の必要なく一発でばっちりフィットしました。私は注文時にsalesにドラマー向けの遮音性重視のきつめ設定にて作成をお願いしましたが、ぴったりフィットの割に耳へのアタリが無く快適です。
    ただし、カナル部分の長さを最長にしたので驚異的な長さになっており人によっては耐え難いかもしれません。先端部は第2カーブ近辺を上手に削ってあり遮音性と装着感を両立しています。私の耳穴は第2カーブまで太くまっすぐなので気にならないだけかもしれないのでここは参考程度にして下さい。

    ■解像度・分離<6.5 、7>

    解像度はかなり高い方ですが、カスタムIEMの中では低いほうに入ります。ただし、解像度バリバリでモニタリング用という音作りではなく、音楽を楽しく聴くためのモノなので解像度が普通だからといって敬遠するのはもったいないです。モニター用途やステージ上で使用するのには不向きです。 全体的にこじんまりとした音作り(ただしとても元気な音)なせいか解像感が低く感じるのかもしれません。ポテンシャル自体は高いですが、それなりのアンプを使用しないと本領発揮しません。
    また、ややフォーカスが甘い感じです。聞き疲れしないという意味では良いですが真剣に聞き込むとか、リファレンスにするという用途には使いづらいです。
    分離は良いです。ただし打ち込み等で同時に多数の音が鳴っている場面では途端に限界が訪れます。とはいえ、帯域バランスが良好でもあるため音がダマになる感じは少なくすっきりと綺麗にボーカル、ドラム、ベース…と聞き分けられます。聞き流せる心地よい音ですが注意するとしっかり各楽器が分かります。


    ■能率

    カスタムの中では鳴りにくい方ですが、全てのポータブル機器で問題無く鳴らせます。音量によっても帯域バランスが変化しにくいので、あまり気にしなくてOKな機種。ただ、もともとプロユースではなく音楽鑑賞向けなのでアンプを通したほうが本領発揮するような感覚はあります。

    ■ロー< 4 >


    小気味よい、タイトでキレのある低音です。量自体はそこまで多くなく、普通です。元気な音ですが、よく制動されており質感は高いと言えます。

    ただし、ローエンドは全く出ていないと言っていいと思います。景気よい低音がポンポン出るので初めはわかりませんが、よーく聞くと実は結構不自然(=作られた音)な低音です。シングルBAの宿命でハイ側を重視するとどうしても低音は沈み切りません。そこをバッサリ落ちる直前の所でかなり盛大に持ち上げて自然に聞こえるよう設定されているようです。

    低音重視の方、打ち込みで特に低音メインのジャンルを良く聞く方には全くおすすめできません。逆にそれらを重視しないようであればかなり小気味よい音とも言えます。

    ■ミッド < 5.5 >

    マルチウェイBAでは必ずと言っていいほどピークが出てしまう帯域ですが、Sleek CT6 はシングルBAなのも手伝いミッドにピークが出ることはありません。特別なまめかしいわけでも、かさついているわけでもなくすごく普通に鳴らします。クールというよりかはややウォームな感じで女性ボーカルより男性ボーカルの方が向いています。正直、そんなに特徴が無いですがそれもまた良い点であります。

    ■ハイ< 7.5 >

    CT6でもっとも特徴的なところです。繊細ながらも芯の通った非常に透明感ある高音で、BA的な金属的な音ではないので大変心地よいです。スカッと抜ける感じで、キンキンした感じはありません。モニター的ではなく、音楽的な鳴らし方です。清潔感ある高音とでも言えば良いでしょうか。
    ハイエンドは出ていませんが、11.5kHz程度まではフラットに伸び続けているのでほとんど全ての曲で爽快な鳴りっぷりです。イヤチップが無いカスタムなのでユニバーサル版のSA6より高音も良くでますが、ピークはふらつきもなく大変優秀です。

    ■サポート等< 9 >

    返事も速く、的確かつ親身になって答えてくれます。
    企業としての姿勢が見えるようでとても好感が持てます。ただし、納期に関しては?なところもあります。バックオーダー大量の為、4週間かかるといっていましたが10日ほどで完成しました。(レビューサイトで使うから、有料のRushオプションは無いか?と聞いたせいかもしれません…)予定より早い分にはまったく問題ないですが、たまーに親切過ぎて聞いてもいないことまでだらだらメールしてくるときもあるのが玉にキズ。

    それでもここのサポートより良いメーカーは今の所知りません。むしろこの低価格でここまでやって大丈夫?と心配になります。

    ■付属品

    Pelican1010ブラックにSleek Audioの銘版とオプションのヘアライン名入れ銘版がついてきます。内部のスポンジクッションは特注のもので実用性も高く、おしゃれです。持つ喜びというか同じPelicanケースでも所有欲を満たしてくれる良いケースです。

    それに加えてごく普通のwaxloopがひとつ付属です。なぜかケーブルとシェルがわかれた状態で到着します。左右表示があるので間違うことはありません。

    ■注意点


    ケーブルが曲者。確かに細くてしなやかですが使いたくなくなるくらいふにゃふにゃです。iPod付属イヤホンのように垂らす使いかたなら問題ないですし、それを前提とした作りかもしれませんが個人的に×。また、ローエンドが絶望的なので曲によってはかなり違和感あることも。(私が低音寄りなのと良く聞くソースが低音重要な曲が多いということを差し引いても極低音はダメダメです。)うまくカバーしているようにも感じますが、うーん、と思う人はいると思います。
    気のせいかもしれませんが、倍音成分が少なく感じます。その分、変な付帯音も無く素直ですが、個人的には少し気になりました。この倍音成分の鳴らし方からSonion製特注品かと思いましたが、真実は不明。

    国内の量販店や通販でSA6のスペアケーブルがそのまま使えるのはカスタムIEMとしてはかなりのメリットですが値段が高すぎます!分岐部分にロゴがはいっていたり、凝った作りなのは良いですが分岐までがかなり長く使いづらいですし全体の長さもポータブルとしてはやや長めです。3.5mmプラグはストレートタイプです。これは好みの問題と思います。

    ■おすすめ度< 7 >


    シングルBAとは思えない超広帯域、独特な元気な音ながらも癖無い音で、意外とくせ者揃いのハイエンドカスタムの予備としては最適です。これが一つ目でもそれなりに満足できるとは思いますが、Sleek CT6の良さを実感できるのはそこそこ以上のプレーヤーとポータブルアンプを持っていて、かつ既にover$1000クラスのハイエンドカスタムを持っている人だと思いますので、7という評価です。ただし、価格を考えるとシェルの品質とサポートの良さも相まって買って損はしません。海外でも悪い評判は聞きません。迷ったら買う、というぐらいでも良いです。

    癖は無い音ですが原音再生ともまた違う微妙に独特の音なのではまれば最高の機種ですし、そうでなくてもたまに聞きたくなります。特にながら聞きには最適です。疲れにくい装着感、音ですので末永く愛用できると思います。評価の数字自体は低めに書きましたが、なんだかんだで外出時は必ずバッグに入っているカスタムの一つです。

    ■おすすめ用途

    ・スポーツジムのお供に
    ・作業時のBGM用に(小音量でも解像度落ちない)
    ・ポータブルゲーム機に
    ・UE11や須山カスタム435等ハイエンドカスタムのサブに
    ・$200クラスのユニバーサルからのステップアップに

    次回はUE4pro、UE7pro、須山カスタム各種の予定です。UE4pro分は既に書いてあります。
    comments(0) | trackbacks(0) | - | - | PAGE TOP↑
    Sleek Custom CT6 到着・ファーストインプレッション
    category: 【カスタムIEM】Sleek Audio | author: bt1648
    0
      そう、Portaphileのエントリの最後に写っていたのはSleekのカスタムIEM、CT6です。

      3週間かかるところを1週間で作成してくれましたが、いかんせんUSPS Priority Mail Internationalなので陸地輸送と通関の優先度、日曜配送が無いとかで結構かかりました。

      それでもターンアラウンドは2週間強なのでかなり早い部類に入ります。



      当初Sleekカスタムは$299でしたが最近$349に値上げしました。その後の注文です。価格は上がっても国内でユニバーサル版のSA6を買うのとあまり変わらない値段で買えるというのはやはり安いです、そしてサポートが非常に素晴らしく文句のつけようがありません。
      上の写真は付属のケースで定番のPelican1010にオリジナルインナーフォームをセット、Pelicanロゴ部分はSleekロゴに変わっています。UltamateEarsよろしく、名前を金属っぽい銘版に記載してくれます。ただし有料($25)です。

      購入方法は、Sleekのオンラインサイトから購入でき、英語をまったく使わず買えるようになっています。以前はメールベースでしたので、かなり敷居は下がってます。
      色はかなり豊富にあるようですが、オンラインサイトでは色の組み合わせは少し制限されますが良い色はそろっています。

      右フェースプレート:クリアレッド
      右シェル:クリアー
      右アートワーク:SA白

      左フェースプレート:ホワイト
      左シェル:アイスブルー
      左アートワーク:Sleek Audioロゴ黒
      シェルサイズは「for drummer」で大きめに。
      カナル部分長さは相談して決定。
      音質チューニングはBass+ Treble+


      こういった組み合わせの場合はメールでのやり取りが必須になります。注文時にコメント欄がありますが文字数制限がきついので、素直にメールをおすすめします。

      カナル部分の長さはSleek AudioのEngneer's choiceでお任せ。
      ケーブルは黒のみです。360度回転するタイプで耳かけにもハングオンにもできます。ケーブルはユニバーサル版SA6と同じもののようで、大変しなやかで扱いやすく分岐部分に小さくSleekとプリントしてあったりセンスがよいです。

      ケーブル接続部分はFidelity Customと同様なトップマウントとカスタムで標準的なフロントマウントが選択できます。私はアートワークの為と慣れているからフロントマウントを選びました。


      実際はミルクホワイトのような落ち着いた色で、奇抜?な色の組み合わせも装着すれば白地にロゴが映えてなかなかのものです。


      フロントマウント。金色部分が接続部で絶妙な角度がつけてあるので装着時に邪魔になったりしません。


      遮音性確保の為に相談して、カナル部分は長くしてもらいました。左は須山カスタム668、右がUE7proです。ものすごく長いですが、装着感は大変良好です。でも異常に長い。

      シェルの作りは外見的にも美しく、非常になめらかで遮音性が高くなるよう太めにアグレッシブに作成しているにもかかわらず痛みとは無縁で非常に快適です。さすがにカナル部分が長すぎて慣れるまでは挿入時に当たったりはします(笑)


      シェル内側にシリアルナンバーがプリントされるようですが、私のものは上側、antihelix近辺でした。


      ケース内側はSleek Audioのロゴ上にスポンジフォームがカットされていてちょっとかっこいいです。一応Waxループは付属してきます。

      さすがに一週間くらいは聞かないと音質については言いにくいのですが、本当にシングルドライバーか!と衝撃をうけました。シングルはハイ上がりかカマボコ、低音強ければ高音全然ダメ、のパターンがほとんどでシングルで高評価を受けているimage X10も個人的には低音がしっかりでてるものの無理矢理強調したような嘘っぽい音がダメでした。
      ユニバーサル版のSA6もバランスはいいものの、何かモヤがかかったようで鮮度や解像度が低く、低音ももたつき全体的に嘘っぽい音に感じ本当はあまりカスタムのCT6にも期待していませんでした。同じレシーバー使用しているみたいですし。

      それが見事に裏切られました。シングルとは思えないワイドレンジで解像度も高く、シャキっとした音です。全体的にはフラット基調で瑞々しく、低音のもたつきもなくタイトでパンチがありながら量感も充分。image X10のような無理矢理強調したような低音でなく全帯域を通してとても自然で、心地よい音でありつつ楽しくさせてくれます。
      音の分離もかなり良好で、基本性能は非常に高いです。高音の澄んだ感じは結構独特で、このドライバーの特徴かもしれません。
      ともかく、ユニバーサル版SA6とはほとんど別物に感じるくらい高性能です。
      聞き込む内に粗もみえてくると思うのでもう少し聞いたらレビュー書きます。ただ、気軽に使うという点ではかなり良いものだと思います。

      正直低価格カスタムはダントツで1位がUE4proかと思っていたのですが、それに追随できる機種があるとは…
      comments(3) | trackbacks(0) | - | - | PAGE TOP↑
      Sleek Custom CT6 注文
      category: 【カスタムIEM】Sleek Audio | author: bt1648
      0
        Sleek Audioのカスタムを注文しようと以前salesとメールしていましたが、その最中に値段が$50上がったのと、恒久的なインプレッション不足(?)の為結局そのまま放置していました。

        改めてSleek AudioのHPを見てみるとこっそりとカスタムの部分が更新されていたので気を取り直しオーダー再開。

        以前は名前がなく、Sleek Customでしたが今はCT6という名前になっています。

        以前はメールベースでのやり取りでした(カートはあるものの、シェルカラーや音のチューニングなど詳細はメールにてやり取りする必要あり)が、現在はシェルカラー、フェースプレートカラー、カナル部分の長さ、音のチューニングなどをプルダウンから選択してカートにいれる方式になったので、まったく英語を使わず注文することができそうです。

        私は左右別の色にしたかったのと、音のチューニングに迷ったので適当に選択してカートにいれ決済しました。その後、メールにてやり取りですが、カートにいれる時にコメント欄があるのでそこに疑問と要望を記入しておくと後ほどsalesよりメールが来るようです。
        Sleek Audioロゴと、SA,CT6、いずれかをプレートに無料でプリントすることが出来ます。これはカートでも選択できます。色は黒と白を選べます。基本的に申し出が無ければプレートに合う方の色を選んでくれるそうです。

        Sleek Audioの特徴でもある音質チューニングですが、salesに「一番Sleek Audioらしい音になるチューニングで!」とお願いしました。うーん、カスタムでオーダー時に音質チューニングできるのは珍しいですね。

        結局、社内で話し合ったらしいですがコレだ!っていう結論が出ず「全部SAらしいけど、一番選ばれてるのはBass+ Treble+だよ。あなたの良く聞く音楽とか、好きなジャンルを教えてくれればいいアドバイスできるよ。」と返信がありました。
        ここまでフレンドリーなsalesも珍しいです。ちょっと感動。サポートの質はUEと並んでトップクラスかもしれません。

        で、結局Bass+ Treble+を選択、canal lengthsはおまかせしました。価格は$50あがったけれども、購入時の敷居が下がったし色々なオプションも追加されてきました。ケースもカスタムIEMではお馴染みのPelican1010ベースのものに変更されています。せっかくなのでケースのカスタムアートもお願いしました。と言っても面倒だったので「名前いれといてー」とだけ伝えました(笑)

        評判がかなりいいSA6のカスタム、今から到着が楽しみです。
        まずは注文時は敷居も低く、salesもフレンドリーで親切、レスポンスも良いとかなり好印象。
        comments(1) | trackbacks(0) | - | - | PAGE TOP↑
        SELECTED ENTRIES
        CATEGORIES
        ARCHIVES
        RECENT COMMENTS
        RECENT TRACKBACK
        LINKS
        PROFILE
        OTHERS
        SEARCH