イヤモニ、特にカスタムIEMのレビューとポータブルアンプのレビューを掲載しています。ケーブル関連製作についてはtwitterからお問い合わせ下さい。
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>
RECOMMEND
ソニー ダイナミック密閉型ヘッドホンSONY MDR-ZX700
ソニー ダイナミック密閉型ヘッドホンSONY MDR-ZX700 (JUGEMレビュー »)

1万以下の密閉ポータブルでは個人的に最高にお気に入り。とにかく装着感が良く、軽く、見栄えも良い。音質もじっくり聞きにも耐えられる高レベル。
Westone イヤホン Westone3
Westone イヤホン Westone3 (JUGEMレビュー »)

唯一の3way、3レシーバーのIEM。パンチの効いた低音と伸びのある高音・自然な中域と非常に魅力的。UEほどブライトネス高くないが、ノリの良さは随一!音場感が魅力ですね。
Westone ケーブル交換が可能なカナル型ハイエンドモデルイヤホン WST-UM3XRC ブラック/クリア
Westone ケーブル交換が可能なカナル型ハイエンドモデルイヤホン WST-UM3XRC ブラック/クリア (JUGEMレビュー »)

WestoneのカスタムIEMに使われてる高品質ケーブルを採用しており、断線時の心配がない。基本的にはUM3Xと変わらないが、ケーブル交換式でこの価格は安い。
Sennheiser カナル型ヘッドフォン IE 8
Sennheiser カナル型ヘッドフォン IE 8 (JUGEMレビュー »)

ダイナミック型ならではの迫力ある低音と自然な音場感が魅力の機種。低音強めでウォームだが、高音自体はかなり高い所まで無理なく出ている。装着感がやや浅めで疲れにくく、音質を含めてヘッドホンからの乗り換えにはこれが最適な機種。
なんでも除湿シリカゲル 10g*20入
なんでも除湿シリカゲル 10g*20入 (JUGEMレビュー »)

IEMの保管に、ドライボックスの交換用除湿剤に。小さめで表面が不織布なのでWestoneモニターセーバー標準除湿剤からこれに変えてあげるとカスタムも入ります。
あとはガムケース再利用してこれを1個いれればお手軽モニターセーバー完成。おすすめ。再生利用可能。
audio-technica トリプルバランスドアーマチュアインナーイヤーヘッドホン ATH-CK100
audio-technica トリプルバランスドアーマチュアインナーイヤーヘッドホン ATH-CK100 (JUGEMレビュー »)

ミッド・ハイがかなり繊細でCK-10よりバランスも良好。本体の質感も良い。ボーカルモノではコレが一番と思えるソースも結構あり、3万以下ならアリな機種。
Westone イヤホン UM3X
Westone イヤホン UM3X (JUGEMレビュー »)

モニターユースなら市販品ではトップか。ただし、カラーレーション薄すぎでつまらなく感じる人もいるかも。人気は無いですが、性能はWestone3より良いかと。ただし、音楽鑑賞にはWestone3のほうが好適です。
Sennheiser クローズド型ダイナミックヘッドホン HD25-1:2
Sennheiser クローズド型ダイナミックヘッドホン HD25-1:2 (JUGEMレビュー »)

色んなハイエンドポータブル機種が発売されてきましたが、なんだかんだで多くの人がリファレンスにしている機種です。とりあえず持っておくべき機種。いわゆる基準。ロックばかりと思われがちですが、以外となんでもいけます。
コンプライ イヤホンチップ T-500シリーズ(3ペア)
コンプライ イヤホンチップ T-500シリーズ(3ペア) (JUGEMレビュー »)

10proにはダブルフランジチップ無き今はこれがベスト。
PELICAN BOX マイクロケース 1010 ブラック
PELICAN BOX マイクロケース 1010 ブラック (JUGEMレビュー »)

乾燥剤いれてイヤモニ用ケースに。中にカメラ用にフォームを買ってきて自分で加工すると便利になります。
Ultimate Ears TRIPLE.Fi 10 PRO TF10PRO
Ultimate Ears TRIPLE.Fi 10 PRO TF10PRO (JUGEMレビュー »)

まさかの35000円切り。
以前の10proとはかなり音が変わっていますが、良い方向なので心配いりません。ローはボワつきを抑え、よりタイトでパンチがあり、ミッドの凹みも改善し、UE独特のブライトネスの高さはそのままで以前に比べて音のベールを一枚剥いだようなクリアさを感じます。
ER4S-B イヤホン
ER4S-B イヤホン (JUGEMレビュー »)

定番です。好みでなくても一つ持っているとリファレンスにはなります。もっと音量を取りやすい-Pも基本的な音の傾向は同じです。
SLEEK AUDIO SA6 SLK-EP-000001
SLEEK AUDIO SA6 SLK-EP-000001 (JUGEMレビュー »)

音の傾向はCT6と同じでハイが非常に綺麗。全体的にポップで明るい音調なので、原音再生とは異なるが音楽鑑賞には○ しかし基本性能の高さは充分備えている。音質を好みに変化させられるVQシステム搭載で遊べる。ケーブル交換もできてソツがない。アンプを通すとリニアに変化するのでそういった意味でもおすすめできる機種
キャパティ ドライボックス 8L グレー DB-8L-N
キャパティ ドライボックス 8L グレー DB-8L-N (JUGEMレビュー »)

IEMの保管にお勧め。たまに除湿してやると音が本当にシャッキリと、蘇ります。湿度計がついてこの値段は安い。 私はこれ2個使用しています。
(線材入れとIEM用)
なお、開け閉めにともないゴムパッキンが劣化するので適度に交換するのがベスト。
Sleek Custom CT6&UE4pro 比較レビュー(予定地)
category: 【カスタムIEM】全般・雑記 | author: bt1648
0
    (このエントリは自動投稿です)
    レビューのフォーマットを統一していこうと思っているので、またメモ書き程度。というか今のところ写真だけ。



    シングルと思えないワイドバンドで、高域がとてもクリスプ。無理に強調した感じもないが、聞いていて楽しく、ミッドも自然でポップ。ローも元気があるが、やや不自然感強い。ローエンドはまったく出ていないのでないか。



    ケースは市販品流用ながら満足感の高い出来、シェルの作りは非常に良く、吸い付く感じはないが修正したいと思うこともない。



    付属品とか全体的な見せ方はUEのがうまい。ただ、コーティング剤の塗り忘れ部分があったり、フィットが良くなかったり、シェルの作りは他社が伸びているせいか別に普通。

    音質に関しては$400クラス最強。とにかくUE7カスタムはディップを出してでも、ピークは絶対に出さないという音作りのせいで大変心地よい。気になる人はいるかもしれないが…
    周波数レスポンス測定したらディップはありそうだが、このあたりの設定の追い込みっぷりは凄いっていうか、音響抵抗に加えポート出口での音質調整のうまさに今までのノウハウを感じる。UEの製品はレシーバーそのままの音がしないのはこのせい(ユニバーサル版も同じく)

    ちゃんと書きますので、もうしばらくお待ち下さい。

    (自動投稿ここまで)
    comments(1) | trackbacks(0) | - | - | PAGE TOP↑
    JH13pro構成推測+バランスドアーマチュア豆知識 rev.2
    category: 【カスタムIEM】全般・雑記 | author: bt1648
    0
      10/5少し追記

      UE7proとSleek Custom CT6の正式レビューを期待されていた方、すいません。Office One Noteにメモ書きしてありますが、まだ推敲中です。

      今回は668関連でJH13proのレシーバーの中身の勝手な推測です。

      JH13は3way3unit6reciverで、全帯域でタンデムタイプです。(一つのユニットに2個のBA)

      ハイ   Knowles DFKシリーズ
      ミッド Knowles DTECシリーズ
      ロー  Sonion  3000シリーズ?

      以下豆知識

      DFKはFKをくっつけたものです。単純に二個。シリーズにWBFKというものがあり、これは超小型ながら超広帯域のレシーバーでTWFKの片側に採用されています。TWFKのもう片側がFKです。

      DTECはSonion3300や3700シリーズと同じようなものですね。比較的新しかったはずで、カスタムIEMに採用された例は無かったように記憶しています。

      ローはSonionなのですが、ちょっとまた今度聞いて確認してみます。

      TWFKはむかし、HiFi-FKと言われていましたが、なぜかTWFKに。Two Way FKなのか、Tweeter&Woofer FKなのかは知りませんが、多分後者。

      以下自分のコメントより(10/5追記)


      そもそもBalanced Armatureを製造できる技術と設備を持っているメーカーが無いです。基本的にMedical Gradeですし、主要ターゲットもHearing Aidsなので(でないとやっていけない)すが、新規メーカーの話は聞きませんね。
      JH13も製造時期によって旧Pulse製も混ざっているようですが、Pulse=Sonionなので同じです。割と最近Sonionに名前戻ったので数は少ないとは思います。

      製造工場が欧州からベトナム(だっけな)に移ってからは、両社とも在庫を持たなくなり受注生産です。かわりに発注ロットによっては自由に文字やロゴをいれることが出来ます。(大ロットなら以前から可能)
      その為、よく使うレシーバや大手では「proprietary」としていますが、中身は一般流通品と同じです。独自レシーバと訳すよりは専売レシーバというのが正しいです。

      基本的にSonionのほうが色々柔軟で、少量からロゴ入れやりますし、場合によっては多少の音質の調整もやりますが完全新規開発は聞いたことありません。いい例としてはSE530のSonion製3300シリーズはベントがあります。通常品は(33A007とか)なく、shureがチューンドベースポートと呼んでいるのがワイドバンド化に為にベントです。

      見分け方としては、簡単なのはSonionのデュアルタイプは1ユニット内で並列接続と直列接続が選べるためリッツ線の接続を見ればすぐ分かります。

      Knowlesのデュアルタイプはピンパッドが4つありますが、同時使用は仕様書にて禁止されています。使っているメーカーもあるようですが…。

      Port Locationは結構自由度があるようで、UE SF.5やUE4のような12jdみたいな変わったものだからコレだ!とは断定しにくいです。

      後は、ピンパッドのサイズ、形、オフセット位置やハウジングのジャケットの形状等で見分けられます。
      経験上レシーバー本体に4桁の数字が記載あればSonion製で、4桁数字+アルファベット+数字ならKnowlesです。

      クリプシュCustom-2内部のデュアルフルレンジレシーバーもSonion製でした。

      なんちゃってでも20kHz付近で少し音が出るレシーバーを作れるのはKnowlesだけだったかと思いますし。(WFK、TWFK、WBFK)あ、Sonionの新型の極小型デュアルタイプ4400シリーズは出るかも。

      ただ、image X10やSleek CT6のようにウルトラワイドバンドレシーバーはかなり手を入れているか、完全に専用品の可能性もあります。そしてきっとSonion製。
      comments(2) | trackbacks(0) | - | - | PAGE TOP↑
      ListenHear AM1 Personal Audio Monitors by Starky
      category: 【カスタムIEM】全般・雑記 | author: bt1648
      0
        Starkyは知っていましたが、こんなカスタムIEM出してたとは。

        ListenHear AM1 Personal Audio Monitors

        価格はまさかの$200。現状最安値。で、驚愕のスペック!


        Specifications:
        • Frequency Range: 20 to 4,512 Hz
        • Sensitivity: 117dB @ 1mW
        • Impedance: 396 Ohms

        …あれ、4.5kHzまで?というか有効数字がリアル過ぎてちょっと…。で396オームというのはどうなのか。
        ほかの機種や、プロ向けはまともそうですが高いかも。
        ただ、こうやってちゃんと数字だしてくるのは偉い。

        APMさんとこで紹介されていたIncredible EarsのOEM元というか制作元というか。こっちで買うほうが安いですが、スペックが違うのは何故?

        しかしながらなぜこうもカスタムのメーカーを見つけてきちゃうんだ、自分は。
        買うしかないじゃないか!

        じゃなくて人柱おいしいです。
        comments(0) | trackbacks(0) | - | - | PAGE TOP↑
        Fidelity Duals とオーテクCK-100【追記】
        category: 【カスタムIEM】全般・雑記 | author: bt1648
        0
          こんにちは、btです。

          Fidelity Dualsですが、20日発送予定とのことでしたがまだ到着していないようです。
          どうやら遅延しているようで。もしくは単純に税関で時間かかっているだけとか?(追記→工程上遅延してますメールきてましたが確認してませんでした)

          到着次第、triplesとの比較します。

          null audioのリモールドはもう少し時間かかるから、送るときに連絡するよ、ごめんね、ってメールきてました。
          まあ、始めから時間かかるとは思っていたので気にしてません。

          UE11のSP版はかなり話詰めたのに、ここにきて話がポシャりそうです。ロジテックに買収されてからもしかして中で何か変わったのかな?それくらい急展開でした(笑)
          どーしようか、迷っています。UE7いっとく?

          UE4は注文済みですが、相談中のと一緒に送ってくれといってるのでいつくるかは未定です。

          というわけで、ネタが枯渇してきたのでCK-100を買ってみました。
          詳細なインプレはいつかします。簡単な感想は、そんなにオーテクサウンド全開でもないです。あと、国産カナルの中では結構深くに挿入するタイプですが、微妙に音漏れしている気がします。

          BAタイプとしては珍しいといいますか、かなり上まで無理なくならしますね。無駄にキラキラしてるわけでもなく、スカっと澄み渡る空のような突き抜ける高音が特徴的。〜18Khzは嘘じゃなくほんとっぽいです。

          反面、低音は予想より量あって全体のバランスはそこそこですが制動感が皆無で、うーんあまりよろしくない感じ。全体的にかなり変わっている感じですが、嫌いじゃないです。音源を選ぶかと。

          って写真忘れたので後で追加しておきます。



          bt


          メールについては平日分は週末に返信します。

          【6/1追記】
          FidelityDualsですが、遅れる旨メールきていました。すごく丁寧に謝ってました。いつ来るのか確認してみたら、発送済みでUSPSのサイトから確認すると、Dispatchなので空の上でしょう。
          にしてもFidelityは返事が早いです。3時間とかで平気で帰ってきます。UEも早いほうではありますが…

          というわけで、水曜あたりには到着するはずです!


          comments(0) | trackbacks(0) | - | - | PAGE TOP↑
          Fidelity Custom Earphone Duals、Null remoldステータスアップデート
          category: 【カスタムIEM】全般・雑記 | author: bt1648
          0
            こんにちは,btです。

            さりげなくSleek Customが$50値上げしてて残念です。ていうかセールスとメールのやりとり中に値上げするってのもまたタイミング悪い。
            $350、うーん適正価格だろうけど何も変わらず値段だけ上がったのならなんか損な気分かも。

            さて先日注文したFidelity CustomのDualsですが、決済後サポートにメールでシェルカラーとか色々指定しました。オーダーシート作成の必要はなく、弾力的に運用してくれるようです。2週間後の20日に発送予定とのこと。
            遅くもなく速くもなく、と言ったところでしょうか。

            メールしてから数時間で返事があり、サポートには好感が持てます。(支払いチェック、ラボへの作成指示とか日程確認とかした上で数時間で返事ってかなり速い気が)
            今回は直接Ms.Nealに連絡を取りましたので速かったかもしれませんが、全体的に色々細かな所まで気を配ってくれてるのがメールの文面からもわかります。


            一方、Null Audioのカスタムシェル化+modですが既に注文済です。アートワークも頼んでみました。
            ただ、Nullの方でもあまり仕様が決まりきっていない様子。
            コメント欄にもありましたが、ネームプリントとか不明です。そこで、salesに問い合わせしたのですが、こちらも返事が速い。内容としては簡潔なものの、数時間で返事くるのは安心感があります。

            今回分かったこと
            ・インプレッション送付先はどこか外注先とかじゃなく、Nullのofficeで、電話番号は別途聞く必要ありっぽい。
            ・カスタムシェル後はnullの方で用意した新しいケーブルをセットして送り返す。なのでイヤホン送付時はケーブルはいらないよ、とのこと。
            (コネクタがUE互換かは不明だけど、自社製品をわざわざ使えないようにすることもないので恐らくUE互換。というわけで、カスタムシェル化+ケーブルのセットと思えばOK)
            ・シェル内側の名前入れについてはできるかどうかは分からない。
            ・同じく選択肢に無いシェルカラーについては選べるかは分からない。

            名入れと、選択肢に無いシェルカラーをリクエストしたところ、「あなたのリクエストに全て応えられるようになんとかしてみる。もしできない事があったら、その時点で連絡するよ。」とのこと。
            extra fee発生しても払うからやってくれよ!とやや強気?で連絡したらから、想像してたよりいい返事。(出来るなら連絡する、じゃなくて出来なかった場合は都度連絡する、ってとこが重要。)

            後はdualsの到着と、Null Audioのカスタム化完了を待つだけです。
            Fidelity Customは一度ちゃんと来てるので、もう放置しておいてもしっかりくるでしょう。あと、やはりtriplesはベーシスト/ドラマーから好評の様子。

            あ、Sleek Customも行きますが前述の通り$50アップでなんか出鼻をくじかれた感じ…。
            次はAEか?それともUM?

            いや、Westoneいっときましょう。ディーラープライスとMSRPが結構乖離していてビックリですが。(ES2とかディーラープライスは$450、差額$200なのでWestone直販ならばWestoneのGPは$300超えてるような。)

            何かコレ行ってこい!ってのがありましたらコメントいただければ検討して注文してみます。
            マイナーでも、UEでも。
            comments(13) | trackbacks(0) | - | - | PAGE TOP↑
            UM3X、PFE、Null Audio Custom Remold+modify
            category: 【カスタムIEM】全般・雑記 | author: bt1648
            0
              こんにちは、btです。
              割とぐだぐだ最近のIEMについてです。

              ハイエンドIEMの定番といえば、10pro、SE530だった気がしますが最近はそれに加えてWestoneのラッシュが熱いです。

              都市伝説のWestone3が発売されたと思ったらカスタムのES3Xが出たり。

              余談ですが、ES3はギタリスト、ボーカリスト向けのミッド強調版でしたがES3Xはフラットです。ついでにミュージシャン専門だったESシリーズの中で初のコンシューマ向けでもあります。
              なんかES3でた時は、Westoneの中の人は「ES3のフラット版は出さない。(カスタムIEMは)ニッチ過ぎるからだ。」とか言ってましたが…。
              高級志向の高まりと共にUEカスタムに行く人が増え、そこまでのめり込まない人もFreQ、LiveWiresに行くパターンが増えちゃったりで危機感を覚えたか、新たな市場の開拓かは知りませんがどうやら微妙に方向転換の模様。

              3wayカスタムIEMとしては適正っぽい$850で、そこそこ売れているようです。

              で、UM2のシェルにES3Xの中身詰め込んだよ!という新型がUM3X。
              なんかまんまES3Xで、違いはユニバーサルフィットなだけとか。

              とりあえず注文したのですが、やはり税関でストップ中。休みかどうかは置いておいて、最近の成田税関は沖縄税関並に厳しくなっています。
              直近の海外からの個人輸入品、5つ全て開封検査されてます。
              EMSとかFedex、UPSだと今までも普通に開封はありましたが、Priolity MailとかFirst Class int'l mailとかでもばんばん開けるのはちょっとびっくり。

              ずれましたが、まあ高額な物は扱い雑でも速くて補償があるFedexを選んでおきましょう。(USPSでもExperss Mail GuranteeはFedex扱いなので、USPSしか使えません!と言われたらこれを使ってます)

              PFEですが、スイスの補聴器メーカーPhonakが出したAudeo PFEというシングルBAのユニバーサルIEMです。値段は$150程度。ER-4Sといい、435といい補聴器に携わる会社から出る物は好印象なのでちょっと購入を考えていますが、そんなに評判がよろしくない様子。うーん…
              新規参入は素直に喜ばしいものですが。

              で、肝心のNull Audioの話題なんですが、Fidelity Customのリケーブルを買おうとサイトを覗いたらさり気なく新サービス開始してました。

              内容としては、既存の10pro、5pro、UM2のフルカスタムシェル化。


              だけじゃなーい!!

              更に独自にレシーバーを追加して、5proならUE-10に、10proならUE-11に近づけちゃうよ!!それでなんとお値段は$299!今ならケース、ポーチと1年保証、30日のシェル調整もついてるんだぜ!



              きなくせええ…

              確かに、5proに追加ローレシーバで構成としてはUE-10、10proに追加ミッドレシーバでUE-11と同じにはなりますが、既存のネットワークは使用できないのでNull Audioのネットワークになるのでどうなのか?
              10proに関しては、ロー側は3300シリーズでUE-11も刻印はUEオリジナルなものの中身は3300か3700かDTECなので追加するミッドレシーバの選別とクロスオーバーネットワークさえうまくいけばかなり似たようになる気もします。

              そして私の手元にはほとんど使っていない10pro。
              耳には人柱覚悟で購入したらすんげえ良かったFidelity triples。
              Macの横には所在なさげにしているインプレッション3組。

              IYHerとして、「耳に詰める何か」にはまっている者としてこれはいくしかない!


              comments(10) | trackbacks(0) | - | - | PAGE TOP↑
              オーグラインリケーブル for UE 10pro&FreQ MM
              category: 【カスタムIEM】全般・雑記 | author: bt1648
              0
                こんにちは、btです。
                リケーブルやるみたいなこと言っておきながらなかなかケーブルASSYしてくれるメーカーがなく心折れ気味です。

                メールが大量に来ておりますので返信に若干時間がかかっています。
                申し訳ありません。

                というわけで自作しました。
                素材はオーグラインで、製作時間は色々しながらで1時間かかっていないのでかなり簡単な部類に入るかと。ただ、初めてやったので耐久性とか見た目とかはもっと追い込めると思います。

                ご覧の通り、FreQ Showと10proに刺さります。ただ、若干10proの方が穴が小さいようで、キツイ感じです。FreQ Showは問題なしです。
                ちなみにUEのカスタムとFreQのMMラインはWestoneのESシリーズ用ケーブルとコンパチのようです。いや、ほんの少し違うのかもしれないですけど。
                自作的には少しの処理で対応可能範囲ってことです。



                やっつけながらも一応GNDとL/R Hotはちゃんと熱収縮チューブで色分け。
                テスターで測定したので問題なし。異常な短さも相まって非常に抵抗値が低いです。



                オーグラインは単線ということで、耐久に少々不安があります。
                なので、壊れる前提でメスジャック接続にしました。
                ごつく見えますが、ニッケルの軽いやつ(tomoca)なので案外大丈夫です。
                しっかりハンダ付けして内部でかしめてあるので。
                これで、色々なmini-miniをつくるだけで色々な音色が楽しめます。
                メスジャック部分にクリップ付けて服に固定すれば、AudioQuest CV4.2とかも楽勝です。歩くと大変ですが…(笑

                肝心の音の方ですが、全体的にブライトネスが上がり立ち上がりが早くキレが凄いことになります。高音の伸び、深く沈み込むローエンド、艶やかなミッドと全体的に一段上に化けます。
                自分のFreQ Showは改造済なので標準ケーブルでも10proよりWestone3より良いのですが、さすがにオーグラインにすると違いが出てきます。

                10proですが、ネットワークとケーブルが変わったと思われる後期型だと標準の組み合わせで最適化しているので音は変化しますが若干ブライトネスが高すぎるようにも思います。このあたりは好みですかね?キラキラが好きなら是非。
                comments(0) | trackbacks(0) | - | - | PAGE TOP↑
                SELECTED ENTRIES
                CATEGORIES
                ARCHIVES
                RECENT COMMENTS
                RECENT TRACKBACK
                LINKS
                PROFILE
                OTHERS
                SEARCH